Amazon Kindleでは、 新ソード・ワールドRPGリプレイ集Waltz2 競争・怪盗・大湿原 (富士見ドラゴンブック) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新ソード・ワールドRPGリプレイ集Waltz〈2〉競争・怪盗・大湿原 (富士見ドラゴン・ブック) 文庫 – 2007/3


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生まれ育った孤児院の貧窮を救うべく、西部諸国で冒険を続けるキーナ、ディケイたち5人の冒険者。次に向かったのは農業と牧畜の街・ラバン。年に一度の大レース、国王賞を間近に控え、盛り上がるこの街で依頼を探していると、アイルを指さし「息子よ!!」と叫ぶ老夫婦が現れた!突然の肉親の登場に大パニックの一行。しかし、その老夫婦にはあるたくらみが…!?篠谷志乃がほのぼの癒し系パーティとともにお贈りするリプレイシリーズ第二弾。

登録情報

  • 文庫: 308ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2007/03)
  • ISBN-10: 4829144939
  • ISBN-13: 978-4829144930
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 848,501位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 silbernschnee 投稿日 2007/4/27
形式: 文庫 Amazonで購入
みんなを指導して引っ張っていく、"先生"と言う設定ですから、リーダー的役割はナジカがつとめるのが自然だと思うんですが、

先生としてのロールプレイのつもりか、不自然なまでにモラルを主張するせいでメンバーがナジカに相談しづらい状態になっていて、

ディケイが1人で奔走して判断して指示を出さざるを得なくなっていますよね。

さらには理由もない危険行為など、ロールプレイを言い訳に場を混乱させる悪い例を見ているようでちょっと残念。

また、今回のシリーズは幕間を見るに初心者サポートを考えていると思うのですが…ベテランが目立ちすぎて、初心者だと言う

キーナの動きや心情がなかなか見えて来ませんね。

戦闘が簡単なのだから、歴代、ベテランがやってしまうためにまるで触れられなかったシーフをあえて初心者にやらせて見るとか、

もっと実験をしてもいいのではなかったかと。

破綻のまるでない読み物としてだけなら小説でいいわけで、リプレイならではの冒険をしてもいいのではないかな…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2007/3/31
形式: 文庫
自分としてはこのくらいの評価になると思います。テーマは家族愛になるのかな。
言葉そのまま意味で「パーティーがまるまる一つの家族」であるリプレイって案外なかったように思いますから、個人的にはにっこりしてしまいました。

彼らは境遇が境遇ですから多感な部分もあって、空回りする部分もあって、でもそれを受け止める人もいて、慰めてあげたりもして。
多少目につくところがあっても全体として見たら上手に包み込みあってるなあと思います。
どうしてこの人はこんな風になるんだろう、どんな生き方をしてきたんだろうって考えると案外しっくりくるんですよね。
でもここでそういうのを「ぐだぐだしている」と感じる人もいるんだと思います。

確かにちょっと困ってしまうシーンもあるんです。
善良な気持ちから発生しているにも関わらずその行為が本当に正しいのか。ということって結構現実にもあるんですよね。
表面的に見れば人情味あふれる選択だけれど、どこか違和感を感じる善意、といえば良いんでしょうか。
「生態系を破壊する生物を駆除すること。それは可哀想なことか必要なことか」
みたいな感じで、“ちゃんと全体を見た上でそれを言ってるのかな“ということを感じてしまう部分もあるんです。筋違いな優しさではないか、という。
そこが過剰な善良さに見えて白々しく感じてしまう人はいるんじゃないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 fuchisai 投稿日 2007/3/22
形式: 文庫
基本的にいい人が好きなんですが・・・・・

へっぽこのようなばかばかしさや、ぺらぺらのようなしたたかさに慣れてしまったからか

どうも、ちと物足りないですな。

次巻くらいでなじんで来るのかな?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 文庫
本当にほのぼのリプレイ。
話の軸が誰それを倒すと言うものではなく
孤児院の維持と言うこともあり人と人のつながりで描いていく感じ。
その分ドキドキ・ハラハラは少ない。

だが、孤児院の運営危機の原因を探す旅にしてはちょっとそれの伏線が少ないのがちょっと残念
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック