Amazon Kindleでは、 新しい火の創造 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
新しい&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、書き込みなどのチェックは万全を心がけておりますが、万一検品ミスがございましたらご連絡下さい。アマゾン配送センターより安心、安全に365 日年中無休で発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新しい火の創造 単行本(ソフトカバー) – 2012/10/5


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,939


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

新しい火の創造 + 再生可能エネルギーがひらく未来 (岩波ブックレット) + 自然エネルギーQ&A (岩波ブックレット)
合計価格: ¥ 4,169

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書で提案するのは、ビジネスモデルを活性化させ、クリーン・エネルギーをめぐる競争に勝つための新たなビジョンだ。それは、政策によって強制されるものではなく、持続的な利益を目指すビジネス主導で行われる。描かれているのは、現在から格段の経済成長を遂げた2050年への道筋と競争戦略である。そこでは石油や石炭、核エネルギーは無用で、天然ガス使用量も現在の3分の1以下となる。新たな発明も不要だ。「新しい火の創造」は、利益と雇用から、国家安全保障や健康、環境への責任まで、理路整然と、収益性のある実際的な道筋を指し示している。さらには、明晰かつ巧みに、企業が新たなエネルギー時代を築くという、驚くべき機会を明らかにしている。

著者について

独立非営利“ think-and-do"タンク、ロッキーマウンテン研究所共同創立者で、再生可能エネルギーとエネルギー効率化についての第一人者。「分散型エネルギー」「ネガワット」「スマートグリッド」--エネルギーシフトの核となるこうしたコンセプトを生み出し、2009年タイム誌が特集する「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。世界各国で、エネルギー関連の研究者、政策決定者、企業家に信奉者は多く、孫正義氏の自然エネルギー財団設立、アジアグリッド構想にも大きな影響を与える。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 524ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/10/5)
  • ISBN-10: 4478016976
  • ISBN-13: 978-4478016978
  • 発売日: 2012/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 143,044位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

39 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 one child,teacher,book,pen トップ500レビュアー 投稿日 2013/1/5
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者は、2009年タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」、また、フォーリン・ポリシー誌が選ぶ「世界の頭脳100人」に選ばれた。
2012年10月10日 博士は日本で講演し、「あなたは石油獲得戦争で死にますか?それとも原子力のホロスコープで死にますか?……アメリカ人は今、こんな選択肢を迫られている」という冒頭から始まったという。 NHKのドキュメント番組でも博士の説は何度か放送された。

さて、書籍に戻って「日本語版の為の序文」から抜粋すると、

1.日本は収益性を保ちながらそのエネルギー効率を少なくとも3倍にし、安全保障レベルを上げ、青い地球を守る為に貢献する事が出来る。もしも、日本の人々が、これが可能であると認識し、実現を常に求めるならば。

2.日本は燃料に乏しい国だが、主要な工業国の中でも再生可能エネルギーに最も恵まれており、現在行われているプランより小さなコストとリスクで長期的なエネルギー需要を満たせる。もしも、日本の政策当局がこれを認識し、その動きを認めるならば。

3.大規模な工業社会は巨大でもろい発電設備(火力・原子力などのこと)を必要とするという古い概念は、いまや時代遅れになっている。小型化と情報化に見られる革新は、膨大な数のスマートな分散型発電設備(太陽光・風力など
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 deruta 投稿日 2013/7/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は、米国の化石燃料消費を、2050年までにほぼ無くすための手法に関するものである。米国のエネルギー消費を運輸、建物、工業、電力の4分野に分け、政府・事業者等ステークホルダーが採るべきアクションを具体的に示している。アクションの根底にある思想は「効率化」。そして主役は企業(事業者)であるということ。とは言え、企業のみの力でこの壮大な目標を達成することはできず、政府の適切な規制やインセンティブおよび個人レベルの意識改革も必要と説く。

本書の意義は2つある。第一は緻密なデータに基づいた、具体的なアクションが豊富に示されていることである。これらがあることにより、上記4分野で何を成すことが重要であるかを理解することができる。第二は化石燃料をほぼ無くす、という目標が我慢や苦痛を伴うものではないと示していることだ。勿論、各方面の抵抗から本書の通りすんなり進むことはないし、一部の人には不便を強い、不快な思いをすることもあるだろう。2050年と大分先の話であるし、「こうすれば計算上行けそうだ」ということを示したに過ぎず、机上の空論となる可能性も高い。計算上可能・技術的に可能ということと、社会がそれを選択するということは本質的に異なることだ。しかしながら、未来がどうなるにせよ、各国が化石燃料の消費を減らしたいと考えるのは間違いなかろう。本書は化石燃料の消費を減らすための有力な
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 藤生潔 投稿日 2012/12/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ここまで具体的に省エネ手法を具体的に記述した本は読んだことがない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぜんご 投稿日 2013/1/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
エンパイアーステートビルの窓を二重にしてガスを入れて、冷暖房の改革をした人。すばらしい内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ネコの足うら 投稿日 2014/2/13
形式: Kindle版
脱原発を主張している小泉元首相がこの本を読んだと言っていたのを聞き、興味を持ったので読んでみました。
読み始めてまずその分量と専門的な内容に圧倒されましたが、専門用語の解説や章末ごとのまとめなどのおかげでスムーズに読めました。
アメリカ人以外には馴染みのない話題も少なくなかったのですが、具体性のない希望的観測ではなく、データに基づいたエネルギーの未来を知ることができました。
なかでも、第3章の建物についての記述が興味深かったです。想像以上に建物がエネルギーを消費していることを知りませんでした。そして、それを削減する技術やデザインが開発されていることも。
アメリカの住居は平均100年以上持つそうなのですが、日本では30年ほど建て替えているのが現状です。
日本は湿気が多く、地震も多い環境なので仕方がないとのあきらめがありますが、日本の住宅を長持ちでエネルギー消費の少ない快適なものへ変えていく努力が今必要とされていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 伊藤剛 投稿日 2013/2/6
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
世界は「新しい火の創造」が必要だと思います。日本や日本人にとっても勇気づけられます。まさに、必読の書です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 忍 三郎 投稿日 2013/1/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
人類エネルギー問題を考査し戦争問題の解決まですべて注意深くご提案された素晴らしい書にで出会うことが出来ました。
感謝をしています。多くの方々に是非共ご購読を勧めたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック