Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,299

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
新しい刑務所のかたち  -未来を切り拓くPFI刑務所の挑戦- (ShoPro Books)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

新しい刑務所のかたち -未来を切り拓くPFI刑務所の挑戦- (ShoPro Books) [単行本]

西田博
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,944 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

新しい刑務所のかたち  -未来を切り拓くPFI刑務所の挑戦- (ShoPro Books) + 刑務所民営化のゆくえ日本版PFI刑務所をめぐって
合計価格: ¥ 4,644

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

法曹関係者、必読の書! 日本初となる、官民協働で運営する「PFI刑務所」を 実現させた著者が語る“日本の刑務所の未来像"! 民間のノウハウを取り入れた官民協働の刑務所として知られている「PFI刑務所」。現在、全国に四つの社会復帰促進センター(PFI刑務所の呼称)があります。このPFI刑務所を一から築き上げた現役の法務省大臣官房審議官である著者が「日本の刑務所の未来像」をはじめて語ったのが本書です。PFI刑務所とは何なのか、公権力が行使される刑務所をなぜ官民協働にしようと考えたのか、どのようなメリットはあるのか、地域住民の受け入れ態勢はどうだったかなどの疑問にすべて答えています。本書は、自身の経験から法務省が考える刑務所のあり方までを誰にでもわかりやすく説いた、まさに「日本の刑務所入門書」といえます。

出版社からのコメント

見城美枝子氏(ジャーナリスト・青森大学教授)からの推薦コメント――西田博審議官は信念の人です。今までにない民営刑務所構想に法務省はどう動いたのか……。本書は、PFI刑務所が開所するまでの経緯と、著者の人徳と情熱を記録した「西田ファイル」の“読む"ドキュメンタリーです。

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 小学館集英社プロダクション (2012/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796871101
  • ISBN-13: 978-4796871105
  • 発売日: 2012/6/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 458,648位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
 近年,刑務所における過剰収容対策として,PFI(Private Finance Initiative)手法による刑務所が新設された。
 本書は,法務省矯正局の幹部職員が,PFI刑務所の設立の経緯,構想,理念についてまとめたものである。
 国の機関である刑務所に民間の手法を採り入れるという新たな試みについて,法務省が長年にわたって地道な調査研究と住民説明に尽力したことがうかがえ,法務省の熱意には頭が下がる思いである。
 また,単なる過剰収容解消だけではなく,再犯を防止して安心・安全な社会を作るという矯正の理念を基に受刑者の各種矯正処遇技法を発展させ,職業訓練や改善指導を充実させたことも大いに評価できる。
 そして,地域社会との共生を目指す日本のコミュニティ・プリズン構想についても触れられており,矯正行政やPFIについて興味を持つ人には非常に参考になる本である。
 本書では,全国で四つあるPFI刑務所のうち,美祢社会復帰促進センターと島根あさひ社会復帰促進センターについて紹介しているが,欲を言えば,あと二つの,喜連川と播磨についても紹介して欲しかったし,PFI刑務所ならでの問題点や今後の課題についても掘り下げて欲しかったが・・・
 これまで密行主義と非難されてきた我が国の矯正も日進月歩で変わりつつある。そんな息吹を感じさせてくれる一冊である。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 なかなか面白い 2012/8/9
投稿者 青いポスト
刑務所なんか縁がないなぁって思いつつも少し立ち読み。

面白そうなので買ってみました。

刑務所も業務を民間に委託してるんですね。

大丈夫なのかな??

法務省の現役のお偉いさんが書いてるみたいだけど,内容については表面的なものではなく,刑務所の抱える問題点もちゃんと書いてある。

なんかちょっと刑務所のイメージが変わるかも。

実務的な記載が多いけど,素人でも読みやすい。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 納得できないかたち 2014/3/6
投稿者 ABCdef
刑務所のあり方って誰が決めるのか?法務省の偉い人である著者?
たまにテレビ番組で刑務所の中の様子を見るが、はっきり言って、思ったより厳しくなさそう。法務省の著者が絶賛する民間刑務所はもっと緩やかであろう。
私は刑務所には厳しい場所であってほしい。犯罪者には関わりたくない。周りにも同じ意見は多数。納税者、国民を無視して、日本の刑務所の方向性を勝手に決めつけている本書は違和感あり。
ただ、一読する意味はある。日本の刑務所を官僚がどう導くつもりなのか、魂胆がわかるから。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック