通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース) コミック – 2013/4/3

5つ星のうち 2.5 92件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • 文豪ストレイドッグス (2) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • 文豪ストレイドッグス (3) (カドカワコミックス・エース)
総額: ¥1,815
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

孤児院を追われた青年・中島敦は、とある自殺志願の男を助ける。男の名は太宰治…国木田、与謝野らと共に異能力集団「武装探偵社」に所属し、「人食い虎事件」を調査していて…! ?新感覚横浜文豪異能力アクション!


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/4/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041206731
  • ISBN-13: 978-4041206737
  • 発売日: 2013/4/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 92件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
山月記は虎になる話ではない、虎になってはいけないよという話であり
羅生門は獣を解き放つ話ではないし
宮沢賢治は体が弱かったし
細雪は大粒の雪じゃないし(作画の人も原作読んでないのかな)
怒りの葡萄は葡萄そのものよりも神の怒り、いわゆる不条理な運命に翻弄される人々のことを指している
原作をちょっとでもリスペクトすればキャラクターや能力に更に深みを出せるし(文豪が熱意を込めて生み出したのだから当然なのだが)原作を知っている人もニヤリとさせられるはずだがそういう要素はない
かといって異能力バトルの代表格といえるジョジョの奇妙な冒険のように能力を最大限活かすような使い方や、能力同士の組み合わせによる戦い方の広がり、敵の能力をどうやって推理するかという楽しみ方は出来ない。敵が懇切丁寧に能力をわざわざ喋って教えたりする場面があったり、能力をただぶつけるという決着も多い。能力の弱点や相性を知恵と勇気で補うのは基本だと思うんだけどなあ
一つの戦いに明確な目的があるわけでもなく、それが次の戦いに続く、というのも見えず
結果として僕の心に残ったのは綺麗なイケメンの絵です。これだけでも買う価値はあるんじゃないですかね
妙齢の男性の敵キャラの描き分けは苦手なのか痩けた頬の不健康そうなおじさんが多いのですが
...続きを読む ›
コメント 275人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
どこかで見たような話し、どこかで見たような世界観。
ただ、文豪の名前と作品を記号的に当てはめただけの登場人物達。
何だか薄っぺらく感じてしまい、半分読んだところで読むのをやめました。
時間の無駄です。
何故このような作品がアニメ化までされてもてはやされるのか、私には理解できないです。
この本を買うお金で、普通に文豪の残した作品を読んだ方が百万倍ましだと思いました。
コメント 137人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
名立たる文豪たちの名前をした見目麗しいキャラクターが、それぞれの有名作品の名前をした異能力でバトルするお話。

もっと異能力に関して、その作品のパロディというか、「ああそうそう、そういう作品だよね、そこ面白いよね」となるポイントが練り込まれているかと思ったのですが、そんなこともそれほどなく。
ただ単にその文豪が書いた作品の名前を既存の能力名にあてているだけ、という印象でした。
キャラクター自体に関しても、その文豪の名前がついているだけ、な感じが否めなくて悲しいです。
独特な台詞の言い回しや言葉の使い方、自殺本を読む太宰とか、ちょっとクスリとするポイントはありました。
そういう部分を各キャラクターでもう少し強く押して広げて、小ネタ濃度を高くしたらもっと楽しくなりそうに感じます。
2巻以降も読み続けていったら変わるのでしょうか?

もっと文豪に対する愛を感じたかったです。
文学好きには向かない印象です。
厨二的雰囲気が好きで作家と作品名を単語帳的感覚で覚えたい人や、近代文学に馴染みがない人、実在の文豪と全く照らし合わせることなく読める人なら楽しめるかもしれません。
コメント 141人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
かっこいい表紙につられて読んでみましたが、内容が非常につまらないものでした。
文豪達をキャラ設定にしたのは良いアイディアだと思いましたが、それぞれの魅力的な
部分が全くと言っていいほど伝わらなかったのは残念・・・。
寧ろ内容がくだらなさ過ぎて読むに耐えなかった・・・。
これはないって感じ・・・。
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
"文豪"というタイトルと綺麗な作画に惹かれ、購入しました。
結論だけ先に申しますと、最低でした。
まず初めに、他の方も仰っておりますが、文豪達の名前を借りただけでストーリー自体は作家達に全く関係がありません。
原作者は取り上げた作家達の著書を読んでいるのか?下調べは?と疑問しか湧きませんでした。
(山月記や羅生門は国語の教科書でも頻出ですし、学生時代に一度は読んだこともあるとおもうのですが…。)
文豪目当てで購入を考えている方は、あまり期待しない方がいいですね。
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この手の作品には、少なくとも

「元ネタへのある程度のリスペクト」

か、単に

「その元ネタを拝借するに足る真っ当な理由」

のどちらかが必要だと個人的には思っています。

しかしこの作品は、文豪に対する一定以上のリスペクトも感じられず、文豪の名を借用する理由も、「単に話題性があるから」というだけなんだろうな、という印象を受けてしまいます。
言ってしまえば、文豪である必要性が皆無なのです。

もし、文豪の名を借りず、完全なオリジナルキャラとして出していれば、「昨今粗製濫造されている、異能力アクション漫画の1つ」という評価に「上がっていた」と思います。
正直、単純な異能力ものとしてもお粗末な印象です。

絵は上手いと思います。
というか自分は表紙買いで泣きを見たパターンなので。
今度は良い原作者さんと組めるといいですね。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック