通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
文豪の食卓 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つきです。帯カバーに軽度のスレキズあり。本文ページ良好。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

文豪の食卓 単行本 – 2010/10/20

5つ星のうち 4 1 件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 376

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

出版社からのコメント

《知的興趣あふれる「美味礼賛」》

相撲、歌舞伎、文学など幅広い分野での碩学として知られる著者による、知的興趣あふれる「美味礼賛」。東大在学中の師弟交友から現在まで、食にまつわる多くのエピソードが開陳されている。
かつて著者は文豪の集まる荻窪近辺で、井伏鱒二邸近くに住んでいたことがある。敬愛しながらもついに訪なうことのなかった著者だが、その井伏の微に入り細をうがつ鰻談義を紹介するくだりなどは、著者ならではの視点にあふれている。「蒲焼は中串に限る」と自認する井伏が、程よい天然鰻を手土産に旧友を訪ねたものの、酔いすぎて味わえないままで終わった。このうやむやで中途半端な気分を誘うのが、井伏文学の魅力だと肩入れしているのだ。
一方の文士村は鎌倉。金子光晴の紹介状を持って川端康成邸を訪ねたある男が、出された菓子にとまどった。それは本郷三丁目の老舗「藤むら」で売られる黄身時雨。白餡に卵黄を混ぜ合わせ、練り上げられた崩れやすい菓子を、川端は削り尖らせた一本の楊枝を器用に使って食べ終え、迷っている男をあの鋭い目で凝視した----。
他にも、埴谷雄高とトンカツ、泉鏡花とウドンの物語などが描かれていくが、それらは著者が求める自身の「最後の晩餐」へと収斂されていく。

内容(「BOOK」データベースより)

井伏鱒二と鰻、埴谷雄高とトンカツ、泉鏡花とウドン…碩学が書き下ろす、知的興趣あふれた「美味礼賛」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 白水社 (2010/10/20)
  • ISBN-10: 4560080976
  • ISBN-13: 978-4560080979
  • 発売日: 2010/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 918,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Gori トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/25
形式: 単行本 Amazonで購入
井伏鱒二の思い出である。
藤原定家の『明月記』には、飛鳥にある天武天皇の檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)が、
盗賊たちに盗掘され、検非違使が犯人どもを逮捕したとしるされている。
井伏の小説(『隠岐開梱村の与作』)はそれとそっくり、
ただ大和を隠岐に、天武を後鳥羽上皇に置き換えただけではないか。
早稲田派私小説の流れにつらなるこの大作家はやはり七、八割まで
事実中心に物語をつくり、最後のところで二割ほどのフィクションをさりげなく紛れこませる。
それがいつもの手口ではなかろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

関連商品を探す


フィードバック