Amazon Kindleでは、 数学ガール ゲーデルの不完全性定理 1<数学ガール ゲーデルの不完全性定理> (コミックアライブ) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

数学ガール ゲーデルの不完全性定理1 (MFコミックス アライブシリーズ) コミック – 2011/4/23

6件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 【Amazon 本買取サービス】 お手持ちの本・雑誌・コミック・洋書を、Amazonが買い取ります。1点から無料集荷、買取価格は事前に検索可能。



【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2011/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840137889
  • ISBN-13: 978-4840137881
  • 発売日: 2011/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しましましっぽ 投稿日 2011/5/10
形式: コミック Amazonで購入
一作目、二作目の作家さんのより、正直言って数学的内容の理解度では下です。説明が圧倒的に少ない。
もしかして、スタンスがストーリー重視になっている?とはいえ、重要視するほどのストーリーでもないと思いますが・・・。
雰囲気だけで数学部分をスルーするには惜しいくらい良い「お題」なので、実にもったいないですね。
やっぱりページ制限がきついのでしょうか。

キャラクターの親密度で言えばより親しみやすい絵柄とも言えますが、ちょっと年齢層が下っぽくて表情もオーバー気味なので、
テトラちゃんならともかくミルカさんだとイメージが随分砕けすぎてしまう気がします。
数式や論理も唐突で説明が不充分なので「なるほどこいつは面白い」的な数学の興奮があまりありません。これが一番の不満点。
ここがきちんとしていないとコミカライズの意味はないと思うんですが・・・。

一作目は、粗末な絵でしたが挿絵だと割り切れば読めなくもなかったですし、原作本を読むよりは楽でした。60点かな。
二作目は、画力も充分で数学的内容の説明バランスも良かったのですが、一部どうしてもページ制限のためか数式だけになって
しまうページがありました。残念。80点。
今作は、感情表現が似合う親しみのある絵柄でストーリーに重
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さゆり VINE メンバー 投稿日 2012/6/9
形式: コミック Amazonで購入
数学ガール、フェルマーの最終定理、本巻と、すべて描き手が違いますが

この作品でのキャラクターの描き方が今のところ一番気に入ってます。

ミルカさん=スレンダーでメガネ美人

テトラちゃん=ロリフェイスで巨乳で安産型(笑)

ユーリ=妹系

という感じですが、3人とも可愛くなってます。

テトラちゃんに惚れ直しました。

さて、今回のテーマはゲーデルの不完全性定理ということで

全2巻ですが、1巻目では、まず「無限」「極限」を扱うところまでで終わります。

印象としては、ミルカさんが(性格が)丸くなった感じ。

テトラちゃんが突っ走る感じ。ユーリはジェラシーの塊(笑)

フェルマーの最終定理でユーリは二人とも会ってますが

根本的に世界観が同じで、パラレルワールドなので

この巻でも、ユーリとミルカさん&テトラちゃんは「初対面」のところから始まります。

これは良作だと思う。2巻でどうやってゲーデルの不完全性定理にたどり着くか楽しみ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ふれんちぶる 投稿日 2011/4/29
形式: コミック
「理系最強の萌え」で話題になっているベストセラー小説「数学ガール」のコミカライズ。

裏面の「ネコウサの定理」という論理クイズ、最初はオリジナル要素かな?と感じましたが、原作の導入で出てきた帽子クイズをアレンジしているようですね。このような原作への愛情を感じる引用やアイデアが多く嬉しいです。原作の大筋を損なわずに漫画作品としてのストーリー起伏も加わり視覚的に楽しめる工夫が随所に仕込まれています。

絵の雰囲気は表紙を見て良いと感じられたら中身は期待を裏切らない可愛い作画で安心です。
後輩テトラちゃんが表情豊かで愛らしく描かれておりミルカさん派でしたが心が揺れます。ですが最後のミルカさんのあの表情で続く、なんて…。

勉強・発見することの楽しさに出会える作品として、是非、現役学生さんにも読んで欲しい一冊です。
こんな可愛い漫画から数学の楽しさに触れられていたら、私も人生変わっていたかも…と思ってしまいます。

私は数学の美しさや学ぶことの楽しさを教えてくれた原作のファンですが、数学パートを全ては理解できなかったのも事実です。この漫画の難易度なら「数学ガール」世界を苦手意識を感じることなく体感できると思います。気に入ったら原作小説版に読み進むもよし、他のコミカライズと読み比べるもよし、「
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック