通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫) 文庫 – 2003/1

5つ星のうち 3.5 26件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
  • +
  • 放浪の戦士〈2〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
  • +
  • 放浪の戦士〈3〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)
総額: ¥2,100
ポイントの合計: 41pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

男は剣を揮っていた。黒髪は乱れ日に灼けた逞しい長身のあちこちに返り血が飛んでいる。孤立無援の男が今まさに凶刃に倒れようとしたその時、助太刀を申し出たのは十二、三と見える少年であった…。二人の孤独な戦士の邂逅が、一国を、そして大陸全土の運命を変えていく―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

茅田/砂胡
5月3日生まれ。デルフィニア戦記シリーズで小説デビューをはたす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 381ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122041473
  • ISBN-13: 978-4122041479
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 277,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
爽快! 本人たちはいたって真面目なのに笑える!
……それがこの作品のイメージです。
『十二国記が好きな人はきっと好きになる』。そんな言葉を目にしたので買ってみたのですが、見事にやられました(笑)。
始終どきどきしながら読んでいたので、少しばかり寿命が縮んでしまったかもしれません。
最近はまっている本がない方、ぜひ読んでみてください。
正統派の戦略系戦記(?)がお好きな方には合わないかもしれませんが、笑いたい方にお勧めです。
私は途中まで文庫版で買い、それから新書版を集め始めたのですが、最初は挿絵のない文庫版で読むのもいいと思います。
自分だけの『デルフィニアワールド』を楽しめますし、新書版はなかなか手に入りにくいようです。
余談ですが、うっかり茅田先生の作品のはまってしまった方は、
『デルフィニア戦記』→『スカーレット・ウィザード』→『暁の天使』→『クラッシュ・ブレイズ』の順番で読まれることをお勧めします。
なぜかと言いますと、話がつながっているからです。
『デルフィニア戦記』と『スカーレット・ウィザード』の順番はどちらが先でもいいかと思いますが、他は上記の順番でないと折角の感動が薄れてしまいます。
私がそうでした……。
どうせ全部読まれるのであれば、この順番をお勧めしたいです。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
新書版の本を借り、全巻読みました。面白かったのにどこか面白かったのか言い表しにくい作品です。そこで、あえて言えばの面白さは…
●キャラクターの魅力
とは言っても、ただの「キャラ小説」ではなく、「キャラが立ちすぎてる小説」です。強い少女リィ、ではなくて、強すぎる少女リィはその筆頭。(走れば馬より速いし、大の男を軽く叩きのめす12才)他にも、天然ボケぎみの王様、その親友の山賊、女たらしの騎士団長などなど…。
デルフィニアに限らず茅田さんの作品は、どれも登場人物の個性が強烈なので、彼らが動いているのを見るだけでも面白いです。
●お約束な展開
戦記ということで、デルフィ二ア国をメインに、さまざまな動乱やら謀略やらが繰り広げられていくのですが、先行きが不安になるイベントはほとんどありません。各キャラが強すぎて強すぎて、窮地に立たされる事がほぼ皆無だからです。注目すべきは勝敗ではなく、イベントをどのような珍策で解決するか。
西洋風の世界が舞台なのに、構成はどこか時代劇に似ています。
●堅苦しくない
読み始めたらすぐに年代記が始まった!とか、この人とあの人って同一人物?別人?などと苦しむことが一切ありません。キャラクター数はかなりの多数ですが、書き分けがお上手で…。個性豊かなキャラたちの会話一つ一つに笑わされます。(
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
十二国記ファンですが、こちらは楽しめませんでした。
異世界から来たという、謎の美少女リィ。頭脳明晰、ずば抜けた身体能力でピンチをあっさり切り抜けてしまいます。正直、リィがいない方が楽しめたと思います。
これは今で言う、俺TUEEE小説ですね・・・
このジャンルが好きなら楽しめるかな?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めて読んだのは10年以上前になりますが、未だに読みたくなる本です。

・登場人物はみんな美しく、強く、賢く、柔軟な思考を持っている
・主人公は輪をかけて美しく強く、ほぼ悩まない。ゆえに全くストレスなく安心して読める
・敵味方がはっきりと分かりやすい
・戦術や政治、文化や宗教の要素は控えめなので物語は進行のみサクサク進む
・不思議な力や美しい暗殺者などファンタジー万歳要素もてんこもり

ストレスなく読めるというのが一番の魅力かもしれません。
本当にぐいぐい引き込まれるように読み、笑い、号泣し、怒り、興奮できます。
上記の通りリアリティはありません。
重厚な「戦記」が読みたい方には不満でしょう。
でも「こんな世界あったらいいな」という願望をこれでもか!と読ませてくれます。
小説の醍醐味があると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他の方も仰ってますが、戦記だと思うとガックリきます。
世界観、歴史、情景の描写は、はっきりいってそのへんのラノベのほうがまだマシというレベルです。
田中芳樹や栗本薫といった先人たちの作品とは比べるべくもありません。
一方、「異世界からやってきた身体は女、心は男!」のヒロイン(?)に代表されるキャラクターは個性的なものがあり、けっこう読ませます。
単純なキャラ小説だと思えば、まあまあ楽しめるでしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック