Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
攻撃―悪の自然誌
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

攻撃―悪の自然誌 [単行本]

コンラート・ローレンツ , 日高 敏隆 , 久保 和彦
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

攻撃―悪の自然誌 + ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
合計価格: ¥ 4,903

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

本書は、比較行動学の立場から脊椎動物における《攻撃本能》といわれるものに新しい角度から光を当て、世界中に大きな反響をまき起こした。

さんご礁を中心とした美しい世界で展開される色とりどりの魚たちの激しい種内闘争のスケッチから筆を起こし、さまざまの典型的な攻撃的行動を観察し、同一種族間に行なわれる攻撃は、それ自体としては決して《悪》ではなく、種を維持する働きをもっていることを示す。つづいて本能の生理学一般、特に攻撃本能の生理学について詳細な考察を行ない、さらに攻撃本能が儀式化される過程を興味深い実例によって述べる。最後に、種が変化するにつれて、攻撃を無害なものとするためにどのような仕組みが《編みだされ》てきたか、儀式はここでどのような役割をひき受けるか、またこうして生まれた行動様式が、《文明をもつ》人間の行動様式とどれほどよく似ているかが、実例を通して具体的に示される。そしてたとえば、ひとりの生物学者が火星から人類をみたらこうもあろうかというふうに、人類の置かれている現在の状況が客観的に描かれるのである。

登録情報

  • 単行本: 392ページ
  • 出版社: みすず書房 (1985/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622015994
  • ISBN-13: 978-4622015994
  • 発売日: 1985/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 110,523位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
 ノーベル賞受賞者コンラート・ローレンツが様々な動物の行動から攻撃(悪)や道徳的な行動がどんなメカニズムで生じるかを説いていく。

 動物はただ闇雲に同種を攻撃するのではない。そこには様々な戦略があることをローレンツは説明していく。さらに攻撃が適切でない相手や状況では攻撃を止める行動を多くの動物が取ることもあげていく。それはまさに人間でいうところの道徳的な行動であり、笑顔を見せるなどの人間の親和的な行動も動物の攻撃を止める行動と関連しているとローレンツは説いていく。
 ある意味動物は私達が思っているより人間的であり、人間は自分で思っているより動物的であるとこの本は投げかけている。それは人間の価値を下げることを意味しない。私達はもっと謙虚に動物の行動から多くのことを学び、考えていかなければならないと感じた。

 動物行動学は文化人類学と並び人間に関わる仕事をする人が必ず学ぶ必要がある学問であると思う。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 愛情なくして攻撃性なし? 2008/4/6
By 麒麟児 トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:単行本
いわずとしれた動物行動学の古典。今日その立論には批判も多いが、未踏の学問領域を開拓したローレンツの主著の一つとして、今後も読み継がれるであろう一書。ちなみに筆者が最も蒙を啓かれたのは、次の一文。「個人的友情をむすぶ能力があって、しかも攻撃性をもたないという動物は、まだひとつもしられていない」(同書210頁)。筆者は専門家ではないので、その学問的正否を論ずることはできないが、素直に解すれば、「人は愛情をもち得るが故に攻撃的になり得る」ということであろう。(即ち、個人的友情を結び得るが故に敵対的感情も生ずるという逆説!)だとすれば、人間から攻撃性がなくなることはないのではないだろうか。どこにこの隘路を止揚する途があるのか。興味は尽きない。
このレビューは参考になりましたか?
19 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 おすすめ。 2003/3/31
By a-j
形式:単行本
ノーベル賞学者であり、「ソロモンの指輪」の著者で、動物行動学の始祖の一人であるローレンツの名著。熱帯魚の観察にはじまり、種内攻撃性の起源と役割を考察し、第二次世界大戦前後の人間性の倫理にまで及ぶ。「ソロモン」よりは少し専門的かもしれないが、予備知識がなくても十分読めると思う。
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 この本の本当のスゴさ 2011/2/8
形式:単行本
レビューの書き込み件数の少なさ、有用性の最も高いレビュー、有用性の高くないレビューを読んで違和感を感じたので書き込みさせていただきました。気分を害する人がいたら申し訳ありません。ローレンツのゲーテ並みの文才の高さが、逆に誤解を招いているようです。子どもの頃から両親を呆れさせるくらいさまざま動物を家に持ち込んで、自分で育てて注意深く観察してきたローレンツですから、動物と人間は違う生き物、淘汰の単位は種ではなく個体にたいするものである、という事柄はローレンツにはよくわかっていたと思います。
攻撃欲を持たない動物には友情を生み出す能力がないという点は衝撃的ですが、よく考えれば人間にもこのことが当てはまるのは理解できます。例をあげると、長い間あまり会話をせず冷たい関係に陥っていた夫婦が、隣に高いビルが建てられ自分たちの日照権を奪われたことによって、一緒に抗議活動を始めて元の夫婦仲を取り戻すというようなことです。

この本の素晴らしいところは、豊富な経験に基づく鋭い観察力、深い洞察力にあると思います。
わたしが一番衝撃を受けたのは、本能の解釈のしかたでした。コンラートが述べていることを要約すると、本能というのは、さまざま衝動が絡み合って流動平衡に達した状態が形成されて、それが固着化して遺伝的に伝承されていったもの、と述べることができます。理論生物学者と
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
35 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 今では古い考えに基づいてますが 2004/11/2
形式:単行本
まず、第一章のサンゴ礁の魚の攻撃に関する記述からして既に間違っていることが指摘されています。その他、行動が「種の保存」のために発達したというのも基本的には間違っているとされています。個体(遺伝子と言う説もある)のために行動は進化するのであって、淘汰の単位は種ではなく個体にたいするものであるというのが今の主流です。この本の理論は基本的には既に古いものなのですが、この本のどこが現在の進化、行動学と食い違っているのかを考えながら読むと勉強になると思います。その意味では読む価値ありです。あと、行動学を有名にした人の本を読んでみるって意味もありますが。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック