通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
探偵倶楽部 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化があります☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品(CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属しておりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる場合があります。発送には、郵便局のゆうメールを使用します☆万が一商品に不備があった場合は、メールにてご連絡ください。対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

探偵倶楽部 (角川文庫) 文庫 – 2005/10/25

5つ星のうち 3.7 36件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 探偵倶楽部 (角川文庫)
  • +
  • 名探偵の掟 (講談社文庫)
  • +
  • 名探偵の呪縛 (講談社文庫)
総額: ¥1,851
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

麗しき二人の探偵が不可解な謎を解き明かす!
<探偵倶楽部>——それは政財界のVIPのみを会員とする調査機関。会社社長が風呂場で感電死した。電気コードを用いた家政婦の犯行と処理されるが、疑問を感じた社長夫人は探偵倶楽部に調査を命じ…。傑作ミステリ!

内容(「BOOK」データベースより)

「お母さん、殺されたのよ」―学校から帰ってきた美幸は、家で母が殺害されたことを知らされる。警察は第一発見者である父を疑うが、彼には確かなアリバイがあった。しかしその言動に不審を抱いた美幸は、VIP専用の調査機関“探偵倶楽部”に調査を依頼する。探偵の捜査の結果、明らかになった意外な真相とは?冷静かつ迅速。会員制調査機関“探偵倶楽部”が難事件を鮮やかに解決。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 302ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043718020
  • ISBN-13: 978-4043718023
  • 発売日: 2005/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
金持ちだけが仕事を依頼できる、会員制探偵組織「探偵倶楽部」の活躍を描いた短篇小説集。

自殺や事故に偽装された事件の真相を探偵倶楽部がこともなげに解決して、ほくそえんでいる真犯人を弾劾する爽快感を味わえる作品である。

その探偵倶楽部のふたりだが、作中では名前すら明かされることがない。しかし、その神秘性と事件に主観を交えないところは、痴情のもつれや金銭トラブルから事件を起こした真犯人たちを主題に描く作品の中でも、大きな存在感を持っている。

作品は基本的なパターンを持っているが、読者がそれに慣れてきたところで少し変化がつけられる。このあたりは、読者の心理を良くわかっているベテラン作家ならではの優れた技量の見せ所といったところだろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
お金持ち専用の会員制探偵事務所、それが「探偵倶楽部」だ。
彼らのもとに舞い込む5つの事件を収めた連作短編小説が本作。
しかし、本作に登場する探偵たちは、他のそれとは少し趣を異にする。
小説中に名前や素性の記述は一切なく、ただ「探偵」と「助手」と
呼ばれる美男美女のコンビというのが判るだけ・・・。
一般の推理小説に登場する探偵たちが、被害者と一緒に苦悩したり、
「硬ゆで卵」が大好きで一匹狼を気取ったりするのとは大違い。
依頼された用件を冷徹無比に、そして機械のような正確さで淡々と
こなしていくだけだ。
そこがクールで謎めいており、かっこいい。
5つの事件ともに、読者の推理と予想をみごとに裏切る二転三転の
どんでん返しが用意されている。
緻密な構成で定評のある作者の面目躍如といったところ。
その中でも新書版刊行時の表題作、「依頼人の娘」が白眉。
単なる殺人と思われた事件に隠された意外な事実と、その真相を
「依頼人の娘」に知らせまいとする周囲の人間の心遣いが、読後の
哀愁を誘う秀作。
連作中で唯一、機械のような「探偵」が自らのポリシーを曲げ、
人間らしいところを見せてくれるのも一興だ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
VIPからの依頼を専門に請けおう、会員制調査機関・探偵倶楽部をえがいた連作短編集。

この作品の特徴は、従来の探偵小説と異なり、探偵達の捜査活動を書いているわけではなく、探偵倶楽部があくまでも脇役に徹することである(彼らの氏名も結局明らかにされない)。探偵はあくまでも調査を依頼された事件をクールに調査して来るのみであり、その調査結果の使用方法については各章の主人公である依頼人にゆだねられている。それぞれの事件のプロットはよいので、あとはこの特徴的な設定に読者の側がなじめるか否かで評価が分かれると思う。私の感想としてはこの設定をうまく生かしている章もあれば、主人公の姿がうまくみえず、作品のメリハリがない章もあったように思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
探偵倶楽部という男女2人組みの探偵が事件の謎を究明していく短編5話を一冊の本にまとめられたもの。

300ページで5話なので、1話平均60ページの中で登場人物の特徴や推理に必要な会話などを散りばめて、読者に推理させる楽しみを与えている。さすが東野氏!

通勤時間などの時間つぶしに丁度良い一冊と思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 弟が何気なく私の目の前に置いて「なかなか面白いかも」といったのが本書を読むきっかけであった。祥伝社の「ノン・ノベル」版として刊行されたのは1990年だから、かなり昔の作品である。そのときは、『依頼人の娘』という所収されていた一作品の表題であったが、その後、角川文庫から『探偵倶楽部』として復刻した。著者自身も当初はこの表題での出版を希望したが、何らかの事情でそれは叶わなかったと述べている。むろん現在は『探偵倶楽部』として版を重ねている。

 本書は「依頼人の娘」を含む計5本の短編が収録されているが、フーダニット(犯人)・ハウダニット(手段)そしてホワイダニット(動機)という本格推理小説に不可欠なエッセンスがすべて盛り込まれている。初期作品としてはなかなかの出来栄えで、それなりに注意して読まないと理解できない箇所もあった。単純に「面白い」というよりは「凝った」諸作品ばかりだというのが率直な印象である。「ノン・ノベル」は上下に文章が載る配列で字も小さくやや読みにくいという難点があるが、それは内容が十分にカバーしているといえるだろう。東野作品としてあまり知られていないように個人的には思うが、どうであろうか。レビューも少ないのが残念だ。

 本書に登場する会員制の調査機関というべき「探偵倶楽部」(男の探偵と女の助手の計2名)は、著者の言葉にあるように
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック