通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
採用基準 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良い状態の本です。中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡いただければ対応させていただきます。又迅速に対応し、ゆうめーるにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

採用基準 単行本(ソフトカバー) – 2012/11/9

5つ星のうち 4 171件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 233

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 採用基準
  • +
  • 入社1年目の教科書
総額: ¥3,163
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

●概要
マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が語る

マッキンゼーと言えば、ずば抜けて優秀な学生の就職先として思い浮かぶだろう。
そこでは学歴のみならず、地頭のよさが問われると思われがちで、応募する学生は論理的思考やフェルミ推定など学んで試験に挑もうとする。
しかしマッキンゼーの人事採用マネジャーを10年以上務めた著者は、このような見方に対して勘違いだという。
実はマッキンゼーが求める人材は、いまの日本が必要としている人材とまったく同じなのだ。
だからこそ、マッキンゼーは「最強」と言われる人材の宝庫の源泉であり、多くのOBが社会で活躍しているのだ。
本書では、延べ数千人の学生と面接してきた著者が、本当に優秀な人材の条件を説くとともに、日本社会にいまこそ必要な人材像を明らかにする。

●主な内容 ・マッキンゼーでの17年間
・コンサルティングより人材育成システム
・誤解される採用基準
・採用したいのは将来のリーダー
・東大法学部と経済学部の学生の違い
・スクリーニング基準と採用基準の違い
・日本の大企業で劣化する人
・能力の高い人より、これから伸びる人
・「マッキンゼー入社」を目標にしている人は採用されない
・不幸な海外MBAへの企業派遣制度
・すべての人に求められるリーダーシップ
・リーダーシップで人生をコントロールする
・メンタルセットの変化
・問題が解決できる
・自分の世界観が実現できる
・世界が拡がる
・価値観転換機関としてのマッキンゼー

内容(「BOOK」データベースより)

マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が初めて語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 248ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478023417
  • ISBN-13: 978-4478023419
  • 発売日: 2012/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 171件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,735位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
できるだけ偏差値の高い大学に進学し、できるだけ有名な企業に入るということは、要するに、自分の将来の可能性を減らさないように生きるということだと思います。実際、偏差値の高い大学に入れば、どこでも行きたい企業に行ける可能性が高まります(あくまでも可能性)。新卒で有名な企業に入れれば、経験できる仕事の幅も広がるし、その後の転職も有利になるでしょう(これもあくまでも一般論)。

とはいえ、このように選択肢を少しでも多く確保しておこうとするのは、いつか、自分の人生を「ココ」と決めるためです。なんとか可能性を維持しようとするのは、良い人生をおくるための「手段」なのであって、人生の「目的」にはなりえません。ところが人間は、往々にして、この手段と目的を間違えてしまう生き物であることは、良く知られているところでしょう。

世界最高のファームとして名高いマッキンゼーにも、マッキンゼーに入ること自体を目的とする人材が多く集まるようです。しかし、マッキンゼーという組織がちょっと特殊なのは、こうした人材に自らの人生を見つめさせ、自らの意思で「ココ」を決められるところまで、人材を育成できるという点です。結果として、その人材がマッキンゼーを去ることになったとしても、このコンセプトは揺らがないようです。

『採用基準』というタイトル。この意味するところを
...続きを読む ›
3 コメント 241人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
マッキンゼンーの採用マネージャーが書いた本でかなり売れていると言うことで購入しましたが、内容はあまりにも空虚でした。マッキンゼーと比較して2項対立的に日本人や日本企業の負の部分を語るだけの内容で、後味の悪さだけが残りました。登場する日本人や日本企業はどれも他者依存的、無責任でリーダーシップのかけらも無いような人達ばかりで逆にリアリティが感じられません。リアリティのないビジネス書って何の役に立つのか、と言う感じです。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他の方のレビューが分かりやすいので詳細は省きますが、一橋とバークレーMBAを取得し、日系証券で5年、マッキンゼーで10年以上働きマネージャーまで勤めた優秀な女性がカンタンに書く、「採用基準」です。

特に僕が感じ入ったのは3つ。
まず「00年代以降、コンサル会社が人気、難化し、それに伴い、仕事内容や採用基準が誤解されてしまった」と言う点。
事実、僕の時期には既に学歴、フェルミやロジカルシンキングを始めとする「信じられない伝説」が某掲示板などで跋扈してました。
しかし採用のマネージャー側が「そんなものは嘘だよ!」とここで言ってくれたことで安心した、と言うか「やっぱりな(と言うような伝説が多かった」と思いました。
誤解の理由としては色々とあるけれど、やはり80年代までは日本企業の方が人気があり、大前研一のような優秀でもちょっと癖のあるタイプの人材が多かったこと(言い方は悪いかもしれないけど彼らが日系企業で出世するのは難しかったのかもしれない)。
他にも「外資系への道標」や「藤沢数希の金融日記」など男性OBによる発信者もエッジのある、と言うかありすぎる内容が多かった。
男性にありがちな事かもしれないですが、自分を大きく、誇大に難解に表現しがちで、また僕ら日本人はそれをユーモアだと穏便に受け止められない持ち主で
...続きを読む ›
コメント 202人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
一応全て拝読させていただいたが、
アメリカ人と長く働いて来た私としてはまったく間違った内容だと言わざるを得ない。

内容の全てが(外国人VS日本人との違い)という構図で書かれているが、
著者の言われるような構図はむしろ人種関係なく(マッキンゼーVSそれ以外)なのでは?

会社組織においてはむしろアメリカ人の方がトップダウンで下は上にたてつかない。
ゴマスリ君がすごく多い(これは本当に意外ですが、事実です)。

昔私が会議で上司(アメリカ人)に対する反対意見を言ったら、
同僚のアメリカ人が「お前はバカか??なぜ自分の立場を悪くするようなことをわざわざ言うのか?
俺は家族が大事だ。だからサラリーが大事だ。だからわざわざ上司に嫌われるようなことは絶対しない。」と諭された。。。

むしろ日本人のほうが武士道精神があるので、「ここは身を切って物申す」という面があるなと私はずっと感じて来た。
他にもこの著書の内容が違うということを証明する
数多くの経験をここに書きたいが、、、長くなるので。。

ただのアメリカかぶれが書いた本であると言わざるを得ない。
残念ながらかなり時間の無駄だった。
3 コメント 182人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック