¥ 1,944
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
拷問の&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

拷問の歴史 (Truth In Fantasy) 単行本 – 2001/8


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 487


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

拷問の歴史 (Truth In Fantasy) + 図説 拷問全書 (ちくま文庫) + 知れば知るほど残酷な世界史―拷問、処刑、殺人…禁断のファイル (祥伝社黄金文庫)
合計価格: ¥ 4,096

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

拷問の歴史は「陰の歴史」とも言い換えることができる。本書では、拷問具を中心に、さまざまな拷問について解説する。

内容(「MARC」データベースより)

拷問の歴史は「陰の歴史」である。過去に現在に多くの犠牲者を出しているからこそ、軽々しく扱うことは許されない。常に人類の歴史とともにあった拷問について、その道具を中心に解説する。

登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: 新紀元社 (2001/08)
  • ISBN-10: 4883173577
  • ISBN-13: 978-4883173570
  • 発売日: 2001/08
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 113,561位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

61 人中、56人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mr_mr 投稿日 2003/10/12
形式: 単行本
まえがきによると、「拷問のためにわざわざ作られた」器具や装置を中心に、それらを正確に真摯な姿勢で解説する。これらは拷問が行われた証拠品であり目を背けてはならない品々である。読者の恐怖心を刺激する本ではないし、人権問題を語る本でもない。拷問の実態を探る資料である。と、ある。
「コウノトリ」「スペインの椅子」「ユダのゆりかご」「ラック」「長靴」「猫の足」「苦悩の梨」と、名前を聞いただけでは想像もつかない器具だが、無論恐ろしい。まえがき通り、器具の使い方やそれを受けた人間の体がどうなるのか詳細に書かれてある。
例えば「ラック」は両手両足を引き伸ばしていく装置で、まず手足の靭帯が切れ、次に筋肉が引きちぎられ、全ての関節が外れる。こうなると驚くぐらい手足が伸びるという。胴体も内臓が透けて見えるほど伸ばすことができるともいう。要約してあるが、こんな感じである。
拷問というものが人間の歴史のなかにあったということを、しっかり認識しておくべきであろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mei 投稿日 2006/11/18
形式: 単行本
拷問の器具・方法について、小文や歴史的背景を交えながら分かりやすく書かれています。
ただ資料本なので図にグロテスクな所は特に有りませんので、そこを期待するとハズレかなと思います(もちろん残酷である事に変わりは無いですが)。
タイトル通り、現実にあった裏歴史を知るのに最適な本ですね。場所も中国・ヨーロッパ・アフリカと偏り無く載っています。
結構前に読んだのですが、使い方とその経過結果もしっかりと有るので、初めての方〜既に何冊も読まれた方まで誰にでもお勧めです。
当時の国王の説明や、『ラック』=『エセクター公の娘』の様に別名について多く書かれているのがポイントかと思います。また珍しい拷問も有りましたが、『火責め』『拘束具』等有名な物も、零す所無く書いてあります。
ただ他の本にも言える事ですが、やはり処刑法に分類される物も結構有りましたね。
後、言うまでも無いという表現の多用に引っかかりを覚える時も。
しかし、(死の危険も有りますが)拷問の筆頭である鞭の説明が多かったのと、中々の量なのに一気に読める文章は大きな魅力かなと。
私的には買って損の無い一冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あゆな 投稿日 2008/1/17
形式: 単行本
拷問や処刑を取り上げた本は意外と沢山出ていますが、の中でもこれはお勧めです。まえがきで書かれている「本書は読者の恐怖心を刺激するような類の本ではないし、人権問題について語るための本でもない」の通り、このての書籍に有りがちなイタズラに恐怖をあおったり、想像のみで稚拙な小説じみた文章を並べたりされていないのが良いです。時代別に掲載されていて国ごとの時代背景なんかも載っています。イラストも全てにでは無いですが3・4ページに1カットは載っています。何より綺麗で雰囲気にも合っています。純粋に事典をお求めなら、お勧めな本ですよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 赤い尻尾 投稿日 2014/1/3
形式: 単行本 Amazonで購入
他の方も書いていますが、拷問の歴史と言うより
拷問器具の解説本です。
イラストも器具単体や関係のないモノが多く
それらが使用された状況をイマイチ想像しづらいです。
器具が産まれた経緯や使われた状況の解説も
簡易的なモノで深い部分は書かれていません…
悪くは無いのですが、拷問の歴史(入門編)っと言ったところでしょうか
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 単行本
主に拷問具の解説を載せているので、
「拷問の歴史」というより、拷問具使用解説書。

イラストが多いのですが、拷問具とは関係の無い
イメージイラスト的なものが多かったです。

通り一遍の内容は網羅してありますので、
最初のとっかかりには良いのではないでしょうか。

いくらか掘り下げた内容を望まれる方は、
他の書籍を当られたほうがよいかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック