Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 2,234

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
抗精神病薬の「身体副作用」がわかる―The Third Disease
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

抗精神病薬の「身体副作用」がわかる―The Third Disease [単行本]

長嶺 敬彦
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,592 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

抗精神病薬の「身体副作用」がわかる―The Third Disease + 予測して防ぐ抗精神病薬の「身体副作用」―Beyond Dopamine Antagonism + 精神科の薬がわかる本 第2版
合計価格: ¥ 7,344

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

抗精神病薬の副作用として起こりうる20の病態を紹介。

内容(「MARC」データベースより)

内科医として精神疾患患者の治療に従事する著者が、抗精神病薬の副作用として起こりうる20の病態を、自らの治療経験をもとに紹介。もしかして副作用? と感じた時の、次なる「観察・判断・対処」法がわかります。

登録情報

  • 単行本: 179ページ
  • 出版社: 医学書院 (2006/07)
  • ISBN-10: 4260002791
  • ISBN-13: 978-4260002790
  • 発売日: 2006/07
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 57,362位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
71 人中、66人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 精神科医は必ず読むべし 2006/9/1
By M
形式:単行本
抗精神病薬の副作用として錐体外路症状はよく知られていますが、近年発売された非定型抗精神病薬の脂質や糖質の代謝異常の副作用に関しては精神科医でさえ詳しく知らない人の多いのが現状です。精神科医は精神面の副作用には十分な注意を払いますが、身体面には意外と無頓着です。この本では、抗精神病薬による肥満や突然死、最近話題のメタボリックシンドロームの危険性などについて詳しくかつわかりやすく解説されています。また、作用機序なども理解できるように工夫されています。今まで、抗精神病薬の副作用に焦点をあてた本は少なく、身体面の副作用を説明している本はこれが本邦初といってもいいでしょう。精神科医はもちろん、プライマリケア医や処方されている患者やご家族の方にも読んで欲しい優れた本です。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 抗精神病薬の副作用に改めて注目 2008/8/5
By san-GI7 VINE メンバー
形式:単行本|Amazonで購入
本書は統合失調症治療薬である抗精神病薬の副作用の代表的なものを取り上げて解説している。
著者は精神科病院で身体疾患の治療をしている内科医だという。

身体副作用は、主に、循環器系、呼吸器系、消化器系、内分泌・代謝系、神経・運動器系、免疫・アレルギー系にわけて全部で二十の病態が紹介されている。

読後感だが、従来の教科書とは違い、薬を服用しなくてはいけない患者の側に立った記述が多いように感じられた。
不快な副作用を避けて、あれを除き、これも除いていき、論旨は少々理想的なままかと、読み始めた当初は思ったが、
著者もそこまでは断言せず、理屈ですべて割り切れるわけではない臨床のさまざまな実態に配慮した書き方をしておられる。

服薬のコンプライアンスにとどまらず、アドヒアランスとか、さらにコラボレーションなどという最近の流れについても解説されている。
読みやすく、知識の整理にも役立ち、いっそう精神科治療の視野が広くなる本である。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
他のレビュアーさんの評価で、全て言い尽くされている気もしますが、私もひとこと申し上げます。
精神科分野では、まず精神症状を抑えるべきであり、身体副作用はあって当然、がまんしろ。という空気がありました。私も、抗打つ薬のパキシルの初期副作用で、腸閉塞になりかけの便秘になり、七転八倒したクチです。でも、処方したドクターは、何か問題が?という感じでした。
こういう状況にあって、もっと身体のつらさのケアにも目を向けようよ、という観点で書かれたのが、この本です。
最近の精神科薬物療法は、今までの多剤大量から、新薬を単剤少量処方する方向へとシフトしてきたので、この本の内容もいつかは古びるでしょうが、しかし、統合失調症患者への鎮静剤大量投与のやり方は、これからも続くでしょう。当分は身体副作用の問題は消えません。
ドクターやスタッフのみならず、患者家族や、医薬品問題に関心のある消費者にも一読して欲しいと思います。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 勉強になります。 2010/6/19
By 椿
形式:単行本
私は医療従事者ですが、大変勉強になります。精神科領域に携わる医療従事者はもちろん、違う医療従事者も知っていて損はないです。各病棟などに一冊ずつ常備して欲しい本です。
このレビューは参考になりましたか?
23 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 全くご解説の通り。 2008/7/9
By marumaru VINE メンバー
形式:単行本|Amazonで購入
「抗精神薬」=「統合失調症」の薬というイメージが高いかと思います。実際の普通
の利用方法として選択される薬でもあります。
その抗精神病薬、特に非定型と呼ばれる薬が間違った形で安易に処方されています。
統合失調症以外の患者にも「何もかもの意欲を無くし鎮静させる」用途で使用されて
います。患者を医師の意見のイエスマンにさせる為に使われることも多いのです。
そのことを指摘する本も現在は数多く出版されているようですがまだ周知されていな
い、気がついていないのが実情です。もっと言えば医師や製薬会社の隠蔽か?
また統合失調症向けの薬剤は高額なものが多く、自立支援法や旧公費負担にて患者の
気づかないうちに国保や社保や保険組合から医師、製薬会社へと利潤が回っていくの
です。
その「身体副作用」というのはこの本に書かれている通り多岐に渡ります。なかには
いちど受けた副作用を完治させることは難しい病気もあります。それこそ早期発見、
早期治療に尽きます。わたし自身、沢山の内科的副作用を受け、気がつくのが遅けれ
ば、待っていたのは「早死に」でした。
統合失調症患者、患者家族、そして別の病気にて抗精神病薬を投薬されている人には
是非読んでいただき、自分がどのよ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック