Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
買い取りを申し込む
最大 ¥ 310分のAmazonギフト券
買取
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
戦艦シュペー号の最後〈HDリマスター版〉 [DVD]
 
イメージを拡大
 

戦艦シュペー号の最後〈HDリマスター版〉 [DVD]

5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,313 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 387 (14%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おすすめ情報:【最大70%OFF】DVD・ブルーレイセール(2014年5月31日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。
Visit Amazon Instant Video
映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

戦艦シュペー号の最後〈HDリマスター版〉 [DVD] + ビスマルク号を撃沈せよ! [DVD]
合計価格: ¥ 3,304

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ピーター・フィンチ, アンソニー・クエイル, ジョン・グレッグソン, イアン・ハンター, ジャック・グイリム
  • 監督: マイケル・パウエル
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • DVD発売日: 2009/08/21
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B002EWR1YK
  • EAN: 4988102674038
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 59,137位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

英海軍vs独戦艦の攻防をスリリングに描く海戦映画の決定版!南大西洋で商船狩りをしていたドイツのポケット戦艦グラーフ・シュぺー号を、ハーウッド司令官率いる3隻のイギリス巡洋艦・G戦隊が発見した。劣勢ながらも果敢に挑むG戦隊にシュぺー号は被弾し、中立国ウルグアイに逃げ込む。そしてウルグアイの首都モンテビデオを舞台にした、各国の駆け引きが始まるのだが…。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 見所の多い映画 2012/8/25
 まず、最初のタイトルクレジットに注目。人間の配役にまじって、さりげなく「ドイツ・ポケット戦艦「アドミラル・グラーフ・シュペー」役、アメリカ海軍・重巡「サーレム」とあります。イギリス側の3隻の巡洋艦は、実際のものが登場(「エクゼター」は、日本海軍に撃沈されたので代役)。そう、この映画の主役は、現物の軍艦なのです。やはりCGや模型では出せない重厚なシーンを堪能できます。
 イギリス側の艦の射撃指揮所には、ちゃんと砲塔を表する記号がA、B、X、Yと表記されています。
 なぜ、砲力に勝った「シュペー」が、遠距離砲戦をせず、接近戦に持ち込んだかという戦史の謎は、ラングスドルフ艦長の「敵を駆逐艦と誤認した」との説明で、明らかにされています。相手を圧倒した「シュペー」が自沈せざるを得なかった理由は、まだこの映画では解明されていませんが、その後、燃料を加熱してエンジンに送り込むパイプが損傷し、その軍事機密を守るためであったことがわかりました。
 そのほか、部下がナチス式の敬礼をするのに対して、ラングスドルフ大佐がドイツ海軍式の答礼をするシーンも、彼の人となりを理解させようと挿入したものでしょう。
 ひとつだけ残念なのは、砲戦の場面で、相手の砲弾が着弾する前に「ヒューン」という風切り音が聞こえることです。砲弾は、音速より早いので、これはありえないのですね。
 今となっては史料的にも貴重な映画であると言えましょう。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 男の美学 2009/8/29
By cecedece トップ1000レビュアー VINE メンバー
昔々京都の東寺の映画館で見たんだと思う。随分前(ひょっとしたら50年くらい前)のことである。父親と行った記憶がある。その後テレビでも見た。当時のテレビは白黒だったので、今回カラーで見たら不思議な気がした。単純な戦争映画ではないんですね。子供の頃(といっても小学生)の印象でもこの映画だけは他の戦争映画とは違うという記憶がある。多分、戦争で勝った負けたという範疇のものでなかったからだと思われる。このような映画は珍しい。他にない。不思議な映画と言えます。この戦艦の名前は今でもずっと覚えているのも珍しい。「Spee」です。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 嬉しい再販 2009/9/6
By ぴろ
廃盤になっていた東北新社盤と同じ内容(本編、特典)です。字幕もON、OFF可能です。なにより、クリストファー・リー翁のインタビューなどで構成された特典映像が再び観られるのは嬉しいかぎりです。
このレビューは参考になりましたか?
29 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
Amazon.co.jpで購入済み
☆戦争映画というジャンルは戦闘場面が見せ場の作品や上司と部下の対立、反戦を訴える等の大作や異色作が製作されてきましたが、この作品はまるで切り口が違う、新しい角度のタイプの斬新な設定の戦記映画である。映画の舞台は第二次世界大戦でピーター・フィンチ演じる艦長のドイツの戦艦グラフ・シュペー号が三隻のイギリスの戦艦と交戦。その結果撤退、そして作戦の練り直しのために中立国である、ウルグアイのモンテ・ビデオ港に逃げ込む。そしてアンソニー・クエイル演じる、イギリスの提督はこの戦艦の処理を巡りウルグアイに外交圧力をかける!と言う物語で監督、製作、脚本はあの早すぎた犯罪サスペンスの傑作である『血を吸うカメラ』を作り大批判にあい、映画界から追放された監督のマイケル・パウエルとエメリック・プレス・バーガーのコンビであるが、確かに戦闘場面ならぬ海戦シーンの見せ場も大迫力満点で緊迫感たっぷりだが、それ以上に中立国であるウルグアイの内情の中を巡っての外交の駆引きも興味深く、二転三転する知能戦の展開も面白いし、シュペー号が絶体絶命の大ピンチに陥る過程をじっくり丹念に正確に見せている。政治映画としても貫禄ある出来栄えになっている。そしてこの映画で1番感心させられたのは、イギリス提督とドイツ艦長らの2人が敵対国同士の関係でありながら、お互いの立場を越えて才能を認め合い理解し合っていく展開は今までの戦争映画には見られ... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
20 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 いい意味で昔を感じたが 2009/10/10
By TKRYAPS VINE メンバー
Amazon.co.jpで購入済み
この映画をリアルタイムで劇場で観た年代でもないので、懐かしさなどの影響などのない
個人の感想ですが。
最近の映画に見慣れてるせいなのか、迫力が足りないように思います。CGなど使わない実物の良さもありますが
やはりCGと実物の双方がないと物足りないんだなぁと感じてしまいます。
昨今、迫力のある描写が多いので、砲撃の直撃を受けてそんなもんなのかって感じの被害・・・。
(戦争当時の被害を受けた艦船の写真などと比べると)
で、やられましたっていう感じ(TV時代劇の切られ役のような)で倒れる水兵。
手に汗握るとまでいかないし、最後までドキドキしてよそ見できないとまでいかない外交シーン。
それにただ、喋りまくる記者。ヤマを感じない叙事詩的な感じでした。
正直、あまり記憶に残らない映画でした。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xae6d87ec)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック