通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆角折れが数ページあります。若干、全体的に傷みがあります。若干、全体的に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 単行本 – 2012/7/24

5つ星のうち 4.2 325件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 196

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
  • +
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • +
  • 本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再発見」双書2)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。

内容(「BOOK」データベースより)

元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 創元社; 初版 (2012/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422300512
  • ISBN-13: 978-4422300511
  • 発売日: 2012/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 325件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本の戦後史を「対米追随」、「自主」路線の戦いとして、
孫先氏の外交官経験や知見を通して描いた本です。
この二つの路線のあいだで最適な回答を出すことが、
これからの日本人に求められていると著者は主張しています。

大東亜戦争に負けた日本としてはここに描かれた「米国の保護国」
のような状態であったことは本書で良く理解できました。
確かに、米国は日本に過酷な占領政策を課しました。
時限爆弾としてWGIPの戦争贖罪意識は必要以上に日本に浸透
して現在の日本を虫食んでいます。
しかし著者は、やや米国に厳しく中国に甘い評価を下している
ようにも感じました。

仮に日本がソ連や中華人民共和国に占領されていたとしたら
日本の現状はどうだったでしょうか?
米国の占領よりも直接的に言論や表現の自由もない、
過酷な占領になったような気がします。
この意味で日本は未だ恵まれていたかな?
という感想も持ちました。

これからの日本を考えるのに非常に参考になりました。
過度の対米依存を回避しながら、日本の国益に沿った自主外交
を進めていく必要性を痛切に感じました。
日本は世界で今後
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書に描かれる冷戦時代の日本の海軍力強化の理由は、オホーツク海に潜む旧ソ連の原子力潜水艦の位置を知りたいという
アメリカの強い要望があったからだ著者は語る。

ただ、この理由を日本国民に説明しても理解が得られるわけがないので、説明として、
「中東から輸入する石油の航路(シーレーン)を旧ソ連から防衛するため」としていたという。

現在、国会では、安全保障が問題となっている。
安倍首相は、安全保障の改正の理由として、奇しくも同じシーレーンの防衛を主張している。
しかも、野党の質問に対しては、非常に曖昧な回答が目立つように思える。

この本を読むと、結局は、アメリカの強い要望があったが、そのまま国民に説明するわけにもいかない、
というのが本音なのかなと思ってしまった。

今の安全保障問題を考えるうえでとても参考になる本だと思いました。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
  映画JFKで、大統領を殺し 弟の司法長官を殺し キング牧師を殺したアメリカを糾弾したオリバーストーンが、「語られなかったアメリカ史」において
オバマ大統領に至るまでのアメリカの犯罪を暴きました。感動しました。日本にはこんな人はいないだろうと思ってましたが、いました!
「戦後史の正体」はそのまま「語られなかったアメリカ史」の対日本政策史と読めます。ヘルプレスだと思える状況のなかで、孫崎氏のような存在は
大きな救いだと感じます。
 それとこの本が多くの読者を捉え、支持されていることも大きな希望につながるように思えます。
 ここのレビューも素晴らしいです。多くの方がこのような事実を認識し、なにかしら感じて、それを表現しています。
それがひとつの政治的な行為ではないかとの思いから僕もレヴューしました。
 
ウオルフレン風に「怒れ!日本の中産階級」と言いたい気分です。ソーシャルネットワークの力を信じたいです。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
終戦後、現在に至るまでの対米外交について、(対米)自主派と対米追随派がそれぞれどのように行動し、アメリカがどのような態度を取ったのか、明らかにした1冊である。
ここまで書いてよいのかと思うくらい、戦後の長期間にわたる対米外交の裏面が暴露されている。

評者は本書を読んだことで、岸信介、池田勇人、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸といった首相に関する見方が一変した。特にリアルタイムで知っていた三木と鈴木については、これまで抱いていたイメージとは正反対の側面があったことを知らされた。また岸については、国民が一般に抱いているイメージと全く異なる政治行動を取ったことが分かる。
また著者の孫崎氏が明言しるわけではないが、三木が首相になれた理由、福田が党内選挙で大平に敗れた理由、鈴木がなぜ辞任したか等、これまで戦後史に謎とされている点についても示唆されている。

もちろん本書に書いてあることが100%真実であるとは限らない。
だが、本書を読めば、戦後史上の多くの謎が解けたり、解決の手掛かりが与えられたり、重要な事実なのに無視・軽視されていた点が浮かび上がったりする。

元外務省の国際情報局長、イラン大使まで務めた方がよくここまで書いてくれた、と感謝したい。
3 コメント 675人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック