この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦国人名事典 単行本 – 1990/8

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
単行本, 1990/8
¥ 1,509

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

応仁の乱より徳川幕府確立に至る一世紀余、大田道潅から徳川秀忠まで、動乱の天下を馳せた八千余人を網羅。平明かつ本格的な本邦初の戦国人名大事典の完全縮刷版。


登録情報

  • 単行本: 854ページ
  • 出版社: 新人物往来社; 〔コンパクト版〕版 (1990/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4404017529
  • ISBN-13: 978-4404017529
  • 発売日: 1990/08
  • 商品パッケージの寸法: 20.2 x 16 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 567,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
戦国時代ファン必携の書です。この価格でこのボリューム、間違い無く損はしません。確かに未掲載の人物も多く居ますが、そんな事を言っても仕方ありません。全ての人物を漏れなく掲載するのは不可能ですから。
私は信長の野望シリーズで登録武将を作成する際に重宝していますが、パラパラと読んでいるだけでも十分に楽しめます。改名、異称も大概はカバーしていますし、一部有名家は家系図も掲載されています。
あとは索引とかが有ればもっと良かったですが、それでも文句無しに星5つです。
因みに前田慶次はちゃんと載ってます。前田利大とややマイナーな諱ですが、慶次、利益とも括弧書きできちんと記されています。息子の正虎は未掲載ですが…
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
記述に誤りなども見受けられるが、この時代の人名を扱う辞書としてはこれ以上のものはない。
だいたい、この時代の全ての人物に関して網羅するのは最初から不可能なのだから、これはこれでいいのである。
 
逸話や個人々々の細かいエピソードは、それを専門に扱う書籍や、コンビニにも置いてあるようなワンコイン本に任せておけばいい。
レビュータイトルにも書いたが、もしこの本に満足できないのであれば、あなた自身の手で書物を逐一紐解いて新たな辞書を作るしかない。
 
そう断言出来る名著だと私は思う。
 
戦国マニアや戦国史研究者を自称される方はこの本が必携だと言えるし、言ってしまえば本棚に無ければただのモグリである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
オリジナルが1987年、コンパクト版が1990年に出版されてから20年以上経ち、それまでと反する新事実の発見がかなり多数あり、データは古い物が多いと言わざるを得ないが、
掲載人数8000人は、他の追随を許さない。
ぼくのような一般人では、この本でしか御目にかかれない名前が1000人単位で在るのだ。

吉川弘文館から出版された4000名あまりが掲載された「辞」典も存在するが、20,000円近くもするため、僕同様に手が出ないひとがいる実情からして、こちらの存在は大変貴重。

改訂版の出版を待ち望む一人である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
信長の野望で武将を新規作成する際や、暇つぶしに読んでます。
武将ファイルに載っていないようなマイナーな武将について知りたい!みたいな方が更に知識を得るにはとてもいい本だと思います。ただホントにプロフィールレベルの事しか記述はないので特定の武将や家について深く知りたいという方には向かないかなと…。

応仁あたりの武将も網羅されているので大満足です。さすがに一家に一冊は言い過ぎですが(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
戦国時代の熱い息吹に共感を覚える諸兄なら買って損は無い品です。
非常に多くの正に細大漏らさずといった量の人名とプロフィールが記載され、
きっと新たな発見があるでしょう!
ただ、惜しむらくはソート順が、50音順に忠実すぎたため、却って使いにくさを感じる点でしょうか・・・
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック