中古品を購入
¥ 400
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付です。カバーもしくは表紙にに少々スレ、ヨレ、ヤケあり。折れや書込はなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

成功の9ステップ 単行本 – 2004/2/26


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 143
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 823 ¥ 284


キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。



商品の説明

著者からのコメント

本書を日本の皆様に紹介できることは心から嬉しく思います。「成功の9ステップセミナー」を通して、すでにこの「9ステップ」の概念を数知れずの方々に紹介し、その効果とインパクトの大きさを確認しておりますが、今回それを分かりやすく一冊の本にまとめ、出版する運びとなりました。
 人は人生に望んでいることは、結局のところで言えば、感情の変化であり、成功した姿を手に入れることにほかなりません。『成功の9ステップ』はその道しるべとなり、それを実現するための原則と方法の双方を教えてくれます。
 皆様が私同様にこの冒険を楽しみ、仕事や私生活における大きな変化を経験して頂ければ、これ以上の幸せはありません。
 ジェームス・スキナー

内容(「BOOK」データベースより)

「7つの習慣」を日本に紹介した立役者が成功技術の全貌を明かす。

登録情報

  • 単行本: 480ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2004/2/26)
  • ISBN-10: 4344004787
  • ISBN-13: 978-4344004788
  • 発売日: 2004/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (129件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 46,918位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

151 人中、127人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あやたすく トップ500レビュアー 投稿日 2007/5/30
形式: 単行本
「感情」に焦点をあてる。最終的に欲しい気持ちを明確にする。

☆☆☆☆☆・・特に二つの家族旅行の例えが良かった(263p)。

まったく同じ日程の旅行の計画を立てた二つの家族があったとして、
 1.片方は「計画をこなすこと」を目標に、
 2.片方は「幸せな家族の感情」を目標に。

そうするとそれぞれ、旅行当日、なかなか起きてこない子供に
 1.「お前たち、何をしているんだ!?」
 2.「ちょっと疲れているのかな?一緒に頑張ろうね。」

まったく同じ計画、行動目標を立てて、計画どおり進んでも、
家族として得られる結果は180度違うだろう。

目標と言えば、数値化が大事だとよく言われる。

しかし、「得たい感情を目標にする。」
この教えを得ただけでも、書籍代金を支払った甲斐があった。

いったい何のために僕たちは数値目標を立てて頑張っているのか。
その本質を思い出させてくれた。

【補足】
我々は常に先人の教えを基礎に、次の歩を進めなければならない。
この書の巻末には、参考文献のみならず、
著者自身が受講したセミナーの数々が開示さ
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
98 人中、80人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 三鬼なるたろう 投稿日 2004/4/19
形式: 単行本
一人一人違う『成功』があると思っている私にとって、正直「何が書いてあるんだろう?」って興味津々で読みはじめました。
読んでいる最中は「この考え方はどこかで読んだぞ」というのが沢山ありました。例えば『NLP』や『パフォーマンスマネジメント』・『フォーカルポイント』・『ザ・ビジョン』・・・。そういえば、著者自身が参考とした書名をあげているものも数多くありますね。
普段、オリジナリティの感じられない本を読んだときは、マイナスの評価をしがちなのですが、今回受けた印象は違いました。
『成功』というそもそも人によって異なるモノに対し、それを手にするためにひとつの道筋を示しているから。著者がなぜこの本を書いたのか、その本心はわかりません。また、そこに注目する必要性も感じません。ただ、明らかなのは、『成功』を手にしたいと思っている多くの人達が(勿論私も含めてですが)この本を手にし、まず『まねる』ことで成功に向けたはじめの一歩を踏み出すことができるのではないかと思うから。
本書にも紹介されている速習にあるとおり、まず成功者を『まねる』。そして守・破・離(しゅはり)の順でオリジナリティを付加していく、つまり自分の『成功』を手にする。
多くの本から得られる知識や技術を本書1冊で概観し、それぞれ必要であれば一つ一つを深めていく。こう考えると、『成功』へのガイド本として評価できるのでは?お薦めの1冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
91 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Team James 投稿日 2007/3/14
形式: 単行本
実は、この本愛読書でこの何年かで何度も読み返していたのですが、今日アンソニー・ロビンス著、本田健訳の「一瞬で自分を変える法」を読んで、がっかりしました・・・モデリングと呼ぶには余りに同じ内容が多すぎるように思います。ロビンス氏の方がオリジナルのようなので、そちらを先に読まれることをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
67 人中、54人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sushiuni 投稿日 2009/5/6
形式: 単行本
いろいろな考え方があってもよいと思う。
食事にしても運動にしても、時代により正しいといわれてきていることが変化しているはずである。さらに、科学的に根拠の無い事でも、著者の考え方こそが正しいというような書き方には違和感を感じた。
他人の意見を尊重する謙虚さが欠けているのではないかと思えてならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
116 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クリノギ 投稿日 2004/7/5
形式: 単行本
名著「7つの習慣」を翻訳した人。

映画「マグノリア」でトムクルーズが「モテナイ男達」相手に自己啓発セミナーのカリスマを演じていたが、このジェームスという人はそれになりたいみたいだ。

でも、なんでこの日本でなのか。

アメリカには「本物」がたくさんいるからだ。
この本に書かれていることは、今までに誰かが書いたり言ったりしてきたことばかり。
少し本を読んで勉強している人ならば「元ネタ」がどれかがハッキリとわかると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
161 人中、127人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アサクサキング 投稿日 2009/7/29
形式: 単行本
これを絶賛しているコメントを読むと、日本人はどうしてしまったのかと思う。ジェームス氏がモルモン教出身であるのは有名だが、カフェイン摂取禁止など、体に決していい事ではない。ついでに白人と黄色人種である日本人では必要とする栄養分も異なってくる事も書き留めたい。
私はこれを読んで、彼の講演にも行ってみたが胡散臭さが一杯だ。ジェームス氏は「鬱病は3秒で治る」と言う。そんな訳がない。鬱病は脳内のホルモン減少により引き起こされるものだ。誰でもなり得る病気でこれを政治家が口に出そうものなら謝罪要求ものだと思う。
その後も見てに笑えるトリックが次々に続き、最後は何十万、百万円単位のセミナーへのお申し込み案内だ。
アメリカ人の傲慢さ、greedyさが良く分かる本、講演、と言った感じだ。その傲慢さがサブプライムを引き落とし、ジャパニーズ¥を世界中が信用して買いあさったのはついこの間の話なのにジェームスにお熱の人達は知らないのだろうか?
ちなみに、彼はタックスヘブンのシンガポールに住居している。日本で幾ら稼ごうが、日本での住民税は払っていない。そういう事も知っていて、講演中、「元気ですか〜!」とMCに聞かれると「最高です!」と来ている人達は返しているのだろうか・・・。何とも日本人よ、目を覚ませ、と言いたくなる本と講演でした。
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック