¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
成功の&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

成功の要諦 単行本 – 2014/11/25


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,160


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

成功の要諦 + 子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話
両方の価格: ¥ 3,240
ポイントの合計:  98pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

いまや日本を代表する経営者である稲盛和夫氏。その稲盛氏はこれまでに約9000人の経営者に手弁当で 経営の指導をされてきた。それほど多くの経営者に慕われてきたのは、経営のノウハウを伝えてきたからではない。 稲盛氏は言う。「会社を成功させて有名になったりお金持ちになったり、そんなことのために人生があるのではない。 人生を生きる意味とは、まさに自分の魂を磨くことにある」 本書は稲盛氏が55歳から81歳までに行った六度の講演が採録されている。 そこには一貫して、いかに人生を生きれば運命を発展させることができるか、その要諦がつぶさに語られている。 第一講は昭和62年の講演で、京セラ創業28年、第二電電起業から3年目のエネルギッシュな時代だった。 そして第六講は平成26年、日本航空の再建を果たした直後の講演だ。その間、実に27年間に及ぶが、 普遍の哲理は決して古びることはなく、むしろ経験と年齢によって深まっていく。稲盛氏の成功哲学がここに凝縮されている。 ※月刊『致知』や致知出版社のセミナーで行われた貴重な講演を収録

内容(「BOOK」データベースより)

二十七歳での京セラの起業から第二電電(現・KDDI)の創業、JALの再生まで、稲盛和夫の五十五年の常勝経営はなぜ可能になったのか。五十五年の常勝経営を貫くもの。

登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2014/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800910552
  • ISBN-13: 978-4800910554
  • 発売日: 2014/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 13 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 32位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2

最も参考になったカスタマーレビュー

26 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 amazonマニア トップ500レビュアー 投稿日 2014/11/28
形式: 単行本
稲盛和夫氏が、経営者として成功するための心の持ち方を書いた本です。

企業には、見える部分と見えざる部分があり、
見える部分というのは、資本金の額や財務の健全性、不動産などの
担保物件、技術開発力、人材力など、
見えざる部分とは、トップが持っている信念や人生観、
従業員が醸し出す意識、つまり社風などです。

著者は、このうち見えない部分の方が経営にはより大きな影響力を
及ぼすと説いており、本書ではその「見えざる部分」の高め方を説いています。

仏教の教えがベースにあり、著者はこれを経営と関連づけて説明し
ています。

・才能を私物化してはいけない
・善いことに合おうと、悪いことに遭おうと、どんな現象に合って
 も、その現象に感謝すること
・美しい心を持つこと
・世のため人のために尽くすこと

思想の本なので、ビジネスノウハウに期待してはいけませんが、
特に経営者の方にはぜひお勧めしたい本です。

以下に私がこの本を読んで参考になった部分を
引用してご紹介します。

・「世のため人のために尽くす」ことで運命を変える
<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 不識庵 トップ50レビュアー 投稿日 2014/12/14
形式: 単行本 Amazonで購入
月刊誌『致知』という雑誌があります。
書店では発売されていないにもかかわらず、創刊から36年にわたって「人間学」を探究し続ける稀有な雑誌です。
稲盛和夫氏はこの『致知』の編集方針に共感され、支援のメッセージを折節に語られています。
創刊35周年記念式典においても基調講演を引き受けておられます(本書の第六講)。
本書は『致知』に掲載された稲盛氏の講演録を編集したものです。
掲載されている講話のタイトル、時期、講演当時の稲盛氏の年齢は以下のとおりです。

第一講 心と経営(1987年 55歳)
第二講 なぜ経営者には哲学が必要なのか(1995年 63歳)
第三講 安岡正篤師に学んだ経営の極意(1997年 65歳)
第四講 人生の目的−人は何のために生きるのか(2001年 69歳)
第五講 心を高め、魂を磨く(2006年 74歳)
第六講 運命を開く道(2013年 81歳)

なお、本書の講演はそれぞれが独立したものであり、内容的に重複した部分があります。
また、時間の経過もあるため、この間に出版された稲盛氏の書籍やCDブック、DVDなども随分とあります。
そのために既知の内容も多いのですが、稲盛氏の「魂の講演」は何度読んでも感銘
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジェダイマスター 投稿日 2015/1/12
形式: 単行本 Amazonで購入
この本の中で、
「経営の極意は利他にあり」。
利他の心があれば必ず成功できると説かれています。

稲盛さんの本を15、6冊位読んできました。
利他の事は他の本でも折にふれ、必ず説かれています。
今までは、「利他」=「実行すれば経営がよりよくなる行為」
という程度でしか、受け止めていませんでした。

今回のこの著書では「極意」とはっきり言い切っておられます。
極意ならば、実行は必須です。
いままで、利他の事を理解していたようで、理解していなかった事が
わかり、衝撃を受けた一冊でした。

経営の極意が利他ならば、人付き合いの極意も社会人としての極意も
利他のはずです。

自然の一部である人間が順守しなければいけない、自然の法則の
一つが「利他」であると言う事。
逆に自然(宇宙)の法則にさからえば、うまくゆかない事が
自明の理である事。

衝撃を受け、自分自身の哲学に大きな影響を受ける1冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 河合 徳光 投稿日 2015/1/25
形式: 単行本 Amazonで購入
成功の要諦というタイトルに惹かれてビジネスノウハウを期待すると裏切られる本。

本書は稲盛和夫氏の人間哲学・経営哲学が学べる内容になっていて、その哲学こそが成功するための要諦だという話なのだ。

成功の要諦は原因と結果の法則のような内容を仏教を引き合いに語られている。

以下、個人的に勉強になった点。

1.「どうしても成功したい」という強烈な思い、持続した思いというものが成功に導く。
  しかし、自分自身のエゴを源にして出た思いなら、一時的な成功はあっても永続的には成功しない。

2.経営者の条件として、まず哲学が必要。それは損得勘定でも戦略戦術でもない。
  人間として正しい道を歩くということ。

3.人は成功すると、つい自惚れてしまう。社長だから1億2億の給料をもらって当然だと考えるようになる。
  才能を私物化せずに世のため人のため使うこと。

4.会社を成功させたりお金持ちになったり、そんなことのために人生があるのではない。
  人生を生きる意味とは、自分の魂を磨くことにある。

5.人生には運命というものが存在する。善きことを実行していけば、運命はよい方向へ変わる。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック