通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
憚(はば... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: シミあり。★年中無休・代引対応・局留対応・返品保証★日本郵便のゆうメールにて埼玉県より毎日発送させていただきます。配送は平日のみ、追跡番号ございませんのでご了承ください。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければAmazonを通じて返品ください。恐れ入りますが併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせて頂きます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

憚(はばか)りながら 単行本 – 2010/5/15


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 32


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

憚(はばか)りながら + 鎮魂 〜さらば、愛しの山口組
両方の価格: ¥ 3,086
ポイントの合計:  62pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

得度から1年―伝説の組長はなぜ、山口組を去ったのか?生か死か?怒濤の生き様。

著者について

後藤 忠政 (ごとう ただまさ) プロフィール
東京市荏原区(東京都品川区の一部)に出生。本名・後藤忠正。元山口組後藤組組長。2歳で父の郷里・静岡県富士宮市に疎開して以降、同地で育つ。祖父・幸正(本名・幸太郎)は富士川発電(後に東京電力に吸収合併)や駿河銀行(現在のスルガ銀行)、駿豆鉄道(伊豆箱根鉄道の前身)などの創設に携わった。1984年四代目山口組直参。山一抗争を経て89年に五代目山口組直参、2002年同若頭補佐。05年六代目山口組の舎弟に直る。08年10月引退。09年4月8日神奈川県の無常山浄発願寺にて得度。得度名は忠叡。得度後、66年に静岡県清水市で発生した強盗殺人放火事件・袴田事件を題材とする劇場映画『BOX 袴田事件 命とは』(高橋伴明監督)を企画(2010年5月下旬公開予定)。同事件では元プロボクサー・袴田巌さんの死刑が確定したが、戦後最悪の冤罪として現在も再審請求が続いている。

登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 宝島社; 第二版 (2010/5/15)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4796675477
  • ISBN-13: 978-4796675475
  • 発売日: 2010/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (110件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 17,863位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

120 人中、112人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ライガー 投稿日 2010/6/12
形式: 単行本
やはり創価とヤクザは繋がっていました。本当に平和を考えている宗教がヤクザと関わりを持つわけがありません。
著者のしてきた事に肯定は出来ませんが学会員にこそこの本を読んでもらいたいと私は思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
92 人中、85人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gonta 投稿日 2010/9/30
形式: 単行本
以前から、経済やくざである後藤組に興味があり、どんな風にしのぎをしていたのか?が知りたくてこの本を買いました。

しかし、
1 肝心の「しのぎ」に関しては、すべてフロント企業(企業舎弟)のせいにして一切知らないとのこと、自分の悪事に関しては
 相当に口が堅い様子 (確かに下手な事を喋れば、今も現役の元舎弟に殺される恐れが多分にあるため言えないのでしょう)

2 反対に他人のことに関しては言いたい放題(しかし、その批判はいちいち的を得ており仰る通り、僕も島田紳介、池田大作 大嫌いです)

3 実は途中まで後藤さんの哲学に対して好感を持っていたのですが、FBIに山口組の情報を提供し、その見返りにアメリカで移植手術を受けた事を知ったとたん、この本を後藤さんが出版した意図、引退した理由がわかり興ざめしました。

いい事をいくら言っても、本人も認めている通りやはり「チンピラ」ですね。

ただし、読み物としてはおもしろく一気によめました。下手な小説を読むよりは知らない世界が垣間見え面白いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
263 人中、239人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 xyz 投稿日 2011/6/21
形式: 文庫
肝臓移植の順番に割り込んでそれを自慢気に話したり、無防備の一般人を襲撃したことを当たり前と平気で宣いながら
得度とは一体どこに接点があると言えるのか?敵に背中を向けるのは卑怯と著者は言うが無防備の人間を刃物で襲うなど
それ以下である。爽やかさのかけらも感じられない本である。順番待ちだった堅気の患者が哀れである。存命であることを
願っている。確か講談社にも似たような屑本があった。
追伸
「チンピラだった」と過去形ではなく「チンピラだ」と現在形で書くべきだな。徹頭徹尾人間の屑。ある意味凄い。
知り合いのフォリナーがヤクザと坊主は弱者にたかるといっていたが、こいつはそれを見事に体現している。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 WildHorse 投稿日 2013/6/15
形式: 文庫
 武闘派暴力団の組長が得度したというから、さぞかし反省しているのだろうと思いきや、自分がいかに立派な人間かという、酔っ払いのおっさんのような自慢話と説教話を延々と聞かされるだけだった。過去には悪いこともしたが懲役を勤め上げて全て清算済みだという理屈である。得度の理由は山口組を除籍処分となって自分の人生にけじめをつけたいからという意味不明なものである。得度した坊主と言うのがひどい極道者で背中に野村秋介と後藤忠政の入れ墨を彫っているらしい。呆れ果ててものも言えない。得度と言っても仏教の学習や修行をしたわけでもなく極道坊主が儀式を行っただけらしい。得度を渋る天台宗に対して「馬鹿野郎、ふざけたことを言ってるんじゃないぞ」などと悪態をつき仏道に帰依する気持ちなど微塵も表さないところがさすがである。後藤氏の仏道というのは慈善事業を行うことだそうだが、それらも売名行為としか映らない。こういう者を安易に得度する仏教界にも疑念を抱く。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
337 人中、302人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 小沢史人 投稿日 2010/5/17
形式: 単行本
過去の自分がやった暴力を笑いながら話すのはいかがなものか。
インタビューを編集した本なんですが、
とにかく後藤氏は笑いっぱなしです。
根っからのユーモリストなんでしょうが、
凶悪な犯罪と後藤氏の爆笑がミスマッチで恐ろしいです。

学生時代はカツアゲしまくったよ、ガハハハ
池田大作を脅迫したよ、ガハハハ
伊丹十三を処刑したよ、ガハハハ

という具合に笑いながら暴力を語ります。
とにかく暴力が好きです。
幼い頃、母親が亡くなったり、父親や兄から暴力を振るわれたり、
悲惨な少年時代を送りますが、
暴力に目覚め、兄を殴り、父親を殴ります。
そして、外でも暴力をしまくって暴力団になります。
全ての暴力を力強く肯定し、爆笑しながら話します。
反省とか微塵もないです。
なぜなら自分が悪い事をしたと思ってないから。
正当な理由で暴力を振るっているという自信が伝わってきます。
暴力団の思考回路がよく分かります。

こういうわけで、元暴力団組長が出家して僧侶になり
過去の暴力を反省、というような展開を期待してる人はビックリすると思います。
暴力団は自分の暴力を絶対に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック