¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
憑物語 がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

憑物語 単行本 – 2012/9/27


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 428


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

憑物語 + 暦物語 (講談社BOX) + 終物語 (上) (講談社BOX)
合計価格: ¥ 4,752

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容説明

“頼むからひと思いに――人思いにやってくれ” 少しずつ、だが確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を精算させられていく阿良々木暦。大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった“見過ごすことのできない”変化とは……。<物語>は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

内容(「BOOK」データベースより)

“頼むからひと思いに―人思いにやってくれ”少しずつ、だがしかし確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を清算させられていく阿良々木暦。大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった“見過ごすことのできない”変化とは…。「物語」は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる―これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春に、別れの言葉はつきものだ。

登録情報

  • 単行本: 292ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062838125
  • ISBN-13: 978-4062838122
  • 発売日: 2012/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (59件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 22,669位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


関連メディア


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

71 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ポロロッカ トップ1000レビュアー 投稿日 2012/9/29
形式: 単行本
シリーズ13冊目はファイナルシーズンの開始作.幕引きへの『序章』という様相が色濃く出た一冊です.

流れはよくも悪くもこれまで通り,雑談メインの前半からシリアスへ,そして最後はあっさり目.
ただ,今回の雑談は正直なところかなりしんどく,言葉遊びとは言いがたい屁理屈をこねる序盤は,
伏線があれこれ含まれているのは理解しつつも,あれほどまでに引っ張る必要があるのかが疑問です.
また,妹たちとのじゃれ合いは食傷で,メタトークもスベり気味,今さら感がある説明が目立つのも…?

とはいえ,それまでのヒロインたちと同じく,過去への代償を少年が求められるくだりには惹かれ,
大きな『縛り』を背負うことを決断し,そして向かおうとする先には,否が応でも気にさせられます.
何より,この『舞台』を仕組んだ存在への言及は,「いよいよ!」という高揚感と不安感が入り混じり,
あの男やあの少女,あの委員長,それとも別人が…と,様々な人物の姿が見え隠れするのもなかなかです.

サブタイトルの少女については,最後への扉を開くため,そしてそれを閉じるためのカギという印象.
ここ最近の作品と同様,『彼女の物語』ではないように感じましたが,結構,登場や活躍もありますし,
ラストを見る限
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
100 人中、73人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 pomme 投稿日 2012/9/30
形式: 単行本
全体的にテンポが悪いです。会話を楽しみながら徐々に読み進めるシリーズだとは分かっていても、それでもしんどい。妹たちとの会話は楽しめましたが、その前の目覚まし時計のくだりなんかは正直苦痛でした。
そして全体のテンポは悪いのに物語の本筋はあっという間に終わってしまいます。名前は伏せておきますが彼のバックグラウンドはもう少し掘り下げてほしかった。

辛口のレビューになってしまいましたが物語シリーズが好きな方なら読めば楽しめる作品であることは保障できます。ただ第一作の化物語や本シリーズの他作品と比較して、またライトノベルとしてはかなりお高い価格を考えると星は2つ程度になってしまうというのが自分の感想です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぷっちゃん 投稿日 2012/10/6
形式: 単行本
恋物語が気合はいってただけに、非常に残念。
たぶん書くことがない、あと二巻で一気に畳みたい。その準備でしかない感じ。
序章、はじめの数ページのうちにつまらないけど、難しい文章書いてみて、飽きたから本編みたいな・・・。
いつも通りといえばいつも通り、ただ茶を濁す相手に八九寺がいなくなってしまったのが痛恨。
あの稀有なキャラクター、様式美がなくなってしまたのが・・。いや本当はそんなもんないほうがいいんですけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 課金した一人 投稿日 2012/11/12
形式: 単行本 Amazonで購入
終盤は、ワクワクする物語でした。

前半、中盤は、どうしようもないほどつまらないです。

初めて、読まずにページを飛ばしました。

立ち読みできるなら、後半だけ読めば、いい本です。
10分もあれば読み終わります。

今回の作品は、残念です。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cham 投稿日 2013/1/27
形式: 単行本
目覚ましのくだりは、冗長でどうでもいい理屈を並べ立てたあげくがただ単に二度寝がしたかっただけであるという流れなので
むしろ退屈である事が効果的だったのではないかと解釈しました。
好意的に捉えすぎかもですが…。
全体的には大きな山は確かにないが、ラストへの橋渡し的な役割はしっかりしていると思う。
続巻を読んだ時に改めて評価が決まるかもしれませんね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
69 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カモノネギ 投稿日 2012/10/8
形式: 単行本
笑えない雑談は邪魔でしかないということがよくわかる一冊。
どのような思惑があるにせよ、退屈と感じさせた時点でそれはやはり無駄なもの。
本編にしても、能力に頼りすぎてそちら側に傾向するなんて、今さら珍しくもない話。
「するがモンキー」で、ほぼ同じようなもの(猿の手に頼りすぎた神原は…)があったはず。
それにエピローグ。恋人の一言がをそれまでをかっさらうなんて、つまりその程度の本編ということ。
結局、それっぽいことをだらだら引き延ばし、最後は適当に閉めるというここ最近の悪い流れの通り。
気がつけば残りの二冊から年内予定の文字が消え、代わりに悲痛伝が年内に。
ほかにも放置中の作品がいくつもあるのに、いったいどれだけ手を広げるつもりか。
ちゃんとしなくてはいけないのは作者のほうだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック