この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愛の調べは翡翠色 (ラズベリーブックス) 文庫 – 2009/1/10


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 61


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

高名な作曲家、ディラン・ムーアは事故の後遺症で常に耳鳴りがするようになり、音楽が作れなくなっていた。絶望し、思い出の劇場でピストルを構えたとき、ふいに音楽が聞こえた。ディランが目を上げると、そこにいたのはヴァイオリンで彼の作品を奏でる緑の瞳の美女。彼女はディランの自殺を止めると、名前も告げずに消えてしまった。彼女といるときにだけ再び作曲できると気づいたディランは謎の女性を探すことを決意するが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ガーク,ローラ・リー
サンタモニカ出身、両親が都会を離れることを決めたため、7歳でアイダホ州の片田舎に移り住む。ボイシ大学でビジネスの学位を取得。稼げるキャリアを追求してハリウッドでケータリング事業を展開していたが、30歳を機にアイダホに戻り執筆を開始した。これまでに13作のヒストリカルロマンスを発表、リタ賞ほか、数々の賞を獲得している

旦/紀子
東京生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 438ページ
  • 出版社: 竹書房 (2009/1/10)
  • ISBN-10: 4812437237
  • ISBN-13: 978-4812437230
  • 発売日: 2009/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 173,596位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リンダ・マクノート VINE メンバー 投稿日 2009/1/16
形式: 文庫
ヒーロー・ディランは作曲家で放蕩者。
落馬して頭を打って以来、金属音が常に脳内で鳴っているため絶望し、
自殺を図ろうとしますが、ヒロイン・グレースのバイオリンによって思いとどまります。
彼女のバイオリンを聴いている間だけは金属音が消えることに気づいたディランは、
グレースを5年もの間探し回りますが・・。

画家と駆け落ちしたグレースは5年後イギリスに戻ったものの、
生活手段が限られ貧困にあえいでいます。
楽団として参加したパーティでディランを見かけます。
命を救ってあげたというのに、耳にする噂は自堕落なものばかり。
芸術家にうんざりしていたグレースは、ディランに「女神ミューズだ」と囁かれても、
感じるのは恐怖ばかり、そこでディランは「娘の家庭教師として雇う」と提案します。

ディランとディランの娘との成長を目の当たりにするうちに、
いつしかグレースの心にこみあげてくる愛情。
原題「His Every Kiss」ギルティ罪悪感シリーズ第2作です。

放蕩者・音楽家としては優れているものの、
人間としては未熟なディランが、なんだか可愛らしかった。
切なさも甘さも足りませんが、物語としてよくできている
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ナホ 投稿日 2009/1/19
形式: 文庫
「愛のかけらは菫色」のヒーローの友人が今作のヒーローです。
偉大な作曲家で名声をほしいままにしていた彼には人には言えない悩みがありました。
それは事故の後遺症で、常に耳の中で金属音が鳴り響くという作曲家にとって致命的な悩み。
それ以後、作曲活動がまったく出来なくなった彼は自殺をはかるのですが、フッと聞こえてきたヴァイオリンの音に心を奪われます。
ヴァイオリンを弾いていたのは美しい女性。彼女といると耳鳴りも小さくなり、創作意欲がわいてくると確信したヒーローは、名前も告げずに立ち去った女性を探す事を決意。
そしてその決意から五年もの歳月が流れ、幻だったのかと諦めていた所で、ようやく彼女との再会がかないます。

最初のうちは、音楽家としてヒロインの存在を欲していた彼が、徐々に彼女の心を欲するようになる心情の変化や、過去の経験から「創作者」としての彼を受け入れられないヒロインの心境など、とても丁寧に書かれていて感情移入がしやすかったです。特に最後の切ない波乱は主役二人の心情を思うとホロリとくるものが。
音楽をテーマにした美しい雰囲気もまた素敵な作品でした。次回作も楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック