Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
愛するということ
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

愛するということ [単行本]

エーリッヒ・フロム , Erich Fromm , 鈴木 晶
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (58件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,363 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

愛するということ + 生きるということ + 自由からの逃走 新版
合計価格: ¥ 4,667

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

現代における愛の危機とは
「愛」について真剣に考えてみたい人におくる
フロムの代表作。
愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、愛こそが現実の社会の中で、より幸福に生きるための最高の技術である、とフロムはいう。
ところで私たち現代人は、愛に渇えつつも現実には、そのエネルギーの大半を、成功、威信、金、権力というような目標をいかにして手に入れるかかに費やし、愛する技術を学ぼうとはしない。
人間砂漠といわれる現代にあり、「愛」こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、世界的なベストセラーとして読み継がれている。

内容(「BOOK」データベースより)

人間砂漠といわれる現代にあり、〈愛〉こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラーの一つである。

登録情報

  • 単行本: 214ページ
  • 出版社: 紀伊國屋書店; 〔新訳版〕版 (1991/3/25)
  • ISBN-10: 4314005580
  • ISBN-13: 978-4314005586
  • 発売日: 1991/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (58件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 694位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
115 人中、109人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
この本の原書のタイトルを直訳すると、「愛の技術」。フロムは、愛が、たとえばパン作りのように、鍛錬によって身に付けるべき技術である、と説く。だから、他の技術と同様、理論が存在するし、継続的な努力と鍛錬が必要だし、逆に正しい理論に基づいて正しく継続的に鍛錬を積めば身に付けられるものだ、とする。
鈴木大拙とも親交のあったフロムは、現代人が愛する技術を鍛えるために真っ先にやることとして、「一人でじっとしていられること」を挙げているのが興味深い。
「愛することのできる対象」を追い求めてばかりいてはだめで、自分が「愛するに足る成熟した人間かどうか」を考えなければならないんですね。目が開かれる思いです。現代社会を生きる人すべてにお勧め。
このレビューは参考になりましたか?
77 人中、68人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 大人の愛 2011/8/6
形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み
素晴らしい対象に出会いさえすれば自然と愛が生まれ、永遠にその人を大切に思い、心変わりなどしないはずと信じている人は多い。
しかし著者は「愛するには技術と鍛錬が必要」という。
それはあたかも絵の練習のようだ。普段から描いていなければ、素晴らしい対象物を見つけても上手く書くことなどできるはずがない。
このことは私もなんとなく感じていたことだが、ここまですっきりと解説された書物を初めて読んで、確信を得た感じがした。

「正しく愛する」とは、相手に対する「配慮・責任・理解・尊敬」を持つこと。
成熟していない人間にはできないことだ。どうしても恋人に母性愛や父性愛を求めてしまうから。
恋人を子どものように愛したがる人も中にはいて、未熟な人とそういうどこか病んだ人とは上手くいくこともある。
それでいいと思っている人とは一生縁がないのだろう、私はそういう不健康な関係は幸せでもロマンティックでもないと思う。

真の大人は母性愛も父性愛も求めない。
母は何をしても許してくれるもの、父は悪いことをしたら叱り、よくできたら褒めるもの。
その両方を自分にしてあげられるようになったとき、人は大人になったといえる。
私は最近やっと大人になれた感じがする。
つまり正しく愛する
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
51 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By みか
形式:単行本
27歳の時に失恋をきっかけに、人を好きになるということはどういうことなんだろうと悩んでいた時に読んだ本です。

愛は技術である・・・読み出したときは、その言葉の意味が分かるような分からないような感覚でしたが、読みすすめる間に自分が相手を「好き」と思っている気持ちは、フロムが言う「愛すること」とは別ものであることに気づき、「好かれたい」だけの、自分勝手な恋愛に気づきました。

「愛すること」・・・フロムが言うそれは、たぶんまだ私には理解できていないと思いますが、この本を読んでからは、少なくとも以前の恋愛のしかたとはあきらかに違う自分になったのは確かです。

訳が堅く(と私は思います)文は読みにくいのですが、時間をかけ、じっくり考えながら愛について読み進めるには非常に良い本だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
104 人中、88人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
 「誰かに『あなたを愛している』と言うことが出来るなら、『あなたを通して、すべての人を、世界を、私自身を愛している』と言えるはずだ。」
 この言葉に衝撃を受けた6年前。
 当時の私にとってこの言葉は、自分自身を愛せずにいた自分の心を鋭くえぐる一言だった。
 私は愛というものを学ばなければならなかった。
 久しぶりにこの言葉に触れたとき、涙が溢れてきた。
 それは、6年前に流した悲しみの涙ではなかった。
 人と触れあうことを通じ、自分が様々なものとつながっており、自分が自分で自分の存在を受け入れ、愛せるようになったことを実感した。
 自分が今ここに在ることの奇蹟に流した涙。
 愛するということに対し、私は6年前よりは確かに成長しているのだろう。
 この本は、自分が愛に対しどれだけ技術を磨き、成長出来ているかを教えてくれる。
 自分の成長に応じて受けとめ方が変わるので、何度読んでも新鮮な気づきが得られる本だ。
このレビューは参考になりましたか?
30 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 愛について考えが変わる本 2007/3/14
形式:単行本
高校時代に学校から勧められたた本だったが当時が興味が湧かなかった。

しかし近年思う所あり、読み返して見たところ、非常に含蓄深い本だった。

”愛”という事について自分に取っては概念を覆すような目からウロコ本。

非常にいい本だと思う。

この本に書かれているような事を自然に当たり前の事として身につけ、実践している人も世の中には居るのだろうが、そういう人こそ”愛するという事”の達人なんだと思う。

この本のエッセンスから一つだけ、、。(以下ネタばれ)

昨今世の中で誤解されがちだが、”愛するということ”は”自分に合った愛の相手を見つけ、自然に愛に落ちる事”では無い。

自分の能動的な生き方から人を愛するという技術を身につけて行くという事なのである。

そして、人は”愛だけに能動的になる”事は出来ない。

つまりは、良く生きることこそ、良く愛することが出来る人間の大前提なのである。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 若い人にはとても良い本です。
若い人にはとても良い本です。愛とは何かがわかり、勉強になると思います。
投稿日: 18日前 投稿者: 新貝敏文
5つ星のうち 5.0 今までの人生で最良の本
激褒めのタイトルになってしまいましたが、本当に良かったです。
愛は自発的に起こるものじゃなく、活動なんだと思いました。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: かぶ
5つ星のうち 5.0 社会の中であと半歩進むために、中々難しい当たり前の事を分かりやすく説明してます。
人が生きる上で必要な事... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: やまぁ
5つ星のうち 5.0 愛するということ
愛について 愛されるということについて
考え深い内容で何度も読み返す一冊です。
投稿日: 1か月前 投稿者: クロ
5つ星のうち 3.0 技術としての「愛」
おそらく「愛」の何たるかを論じようとすればフロムの主張はかなり的を射ているだろう。しかし、非常ニヒリスティックな言い方をすれば、現代社会に生きる我々がフロムの言う... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: rorasaburou
5つ星のうち 3.0 欲しかった本だったので
中に書き込みなどがあったのですが、迅速に真摯に対応してくださったので、この評価とさせていただきます。
投稿日: 2か月前 投稿者: けろり
5つ星のうち 5.0 正真正銘の愛し方入門
愛について、また愛するということに

ついてここまで深く掘り下げ、分かりやすく書かれた本を... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 十満 光一
5つ星のうち 5.0 真実の愛と偽の愛。
愛には、良い意味の愛、よろしくない愛があり、

真実の愛は、能動的で、見返りのない無条件の愛だと言うこと。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: 甘えん坊将軍
5つ星のうち 3.0
忘れてました。ときどき読んで参考にしてます。・・・・・・・・
投稿日: 5か月前 投稿者: Michele
5つ星のうち 5.0 愛することが人生の全て
愛により心を満たす方法を教えてくれる名著です。多くの人は他者からの孤立を克服出来ないため、どうにもならない淋しさや無力感を覚えます。この孤立から逃れる唯一の方法は... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: toshi
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xb23b13a8)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック