通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中古品: 良い | 詳細
発売元 【皐月堂】
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版、帯なし、ページ・カバー共に使用感少なく良好です。書き込みなし。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

惜日(せきじつ)のアリス 単行本 – 2013/4/11


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 2013/4/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 296


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

惜日(せきじつ)のアリス + 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
合計価格: ¥ 3,456

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新たなる「家族」と「性」の物語の誕生―。十五年後―左腕と右目を失った過去の恋人は、再び私の前に現れた。私にはその時、すでにナルナがいた。

著者について

1984年生まれ。早稲田大学法学部卒業。文芸批評家。ミニコミ誌『BLACK PAST』責任編集。

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2013/4/11)
  • ISBN-10: 4309021794
  • ISBN-13: 978-4309021799
  • 発売日: 2013/4/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 411,113位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


関連メディア


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yatika 投稿日 2013/4/28
感傷的で、理想主義的、そしてなにより、切実な作品だ。
デビュー作。荒削りだし、上手くはないかもしれない。
しかし、このリリシズムは、確かにかつて、私たちが馴染んでいたものだ。

無数のティーネイジャーたちが書き綴ってきた、忘れられたテキストに宿る詩情。
90年代〜2000年代初頭の、オルタナティブで徒花めいた感性。
つながりへの渇望、文学への熱意。
それらをまっこうから書いた勇気に、まずは称賛をおくりたい。

ときに砕ける文体、村上春樹の影響、"中二病"っぽさ、、
合わない人もいるだろう。だが、最近の小説はつまらない、軽いものばかりだ、
そんな風に感じる人こそ、応援するべき小説ではないだろうか。

なぜなら、この著者は、本当はまったく純文学的な書き手であり、
その批評的精神から、この文体と形態を選択しているからである。
閉じられ洗練されていくばかりの現代文学群よりも、
このように"外へ"そして"先へ"開いていこうという試みの方が、ずっと小説的ではないか?
私はそう思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 フチコマ 投稿日 2013/4/18
Amazonで購入
文芸批評家、坂上秋成氏の商業初単行本。小説。ん? なぜ小説なのだろうかと首をかしげつつ、読んでみました。しかし、どうにも感想を抱きにくい小説でした。

本書の帯には大きく「新たなる「家族」と「性」の物語の誕生」と宣伝文句が書かれています。

確かに、「家族」と「性」を取り扱っているなということくらいは読めば誰でもすぐ分かります。異性愛だけを扱った物語ではないという意味では新鮮味がありますが、そうかといって松浦理英子のような鋭さは持っていない。そこに子どもを持ってきたところが少し新しいと言えるでしょうか(それこそ「クォンタム・ファミリーズ」があるわけですが)。「新たなる」というほどの何があったのか、まだよく消化しきれていません。

それよりも、一読してすぐに気付くことは、この小説は小説についての小説であるということです。主人公は小説(のようなもの)を書いており、ある登場人物は「芸術」について語り、そして二人は語り合います。それはお互いが理解しあうための語りではないかも知れないけれども。なぜ書くのか。誰かに届けようとするのか。その意識は本書の通底をなします。そのあたりは、うがった見方をすれば文芸批評家の本領発揮という感があります。

また、そのようにして物語だけに捕らわれないということを示すかのように、本書
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 トトス 投稿日 2013/5/5
4時間ほどで読みおわった。

物語は60ページから始まる。

100ページから引き込まれて、160ページから読み進める手を止められなくなった。

この物語に出てくる人たちは、色んな家族を持っている。

特殊な関係ではあるけど、悩みや思うことはみんな同じなんだよね。

彼女らの空白の期間に何があったのかはわからないが、過去と現在、点と点は意外と早く結びつく。

物語の展開にも置いてけぼりは食わない。

なんというか、こういう家族いいなって思える話だった。

著者が家庭を持った時、どんな物語を語るのか楽しみです。

娘っていいなあ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック