Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Amazon Kindleでは、 悪魔の辞典 (角川文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪魔の辞典 (角川文庫) 文庫 – 1975/4

16件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 角川書店 (1975/04)
  • ISBN-10: 4042364012
  • ISBN-13: 978-4042364016
  • 発売日: 1975/04
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 189,312位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

43 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 小松凛。 投稿日 2002/6/5
形式: 文庫
皮肉の固まりな内容で、これで英単語を学んでしまうと大変なことになります。
こういうユーモアのセンスは、やはり真似できません。
電車の中で読むと、吹き出したりにやにやしてしまったりするので、静かに喫茶店や自宅で読むことをお勧めします。
好きな人とのデート前には置いて行きましょう。タイトルがタイトルですし、表紙も何かの魔術書だと思われる可能性があります。
ただし、相手のユーモアのセンスを熟知しており、相手があなたに対し情熱を持っている場合は別です。是非、相手にもこの本を貸してあげましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 榎戸 誠 トップ500レビュアー 投稿日 2012/9/4
形式: 文庫
幸福とは、他人の不幸を見ているうちに沸き起こる快い気分・――諷刺と皮肉の利いたユニークな警句集『悪魔の辞典』(アンブローズ・ビアス著、奥田俊介、倉本 護、猪狩 博訳、角川文庫)の一節である。

「希望とは、欲望と期待とが丸められて一つになったもの」、「悩みとは、友人の成功をまざまざと見せつけられるのが原因で罹る疾患」、「忍耐とは、美徳を装った絶望の小っちゃなもの」、「自惚れとは、間違っている評価」、「平和とは、国際関係で、戦争と戦争との間の騙し合いの期間」、「外交手腕とは、自国のために虚偽を申し立てる愛国的術策」、「小説とは、引き伸ばされた短編小説」、「警句とは、普通は他人のものを引用し、滅多に人の注意を惹くことのない鋭く賢い言葉」など、思わず頷いてしまう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紅兵 投稿日 2003/10/7
形式: 文庫
読売新聞の社説欄にも本文がよく引用される本書。
たしかに政治家を皮肉るには最適な、アビス独特の解釈の単語がずらり。
パラパラと読むだけでも、そうくるか! とスパイスの効いたセンスにニヤリ。
ただ得意がって友人や恋人に使うと、ドギツイ性格だと思われそう。
密かに楽しむのが無難だろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紫陽花 投稿日 2010/10/26
形式: 文庫
小説や新聞などで引用される本書中の語句の解釈にほくそ笑んだ経験は数多くあるが、飽くまで断片的で、全体を通して読むのは初めてだった。やはり面白い。しかし、シニカルとか諧謔味があるとかの印象は作者の本意ではなく、分別と機知が持ち味と"まえがき"にある。単に気が利いているのではなく、理知と深い洞察力に支えられた辞典である事が窺える。広範な知識にも驚かされる。

単語の種類にも色々あるが、やはり人間関係を扱ったものが一番面白い。「Acquaintance」、「Admiration」、「Expostulation」、「Friendship」、「Hostility」、「Intimacy」、「Neighbor」など。よくもこうした見方が出来ると感心する。解釈が2行以内に纏まっている物が出来も良いと感じた。長めの場合でも、解釈中で引用される詩には味がある。一方、特定の団体や主義・宗教・政治などに関するものは、やや説明的に過ぎるように思えた。ただし、「Impiety」は現代にも突き刺さる。その中間に、「Destiny」、「Happiness」、「Imagination」、「Misfortune」、「Nonsense」、「Ugliness」などの概念的な単語があり、この解釈も捻りが利いているものが多い。概して女性に厳しいようだ。

今回は冒頭から順に読んだが、気
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミーミルの泉 投稿日 2005/11/6
形式: 文庫
たまに誤解されている場合があるようですが、本書『悪魔の辞典』は悪魔とタイトルにありますけど、いわゆるオカルトの妖しい本ではありません。じゃあ辞典と言っているからには辞典なのか、というと……一応は辞典形式で、取り上げた単語について「皮肉な」解説がされています。
とにかく読んで面白い作品です。皮肉の切れがすごいです。どうしてそんな発想が出てくるのか、牽強付会した見方をすればそう表現できるのか、と感心するばかりです。
書かれている皮肉の中には、著者ビアスが生きた時代の実在特定人物を表現しているものもあるようです。ただその皮肉が現代日本人でもそれなりにニヤリとできてしまうというのは……時代や場所を問わず人間というものの姿はそう大きく違わないということなんでしょうか?
文庫本として普通の厚さの本ですが、もっともっとたくさんの項目の皮肉を読んでみたいくらいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 babel 投稿日 2010/9/5
形式: 文庫
新聞記者だったビアスが記した主に政治や日常生活に関わる言葉を風刺たっぷりに解説した辞典ですが、
その内容は世の中で価値や権威があると思われる物をことごとく皮肉り、世の中をまっすぐに捉えるなど子供の
戯言かと思わせるようなインパクトがあります。

読み勧めていくうちに不適な笑みがこぼれ、タイトル宜しく魂が悪魔化していくような、他人を平気であざ笑えるような
奇妙な魅惑に取り付かれていく危険な書物です。

周囲の人に同じ具合で接すれば、人でなしとか緑の血が流れているという評判を得ること請け合いですが、
こうした風刺や皮肉の精神というのはうまく使えば逆に人間味が増してみえるという非常に微妙な代物であるのも事実です。

使うには高いセンスが要求され、失敗した時のリスクも大きいですが、うまくユーモアを織り交ぜてクールな大人を
演出できれば人生もよりいっそう面白くなるのではと思わされました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック