Amazon Kindleでは、 悪童日記 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 悪童日記 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

悪童日記 (ハヤカワepi文庫) [文庫]

アゴタ クリストフ , Agota Kristof , 堀 茂樹
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (77件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 713 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 550  
単行本 --  
文庫 ¥ 713  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

悪童日記 (ハヤカワepi文庫) + 第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)
合計価格: ¥ 1,426

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

商品説明

ハンガリー生まれのアゴタ・クリストフは幼少期を第二次大戦の戦禍の中で過ごし、1956年には社会主義国家となった母国を捨てて西側に亡命している。生い立ちがヨーロッパ現代史そのものを体現している女性である。彼女の処女小説である本作品も、ひとまずは東欧の現代史に照らして読めるが、全体のテイストは歴史小説というよりはむしろエンターテインメント性の強い「寓話」に近い。
そもそもこの小説には人名や地名はおろか、固有名詞はいっさい登場しない。語り手は双子の兄弟「ぼくら」である。戦禍を逃れ、祖母に預けられた「ぼくら」は、孤立無援の状況の中で、生き抜くための術を一から習得し、独学で教育を身につけ、そして目に映った事実のみを「日記」に記していく。彼等の壮絶なサバイバル日記がこの小説なのである。肉親の死に直面しても動じることなく、時には殺人をも犯すこの兄弟はまさに怪物であるが、少年から「少年らしさ」の一切を削ぎ落とすことで、作者は極めて純度の高い人間性のエッセンスを抽出することに成功している。彼らの目を通して、余計な情報を極力排し、朴訥(ぼくとつ)な言葉で書かれた描写は、戦争のもたらす狂気の本質を強く露呈する。
凝りに凝ったスタイル、それでいて読みやすく、先の見えない展開、さらに奥底にはヨーロッパの歴史の重みをうかがわせる、と実に多彩な悦びを与えてくれる作品である。続編の『証拠』『第三の嘘』も本作に劣らない傑作である。(三木秀則)

内容(「BOOK」データベースより)

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

登録情報

  • 文庫: 301ページ
  • 出版社: 早川書房 (2001/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151200029
  • ISBN-13: 978-4151200021
  • 発売日: 2001/05
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (77件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 2,023位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
52 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 いやいやぁ、びっくりしました 2011/8/10
投稿者 たつなり トップ1000レビュアー
形式:文庫
なんにも知らずに、本屋さんにたくさんあって、それで読みました。
そういえば、この本よく見るよね、くらいの認識でした。

そういう予備知識を与えられないままに読めて幸せでした。

切り詰めた短文が重ねられ、文庫本で3,4ページのいわば寸劇のような
掌編小説のようなものがずっと並べられて一冊の本になっているのですが、
途中に、現れる、主人公二人のこの「日記」に対する姿勢・語りに
少年に似合わぬ精緻さを感じて圧倒され、事実を客観的に書く姿勢が
そこで示されます。
これから読まれる方のために、中身について書きたくない本ですが、
その姿勢で綴られる数々の出来事は、陰惨とか悲惨とか過酷とか、
そういう抽象的な言葉になるのですが、もちろんそんな言葉は使われません。

あくまでも少年の見た世界とそれについての語りだけで作られる本に、
読後は圧倒されます。

何も知らずに読んだだけに、これからまだまだこの人の本が読めるんだ!
と久々にうれしく思ったのですが、何と2011年7月27日に亡くなったのですね。
3部作といわれる、ふたりの証拠、第三の嘘を早速買いました。
全作品を読みたいと思う作家に出会えました。
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 生きる、ということ 2010/4/3
投稿者 逆さメガネ
形式:文庫
『悪童日記』は読みやすい。だが、刺激にみちている。
 文章は、短文の積み重ねで簡潔であり、各章は、文庫本で数ページ以下と極めて短く、子供の日記を思わせる。
 作品の時代は第二次世界大戦末期、舞台はナチス支配下の東欧の田舎町と推定される。
十歳にも満たない双子の兄弟「ぼくら」が都会の爆撃を逃れて、田舎のおばあちゃんの下に疎開する。けちで不潔、粗暴なおばあちゃんとの生活が、「ぼくら」を、抜け目のない、したたかな人間に成長させる。
 この作品には、おばあちゃんの半生記の趣もあり、「ぼくら」とおばあちゃんの関係が変わっていくさまは読みごたえがある。
 この世界には、善意もあれば、悪意もある。優しさも残酷さもある。飢えから、社会体制まで、そこで現実に息をしているものの眼で、彼らの生が描かれる。万引き、脅迫から殺人まで犯罪には事欠かない。戦時下の生活が、タブーなく映し出される。寡聞にして、日本の前大戦の戦時下の生活を描いて、この作品に比肩する作品を知らない。
 ためらいなく暴力が振るわれる過酷な環境の下で、「ぼくら」はどのような生活を送ったか?

「ぼくら、けっして遊ばないんだ」
「そんならあんたたち、一日中何しているの?」
「仕事をするのさ。勉強をするのさ」―― ぼくらの隣人とその娘
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
36 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 びっくりしました 2007/3/24
投稿者 hiraku
形式:単行本
簡潔な文体。簡潔な章立。衝撃的な結末。本書読了後の正直な感想は「びっくりした」です。主人公の双子の少年達は大人たちの行動を冷静な目で見つめている。その冷静な目は怒り、悲しみ、憎しみ、異常さ、死を問わず、いつも変わることのない目線である。自分達を鍛え上げ、自分達で生きる術を身に付け、成長していく。そして衝撃のラスト。

気分を害する読者もいるかもしれませんが、現実とはこんなものなんですね。美化したり、言葉で誤魔化したりする場面が、生きていると一杯ありますが、事実を書き連ねると本書のようになってしまうんですね。そして我々はその現実を見つめる「練習」をしないと、ちょっと気を許すと「お花畑の住人」になってしまう危機があることを理解しなければなりません。本書はその練習にもってこいです。現実から目を離してはいけないことを、我々に強烈に教えてくれます。
このレビューは参考になりましたか?
45 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 深く残る作品です。 2006/1/24
投稿者 もしゅら
形式:単行本
私が『悪童日記』を初めて読んだのは小6の時。

あまりの衝撃に、2晩ほどずっとこの本の事を考えていました。

戦争の中、淡々と語る何のモザイクのない「ぼくら」が見た世界。

その中で生き延びるための術。

読み終わったとき、何かが心に残りました。

今でも読み返す事が度々あります。

読んで良かったと思うと同時に、この本を買ってきた姉には本当に感謝してます。

読まなきゃ損。といっても個人的には過言ではありません。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 「超人」的なコドモのobjective document
主観的解釈や道徳的価値判断、情緒を交えず、ひたすらストイックに剥き出しの事実のみを淡々と記述する文体で、ある意味歴史書に似ている。... 続きを読む
投稿日: 5日前 投稿者: Milky Way
5つ星のうち 4.0 ギュンター・グラス(ブリキの太鼓)のような視点
ギュンター・グラス(ブリキの太鼓)のような視点。亡命後に覚えたフランス語で綴った小説故に無駄な表現のない記述がストレートに伝わってくる。
投稿日: 2か月前 投稿者: Nadja
5つ星のうち 3.0 三部作であること
この本は話題になった本
でも、実は三部作の一作目。
しかも、この三部作は単純に1→2→3ではないらしい。... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: アマゾンのライダー
5つ星のうち 5.0 別次元
「本」というものの無限の可能性を感じさせる衝撃の一冊。「本を読むこと」に対する価値観や姿勢までグラつかせる。
投稿日: 13か月前 投稿者: 北海がに茹でんの謎
5つ星のうち 5.0 私が今まで出会ったことのない作家、そして、その不思議な小説
読み応えのある本を読んだときは、印象が新鮮なうちに書評を記し、気に入った表現などをノートに抜き書きするのが私の流儀であるが、読み終わってから2年間も書評を書けなか... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: 榎戸 誠
5つ星のうち 5.0 強かさ
双子の少年が二人、日々を強かに生きていく。
その様は凶悪ともとれるが、そこには強さを見出せる。
様々な出来事を糧ととれる強かさ。... 続きを読む
投稿日: 19か月前 投稿者: カマンベール
5つ星のうち 5.0 人間を描いている
エンターテイメントとして読み終わった後に、
戦争を経験した筆者による作品だと言うことをどうしても意識してしまう。
投稿日: 20か月前 投稿者: バチ
5つ星のうち 5.0 少年が悪漢のピカレスク小説
私たちは、本書『悪童日記』の作者アゴタ・クリストフが戦中世代であり、1956年のハンガリー動乱の難民だった事実に注目する。『悪童日記』は、戦乱の時代に翻弄される犠... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: Tabito jr.
5つ星のうち 4.0 淡々と
とにかく、生々しい。一つ一つの出来事がとにかく、淡々として、生々しい。生きることの意味を考えさせられたし、食べることや寝ること、そして、欲することすべての意味をと... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: RMP
5つ星のうち 4.0 面白い!
面白いです。
文字数も少なく、読み易い作品です。
短い割に色々な事がおこり、読み応えはあります。... 続きを読む
投稿日: 2012/8/19 投稿者: りばさき
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック