¥ 1,296
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
悪ノ娘&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート 単行本(ソフトカバー) – 2011/2/24


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート + 悪ノ娘 黄のクロアテュール + 悪ノ娘 赤のプラエルディウム
合計価格: ¥ 3,888

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

国民のほとんどが緑の髪を持つ、“緑の国”エルフェゴート。白い髪の少女・クラリスは孤独を胸に抱えていた。「誰でもいい、私の『友達』になってほしい―」ある日、クラリスは森で美しい緑の髪を持つ少女・ミカエラと出会う。この時から二人の少女の運命の歯車は回り始めた―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

悪ノP(mothy)
VOCALOIDを使用した楽曲制作を手がけるプロデューサー。2008年2月28日に『10の恋』をニコニコ動画に投稿しデビュー。出世作となった『悪ノ娘』『悪ノ召使』はともに150万回以上再生されている。2010年に自身の楽曲『悪ノ娘』『悪ノ召使』を基にした小説『悪ノ娘~黄のクロアテュール~』にて小説家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 268ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2011/2/24)
  • ISBN-10: 4569794572
  • ISBN-13: 978-4569794570
  • 発売日: 2011/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 149,693位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 江戸ノ川 コナソ 投稿日 2011/3/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
僕は前作を読んでからの今作 緑のヴィーゲンリート だったので、あまり期待してませんでした。前作はなぜこの人はこうなったのか、こうしたのかなどの理由がなく、Amazonでの評価もよくありませんでした。 しかしそれは今作への布石で、今作 緑のヴィーゲンリート では、わからなかったことほとんどが明らかになって、とても感動しました。 文章力の低さをカバーするだけのストーリーをもってると思います。 ただ、目次ノ前に登場人物紹介のページが欲しかった。 僕は作者の意図通りに第一作から読んでほしいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リリアンヌ 投稿日 2011/4/28
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この悪ノ娘 緑のヴィーゲンリートは、悪ノ娘 黄のクロアテュールに続いての話で、悪ノ娘 黄のクロアテュールの裏のような物が書き込まれています。
実は、この『剣』は、こんな物だったとか、この『とてもすごいねぎ』は、実はコレに使うものだったとか、真実が書かれている本です。
まずは、悪ノ娘 黄のクロアテュールを購入してから、この悪ノ娘 緑のヴィーゲンリートを購入するほうがオススメです。
悪ノ娘や悪ノ召使、リグレットメッセージなどの曲が好きな人にはオススメです。
購入してガッカリすることは、ありません。
思い切って購入しましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ataku 投稿日 2012/3/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他のレビュアーの方々が書かれているとおり、この巻は『白ノ娘』『リグレットメッセージ』がノベライズされたものです。
動画や歌とはまた違った面白さがあり、先が知りたい先が知りたいとどんどん読み進める事が出来ました。

この間の後に『赤のプラエルティウム』という巻が続いており、本巻ではそれに通じる謎が置かれています。

ですが、私個人の感想としてはこの巻で終わって欲しかったです。
というのも『緑のヴィーゲンリート』のラストは読者に心地良い余韻をたっぷり残してくれます。
謎なんて置かないでこの巻で完結して欲しかったというのが私の本音です。

ただし、『緑のヴィーゲンリート』自体はとてもよかったので、満点です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 烏龍茶 投稿日 2012/4/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
ボカロのCDは少し聞いてますが、『悪ノ娘』とそのシリーズは聞いた事がありません。おまけにこの本から最初に読み始めました。何の予備知識も無い者が手に取っても、読み応えのある本でした。ミカエラ(ミク)とクラリス(ハク)の互いに寄せる純粋な想いにグッと来ました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しばいぬらんちゃん 投稿日 2011/3/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
表紙、挿絵も初回限定盤の小冊子も、内容も前回からパワーアップしてて買ってよかったなぁと満足しました。(私は普段小説を読まないほうなので文学的作品やライトノベルなどよく読んでる方にはどうかわかりませんですが…)
ただ他の方が言われたように『一部の方』には女性と女性の恋『百合的』だと思われる表現、描写があったので苦手な方は購入を控えたほうが良いかもしれません。(挿絵目当ての方は別ですが…)
個人的に黄のクロアテュールでメインに描かれてた『リリアンヌ』のその後の話も最後にほんの少しだけ書かれてて嬉しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Wisteria 投稿日 2011/3/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
前作に引き続き、一気に読んでしまいました。
こんなにも誰かを大切に思える登場人物に感動しました。
と言う訳で百合っぽい表現は、全然問題ないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 水蘭 投稿日 2011/3/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
結論として、「緑のヴィーゲンリート」を先に読み、その後前作の「黄のクロアテュール」を読み進めた方が物語の進行が判りやすいかもしれないです。

前作は、あまりにとんとんと話が進んでいるため、詳しく書かれていないのです。(ミカエラとカイルの間に何があり、いきなりミカエラ死んでるし等)、けれど、緑のヴィーゲンリートにはそれらを詳しく執筆されています。(クラリスとミカエラの話なので赤き女剣士の話は出てきません。別にまた、本を発売するらしいです。)

ですので、こちらのヴィーゲンリートを先に読むことをオススメしたいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボカロ大好き青年 投稿日 2011/2/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
まだ前作を読んでいないにも関わらずスラスラと読めました
ただ悪ノPの白ノ娘と悪ノ娘を聞いたことが無いとわかりにくいかと
珍しいストーリー性のある曲を物語にしたものなので引っ掛かる点も無かったです
金額的には少し高いかなと思います
挿絵もとても綺麗ですが人物の名前が全て片仮名表記で混乱するかもしれません
ストーリー、挿絵、構成が全て良く感じたので5★にしました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック