Amazon買取
最高買取価格

¥ 874
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

悪の教典 -序章- [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 3,694より 中古品の出品:10¥ 1,200より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオ悪の教典を今すぐ観る ¥ 400 より


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 伊藤英明, 中越典子, 岩松了, 高杉亘, 高岡早紀
  • 監督: 野本史生
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・ピクチャーズ
  • DVD発売日: 2012/10/19
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3  レビューをすべて見る (140件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B008UJ926Q
  • EAN: 4988104073778
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 33,327位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

映画「悪の教典」大ヒット公開中!



「このミステリーがすごい! 」第1位! 「週刊文春ミステリーベスト10」第1位!
禁断のベストセラー小説「悪の教典」を映画×BeeTVが衝撃の映像化

映画「悪の教典」に対となるBeeTV史上最大の問題作がDVDリリース!
伊藤英明×三池崇史、映画版スタッフが総力を結集して放つ“もう一つの悪の教典"!


【キャスト】
伊藤英明
中越典子 岩松了 高杉亘 / 高岡早紀 / 吹越満

【スタッフ】
原作:貴志祐介「悪の教典」(文春文庫 刊)
監修:三池崇史 監督:野本史生 脚本:渡辺千穂 音楽:遠藤浩二
製作プロダクション:東宝 東宝映画 OLM 製作・著作:BeeTV

【ストーリー】
蓮実聖司(伊藤英明)は、ニューヨーク・ウォール街の名門投資銀行に勤務し、戦争のような毎日を送っていた。
順風満帆だった蓮実は、ある日突然、会社を辞め、日本に帰国。
蓮実が新たに選んだ道──それは、高校教師だった。

蓮実が赴任したのは、生徒にも教師にも問題だらけのとある私立高校。そんな中で蓮実は、授業も面白く、頼りがいのある先生として、いつの間にか「ハスミン」とあだ名で呼ばれるほどに生徒から親しまれていった。そして次々と、あざやかに問題を解決していく蓮実は、職員やPTAからの信頼も獲得していく。蓮実は、まさに「教師の鑑」だった。

新任スクールカウンセラーの水落聡子(中越典子)は、事あるごとに、蓮実に助けられていた。カウンセリングにも理解のある蓮実に、次第に惹かれていく聡子。そんな聡子の様子に、養護教諭の田浦潤子(高岡早紀)は気づく──

一方、「ゾンビ」と蔑まれて学園中から嫌われる教師・釣井正信(吹越満)は、聡子に対し、意味深なメッセージを送る。「蓮実は危険だ」と──

聡子は、蓮実の力を借りつつ、学園の諸問題に立ち向かう。だが、いつの間にか彼女の身にも危険が差し迫っていた。そして聡子が辿り着いた、驚愕の真実とは――! ?

──2012年の映画界最大の衝撃作「悪の教典」と並ぶ“もうひとつの悪の教典"。

【特典映像】
■「悪の教典 -序章-」メイキング

■「悪の教典 -序章-」BeeTV予告編

■映画「悪の教典」プロモーション映像

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

貴志祐介のベストセラー小説を三池崇史監督、伊藤英明主演で映画化した『悪の教典』のスピンオフ。映画版より少し前の世界。スクールカウンセラーの水落聡子が学園の闇を追う。全4話を収録。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

155 人中、125人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 aa 投稿日 2013/5/26
形式: DVD
映画の本編は面白く素晴らしいと思うのですが、EXILEのエンディングはどう考えても、この作品の価値を下げてしまっていると自分は感じます。
全然合ってないし、むしろ浮いてます。
ここまでの作品を作る三池監督が好んでこのエンディングにしたとは思えません。 
大人の事情と言うヤツなんでしょうか?
だけども映画は最初から最後まですべてが作品だと思うのです!
エンディングも作っているプロの側が手を抜けば、観客だってお金を払って見るプロなのですから、そんな大人の事情小細工は一瞬に見透かされます!
この映画がとても大好きなので、どうしても怒れてしまいます!
本編は五つ星ですが、エンディングが間違ってるとの思いで星2です。
監督の意思にそったエンディングでの再販を望みます。
もし監督がこのエンディングに満足していれば話は別ですが、それはそれで悲しいなぁ。
5 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
65 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アイスマン 投稿日 2013/7/30
形式: DVD
この作品は原作の持つテイストを出来るだけ丁寧に拾い上げ昇華しようとしているのが非常によく分かる作りになっています。学校の影の支配者・釣井のエピソードや中学時代の石田 憂実のエピソードなど尺の都合でどうしても切り捨てざるを得なかった話はあるもののそれ以外はとにかく原作に忠実に作ろうとしており、それ故に非常に濃い内容になっています。

しかし、その濃さ故に原作未読の人間に非常に分かりにくい部分も生じてしまっており、脚本にかなり無理がある状態になっているのが残念なところです。例えていうなら、年末にやっているその年の大河ドラマの総集編によく似た感じと言えば分かりやすいでしょうか?

何より、原作を大切にしていながら致命的な部分で原作の解釈を誤っており、それ故にチグハグな印象を抱かざるを得なくなっているのが問題です。

まず主人公の蓮見はサイコパスですが、サイコパス=殺人鬼ではないにも関わらず、映画では蚊を殺すくらいの気軽さでどんどん人を殺す人間(まぁラストの殺戮シーンだけ見れば確かにそうなんですが…)として描かれているところ。

原作での蓮見は生まれついての共感欠如の為、感情というものが無く、それ故に怯えや躊躇という感情に邪魔されず常に最適最速で障害を排除する人間として描かれています。もちろん、殺人にも全く躊躇
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 オレ=タティーノ 投稿日 2014/9/25
形式: DVD Amazonで購入
原作既読組です。
限られた時間で、何人ものキャラクターの説明とストーリー展開、よくまとまっていたと思います。
原作の映像化をダイジェストで観ている気分でしたが(笑)
生徒さん達の演技にも、光るものを感じました。
特に染谷君、彼の実力はすごいですよ。

褒めるだけでは何なので、以下に気になった点を
・あゆみ殺害シーン
蓮実が惨劇の夜を起こすきっかけになる、非常に重要なシーンです。
原作では窒息でじわじわと殺していくと同時に、蓮実自身の精神もじわじわと追い詰められていきます。
ここをどう表現するかが、監督の腕の見せ所だと思うのに、あっさり瞬殺。
蓮実はここまで突発的なキャラだったのでしょうか?

・AEDが偶然
蓮実逮捕に繋がる非常に重要なアイテム・AEDが偶然作動。
原作は生徒達が自主的に作動したのだからこそ意味があったのに、これでは台無しです。

・雅彦殺害シーン
今まで生徒を見つけ次第瞬殺していた蓮実が、何故か雅彦にだけは犯行をペラッペラ自供。
正直違和感を感じました。蓮実に立ち向かう雅彦を撮りたかったのでしょうが、それなら原作通りの展開にしてほしかったです。

少なくとも
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おーがニック 投稿日 2014/6/30
形式: DVD
率直な意見を言うととてもおもしろかった。私は事前知識0でこの映画をみたので映画序盤では、主演伊藤英明が表面上は誰からも好印象を受けるような先生を演じながらも実は裏の顔があったという程度の話だと思っていた・・・・

がなんと実はサイコキラー役!

生徒達をなんのためらいもなく殺していきついには生徒全員を撃ち殺していくというとんでもな内容。ただ前半は人間の表裏というものがうまく描かれており、後半は伊藤英明が生徒を撃ち殺していくというまさに非現実的な世界を楽しめ、今時の映画という感じではあるが私的には良くできているなぁと感じた。
最後に批判的な意見を付け足すとするなら生徒たちが皆あっさり殺され、それぞれのキャラクターを生かしきれてないようなきがすること(無線部の顧問の先生しかり)。また私は原作を見ずに事前知識もなく本作をみたので楽しめたという部分も大きいと思う。
やっぱり映画を見るならなんの情報もいれずに見るのが一番だとあらためて感じた作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック