Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
悪い種&... がカートに入りました
数量:1

買取サービス
最高買取価格

¥ 520
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,200
通常配送無料 詳細
発売元: 森之丘 ZAKKA&BOOKS
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 悪い種子 [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

悪い種子 [DVD]

11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,218
価格: ¥ 1,673 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,545 (48%)
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,673より 中古品の出品:5¥ 1,333より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

『MADMAX 怒りのデスロード』が予約開始
Amazon.co.jp限定版をチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 悪い種子 [DVD]
  • +
  • 悪を呼ぶ少年 [DVD]
  • +
  • マドモアゼル [DVD]
総額: ¥5,590
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ナンシー・ケリー, パティ・マコーマック, ウィリアム・ホッパー
  • 監督: マービン・ルロイ
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2004/10/15
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0002QY102
  • EAN: 4988135549204
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,829位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

商品の説明

内容紹介

8歳の子供が殺人を犯す衝撃的な舞台劇を巨匠マービン・ルロイが映像化!悪い種子(たね) = 悪の遺伝子からは逃れる事が出来ないのか?
【映像特典】
Enfamt Terrible: Conversation w / Patty McCormack
【音声特典】
音声解説収録
《製作・監督》 マービン・ルロイ
《原作戯曲》 ウィリアム・マーチ
《脚色》 ジョン・リー・メイン
《出演》 ナンシー・ケリー、パティ・マコーマック

内容(「Oricon」データベースより)

娘・ローダの学校で、ピクニックの最中に一人の少年が溺死した。事故だと思っていた少年の死だったが、額に打傷があったことや直前にローダが一緒にいたことが明らかになったことから、母・クリスティーンはローダを疑い始める。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 さんそ 投稿日 2009/11/19
主人公は見事にサイコパスを演じている。まさに天才的。サイコパスとは、慢性的うそつき、爆発気質、当意即妙にたけ一見魅力的だが冷淡で共感力がない、良心がなく自己中心的などが特徴な反社会的人格障害のこと。原因が脳の遺伝性機能障害がわかってきたのは比較的最近のこと。しかし、この作品は50年も前にこのことを指摘している。単なる映像的な脅しを多用する低級映画ではない。犯罪心理学を真面目に取り組み、とてもリアル。だから怖い。作品に引き込まれ、2時間がとても短く感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 £±± トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/8
Amazonで購入
 と言う惹句が巻末に添えられていますが、今観ると実は結末が一番当時の世相に合わせて付け加えた妥協の産物に見えます。
 それを除けば子供のサイコパスをハリウッドで主役に据えたエポック・メイキング的作品で、実に面白いです。

 元が舞台劇ですので、派手な展開は有りませんが、その分達者な演技陣(殆ど舞台のメンバーをそのまま)をじっくりと楽しめます。
 今観ると、サイコパスを家族に持ってしまった肉親の苦しみを描いた映画としても嚆矢かもしれません。
 それだけに最後に付け加えられた観客に阿るシークェンスが惜しいので(行動が大胆に成り過ぎて自滅するサイコパスらしさとも言えますが)、存命であればこれこそディレクターズ・カットが観たかったと残念でありません。

 映像特典では2004年当時のパトリシア・マコーミックが当時を振り返るインタビューが一番興味深かったです。
6 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 WARP VINE メンバー 投稿日 2004/9/7
Amazonで購入
タイトルだけみると「光る眼」等のSFホラーを思わせますが、こちらは過去にテレビで放送された大林宣彦監督の「可愛い悪魔」の元ネタではないかと思われます。チャイルド・ホラーには傑作が多いですね。この「悪い種子」はそのはしりでしょうか。パティ・マコーマック演じるタイトル「悪い種子」は昔すぎる映画とは思えないほど凄まじく不気味。2度にわたるエンディングは結構気が効いていて個人的には洒落ていてお気に入りであります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/8/24
最近トラウマ映画館でも紹介されていたが、本作は初見した時から私の「トラウマ映画」。
鍵となる少女ローダを演じたパティ・マコーマックは、近年の作品ではフロスト×ニクソン [DVD]にも出演している。
大ヒットした舞台劇の映画化作品。
舞台とほぼ同じ顔ぶれの俳優が出演。
いくつかのシーンで、舞台劇調の台詞回し・オーバー・アクションもみられるが、モノク
...続きを読む ›
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sanjunio トップ1000レビュアー 投稿日 2014/12/21
1956年の作品。白黒作品で、アメリカの中流階級の人たちはこんなに上品だったんだ、と違うところに驚いてしまう。英語の発音もクイーンズイングリッシュに近い。

さて肝心の内容だけれど、なんの問題もないように見える若くて愛し合っている夫婦は、夫が大佐で1ヶ月以上家から離れており、家は、若い妻クリスティーン(ナンシー・ケリー)とその娘ローダ(パティー・マコーミック)の二人暮らし。そこになぜか勝手に家に出入りする大家のモニカおばさんと、意地の悪い使用人のヘンリーが家や庭の手入れをしている。

あるとき、娘のローダは、クラスのコンクールで自分に勝った少年を逆恨みしていたところ、クラスの遠足で少年が桟橋から落下して命を落としてしまう。まさかと思いながら娘を信じるクリスティーンは、娘と自分の出生の秘密を知るにつれ、娘に対する疑惑を持たざるを得なくなってくる。

古い映画だけれどテンポが遅すぎることなく楽しめる。なによりもパティー・マコーミックがまだ11歳だというのにこの少女の演技は驚きにほかならない。使用人のヘンリーを脅かすシーンは観ているこっちまでこわくなってくる。

すこし前だけれど、「モールス」と作品があり、こちらも何の罪もなさそうな少女の犯罪を描いたホラーだったが、さすがにモールスのほうが新しいだけあって強烈
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック