Would you like to see this page in English? Click here.

Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 758
買取
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
悪い女 [DVD]
 
イメージを拡大
 

悪い女 [DVD]

イ・ジウン, イ・ヘウン, キム・ギドク DVD
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 10/6まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券をプレゼント。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: イ・ジウン, イ・ヘウン, アン・ジェモ
  • 監督: キム・ギドク
  • 形式: Color
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケンメディア
  • DVD発売日: 2004/08/27
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0002IJOYI
  • EAN: 4539373007041
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 93,054位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

韓国の鬼才、キム・ギドク監督が手掛けたコリアンエロス。ソウルの売春街から海辺の町・ポハンに流れてきたジナは、昼は美術学校に通い、夜は娼婦として働いていた。同じ屋根の下に暮らす女子大生ヘミはそんな彼女を軽蔑していたが、やがてヘミの父や弟までもが彼女の肉体の虜になっていく…。

レビュー

監督・脚本: キム・ギドク 撮影: ソ・ジョンミン 音楽: イ・ムヌィ 出演: イ・ジウン/イ・ヘウン/アン・ジェモ/チョン・ヒョンギ/ソン・ミンソク
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「悪い女」じゃない 2005/12/20
主人公ジナは、売春をしているけれど、望んで

そうしているのではない。

何か仕方の無い理由があるのでしょうね、その辺は映画の

中では語られてませんが。

関係を迫る男達は、当然ジナを見下しているけれど、

ジナもまた自分の稼ぎで売春宿の家計が成り立っていることを

知っている。

そんなジナを宿の娘ヘミは激しく軽蔑するが、ジナが自分と

変わらない普通の人間であることを知り、彼女を理解する。

男がセックスにより安らぎを得ていることを、ヘミは知る。

二人が姉妹のように寄り添うラストは、ほのぼのとします。

セックスに対して対照的な認識の二人だけれど、もしかしたら

分かり合える友人が欲しかったのかもしれません。

「悪い男」のキム・ギドク作品だから、「悪い女」と日本側が

勝手につけたのでしょうね。

でも内容は全然そうじゃないし、作られたのはこちらが先。

原題は「青い門」、「悪い女」じゃありません。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 韓国社会の中での意識や風潮 2004/9/18
投稿者 poyopoyonyanko
この監督は韓国社会で現実に横たわる問題ばかりを掘り起こして映画化する名物監督で、私のお気に入りなのですが。
今回の悪い女。を見つけた時。キムギドク?悪い男(同監督作品)の2番煎じでも作ったのか?と思い見ましたが、邦題で勝手に付けられた題名で全くの別物でした。;原題は「青い大門(門?)」。98年作なのでこっちのほうが早いんですね。
韓国社会の暗い部分と女性を見る社会風潮を若干強めに色をつけてるとは感じますが、まんま表した世界を描いてます。
最近の韓流なんて物にホダされて隣の国の姿がまるでわかって無い日本人は一度見ても良いのではないでしょうか?
ドラマ内容も単なるエロ映画とは違い、それぞれ立場の違う2人の女性から見た意識。を日本人が客観的に見るには良く出来てると思います。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 辛口のホームドラマ!? 2006/4/18
投稿者 penny−a−liner VINE メンバー
海辺の売春宿を舞台に、娼婦ジナと同居する娘へミとの対立を経て次第に解り合っていく友情物語。

また、可哀そうな女ジナが周りの人間を翻弄し、虜にして自分の思い通りにしていく物語と深読みするか。

観終わってみるとジナを取り巻く人々は、情夫も含めて、皆善い人だったように思えるし、

素直に前者と捉えたい。

低予算で美しい映像とは程遠く、性を相互理解の一手段として描いた内容については賛否両論あるだろう。

しかし、ラストの二人を観ていると温かい気持ちにさせてくれる映画である。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 泣けた!! 2004/11/8
投稿者 mame
一人の娼婦が港町にやってくる。この小さな港の民宿兼売春宿が舞台。そこの家族は長年、売春宿によって生活しており、大切の従業員(?)であるはずの娼婦を蔑視し、娘もこの商売のお陰で大学に通っているのに、売春に対して嫌悪感を持っており、女性にに非常に辛くあたる。父親も息子も、そして出会う男性全てが求めてしう不思議な魅力のある人で、娘も彼女の生き様を見ていて少しずつ惹かれだす。娼婦であるのに彼女は何だか海のような深さを持つ人で、彼女がいると安心できて、自分の弱さを出せる人、心の優しい人。娼婦と娘の友情が何だか切なくて、泣いてしまった。書かれた内容だけ読むと何だかと、思われるかもしれないが、映画を見た後、さわやかで、切なくて、人にやさしくしたくなる、そんな映画です。私は女性ですが、男性にも女性にも見て欲しい秀作です!!
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック