¥ 2,808
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

恐怖の館―世にも不思議な物語 単行本 – 1997/9


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 500


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

恐怖の館―世にも不思議な物語 + 耳ラッパ―幻の聖杯物語
合計価格: ¥ 4,968

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

エルンストとの至上の恋愛の精華。エルンストのコラージュ11点。キャリントンとエルンストをめぐる写真20点。キャリントンのスケッチ2点収録。

内容(「MARC」データベースより)

マックス・エルンストとの交流によって知られ、シュルレアリストの先駆の一人とブルトンに認められた著者の短編集の初の完訳。ケルトの伝統に根ざした、魔術と神秘のイメージに満ちた作品集。

登録情報

  • 単行本: 251ページ
  • 出版社: 工作舎 (1997/09)
  • ISBN-10: 4875022867
  • ISBN-13: 978-4875022862
  • 発売日: 1997/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 332,738位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kpy033 投稿日 2006/5/3
形式: 単行本
レオノーラ・キャリントンという人物に興味があって読みました。

彼女の出自と独自の世界観を知るには大変おもしろいと思います。

イギリスの巨大企業インペリアル・ケミカルと関係を持つ裕福な家柄に

美貌をもって生まれるものの、マックス・エルンストと恋に落ち、自由を求め、

現在も独創的な人生を切り開いている女性のようです。

彼女の絵に興味がある方以外にも、ゴシックやケルト、魔女伝説などに

関心のある方なら、想像力をかきたてられる一冊になるのではないでし

ょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中島弘貴 投稿日 2013/2/23
形式: 単行本 Amazonで購入
若かりし頃にシュールレアリスム運動に参加し、後にメキシコへ渡って独自の作風を確立した女流画家/作家による一冊。本書には彼女が二十代、つまりシュールレアリスム画家のマックス・エルンストと恋愛関係にあった時期の前後に書かれた短篇と中篇が集められている。

エルンストの書いた序文が載せられ、前半の短篇数作には彼の手によるモノクロのコラージュが挿絵として十一葉付けられている。そして、中ほどの水色のページにはキャリントンとエルンストに関するモノクロ写真が二十一枚、簡単な解説と共に見られる。

肝心の内容だが、当然のように獣や鳥が話し、馬の玩具や糸杉の樹や体を洗うスポンジなどが自ずと動きだす。卵型の少女や、死してなお数十年も体温を失わなかった老婆など登場する。場面は往々にして突飛に展開し、登場人物の言動にも奇矯なものが多い。悪くはないが、若書きであるという印象は拭えなかった。シュールレアリスムの正統に近い、おもしろい視覚描写や現実の転覆で充溢しているが、そこに登場人物の心理や物語の背景といった厚みが不足しているように思われたのだ。なかでは、ブラックユーモアを含んだ残酷童話の趣をたたえる「デビュタント」がすっきりと纏まっており、たのしめた。

他のシュールな短篇とは異なるのが最後に収録の「ダウン・ビロウ」。キャリントンがスペインで精神病
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック