中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

思考の整理術 問題解決のための忘却メソッド 単行本 – 2009/10/7

5つ星のうち 2.2 4件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

記憶が、「忘却」→「整理化」→「構造化」されると、抽象思考力(複数の事象を一般化すること)が高まる。抽象思考力が身に付けば、新しい問題を解決できる能力が得られる。忘れることを活用し、思考力や問題解決能力を高め、仕事や人生で幸福になるメカニズムを解き明かす。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

前野/隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。哲学者、ソーシャルデザイナー、アーティスト、ダンサー、思想家、愛妻家。ロボティクス、システム論、知覚心理学、教育工学などの研究者でもある。東京工業大学卒業、東京工業大学修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校、ハーバード大学を経て現職。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2009/10/7)
  • ISBN-10: 402330462X
  • ISBN-13: 978-4023304628
  • 発売日: 2009/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 590,721位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
内容的に、ステレオタイプです。読んでいて気分が悪くなります。

・記憶力が高い人が評価され、低い人は評価されない。
・老化すると記憶力が低下する。

一般的な既成概念を並べて、事例をダラダラと続け
結論としては、覚える方法を工夫してください。
わざわざ買う様な本ではありません。

悩んで書いたのかもしれませんので
同じ著書の半年後に書いた著書を読み直そうと存じます。

・思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法 (角川oneテーマ21)
コメント 7人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 hiama 投稿日 2015/12/28
形式: 単行本
無意識下のスキルがこれからは大事な訳は、インターネット時代で情報は簡単には入手できるので、情報自体記憶しておく価値は低く、そのかわりスキル記憶が大事だと。よく聞くネット弊害の論調を延々と繰り返す本。読むに絶えない拷問に近い内容。意識的に記憶し、反復することで無意識でも出来るようになるのは、だれでも経験的に知っていること。
記憶しないでも簡単に入手できる時代だからその必要はない!?
忘れることも推奨?
無意識のスキル記憶となったら意味記憶は忘れてしまっていいと言っているがあたりまえではないか?だから意味記憶ができなくなってもそれほど気にしなくてよいと、なぜなら創造性がその分発揮しやすいからだという論調。スキル化したから意識化する必要がなくなったわけで、スキル化には、やはり忘れる忘れないにかかわらず意識的に記憶(見聞き)しないといけないのでは?脳はさぼるのが得意ではなかったでしたっけ?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
およそ「思考の整理術」というタイトルの本には整理に関することは記述されていません。本書もそのひとつ。

今回は「忘却メソッド」という言葉に惹かれて読んでみました。

「記憶は忘れるためにある」という言葉が印象的。我々は記憶重視社会で育ってきました。その弊害が「忘れる」ことへの恐怖だったり能力の判定に影響したりします。

 「記録することで記憶から開放される。そして安心して忘れること。」

 日々、記憶力に自信をもてなかった自分に、とっても心強い響きとなりました。

 「人の脳はアイデアを生み出すためのもの。記憶のためのものではない」というところにも共感を覚えました。

 様々な成功者の引用も交えて、興味ある内容でした。脳の使い方を改めて考えさせてくれました。
コメント 11人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
記憶が「忘却」→ 「整理化」→「構造化」されると、抽象思考力(複数の
事象を一般化すること)が高まる。
抽象思考力が身に付けば、新しい問題を解決できる能力が得られる。
忘れることを活用し、思考力や問題解決能力を高め、仕事や人生で幸福になる
メカニズムを解き明かす!

ということで、いろいろと書かれていますが、難しすぎます。
読んでいる時は、その時点では書いてあることは、理解できるのですが、
本を読み終わった後では、何が書いてあったのか思い出しません。
専門的に書かれすぎているのではないでしょうか(レベルが高い)?
コメント 13人中6人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック