通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
必読書1... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【365日24時間以内出荷】ページ部分には目立った痛み等もなく、読まれるためには支障はない状態です。中古品の為、カバーにスレや傷みなどがある場合がございますが、ご了承の上お買い求めください。迅速丁寧な発送をさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

必読書150 単行本 – 2002/4


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 139


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

必読書150 + 教養のためのブックガイド + 大学新入生に薦める101冊の本 新版
合計価格: ¥ 4,860
ポイントの合計:  80pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現実に立ち向かう知性回復のために本当に必要なカノン(正典)を提出し、読まなくてもいい本を抑圧する、反時代的、強制的ブックガイド。

内容(「MARC」データベースより)

現実に立ち向かうために「教養」が要るのだ。カントもフロイトもマルクスも読んでいないで、何ができるというのか。知性回復のために本当に必要なカノン(正典)を提示する、反時代的、強制的ブックガイド。

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 太田出版 (2002/04)
  • ISBN-10: 4872336569
  • ISBN-13: 978-4872336566
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (37件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 82,144位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

28 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Yuichiro トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/7
形式: 単行本
 「人文社会科学」「日本文学」「海外文学」からそれぞれ50冊ずつ=計150冊、いわゆる「古典」と言われる本で日本語訳が出ているものを、「必読書」として紹介するブックガイドです。冒頭に、「なぜ今、古典の必読書リストを作成したのか」について選者たちの解説と座談会が掲載されており、その後に、150冊それぞれについて1ページずつの解説がついています。
 いわゆる「必読書」リストって、大学の先生が学期の始めにプリントで配ったりするし、東大教師が新入生にすすめる本 (文春新書)なんて本も出ていますが、ほんとに幅広く「書物の世界」を見渡したいと思った時、私は本書がこれまでで最も参考になりました。
 ちなみに本書が取り上げている150冊の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yoppy 投稿日 2012/10/3
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は要するに、もう少し本を読みなさい、読まず嫌いになるのは早い、ということを言っている本です。
いわゆる古典と言われるものはすでにたくさんあるし、それぞれ時の試練に耐えてきたからこそ古典なわけで、何から読めばわからない、実際敬遠してきた、という人には参考になるでしょう。
いや特に何の抵抗もない、という人は特にこの手の本を手にする必要はないかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
43 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 _qwerty 投稿日 2003/10/26
形式: 単行本
柄谷氏や浅田氏の名前が上にあるので思想書のリストかと思っていたのだけど、半分以上は文学などから取られています(人文社会科学50,海外文学50,日本文学50)。なので、思想や哲学に全く興味が無い人でも、一度手に取る価値はあります。
古典を読め読めという人は多くいますが、実はその「古典」という共通認識は失われてしまっているわけで、こういったリストを出版したという意義は大きいのだけれど、とはいえ、「古典」なのですでに教養深い人には、あまり手に取る意味は無い。「古典」に興味があるけど、よく知らないという人のための本。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Kindleユーザー 投稿日 2003/10/4
形式: 単行本
憤りはわかる。でも、私自身の感想としては、他にも読むべき本ならいくらでもあるというのが率直な感想。思弁的・文学的な知性がそーれほど重要なのかどうか・・・いや、まあ、わかる。リテラシーがないと、わけのわからないものの洪水になる、ってこともわかる。この中に、ほんとうに必読書たる本が並んでいることもわかる。けれどもね、現代思想的な教養が現代の必須? って思わなくもない。もちろん、わかる。ヘーゲル読んだことも、ルソーを読んだことも、カント読んだこともない奴が『批評空間』読んでいてもねえ・・・ってのがある。でも、なーんか違う気がする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
83 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うもさん 投稿日 2003/12/29
形式: 単行本
この本にリストアップされた「必読書」は極めてオーソドックスなもので、奇をてらっていない。
だが、その分リストとしての価値があるのかどうか疑問である。これなら、柄谷ではないが
「岩波文庫を読め」のひとことでいいではないか。
「易しいことはいいことだ」という近年の風潮に対するアンチテーゼなのか、それとも単なる
手抜かりなのか「サービスが悪い」のもこの本の特徴である。
索引が無い、解説もそっけない上に独善的。そして、例えばヘーゲルの『精神現象学』を
易しい長谷川訳ではなく金子訳の方を薦めているあたりに象徴される、無意味な「難解主義」。
つい「難しければいいってもんじゃないだろー」と言いたくなる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 青色 投稿日 2015/2/24
形式: 単行本 Amazonで購入
「必読書150」となっているが全部を読む必要はない。
全体の本の選出を、知の体系の断片集と思って読めばいい。
「現代思想 ブックガイド60」のように古典を読ませて、それをたんに古代から近代への歴史として前作品を否定させるために順々に古典を読ませるのではなく(まずもって私が受けた「現代思想 ブックガイド60」の印象はそうだった)、
体系化された知識を持つために選択された本の必読書なので、基本的な知を身につけるために選ばれているのがこの本である。つまり、
体系を壊すためには体系そのものがなければならない、という批評の基準でこの必読書はできている。
最低限の哲学の素養を身に着けるのに適した本の選択の仕方がここにある。
つまり知を持つ意味での選択された本なのであるのだから、全部を網羅すれば哲学や文芸批評としての知恵が得られるわけではない。ある程度はこの本を読んでみたら?という紹介本である。
そしてそれは「現代思想 ブックガイド60」のような作品を否定的に乗り越えていくための無駄な手間を目的に編まれた作品の解説と違い、
全体として繋がっている哲学の知や課題から得られた体系を作り出すための作品群なのである。
例えば、プラトンを例に取ってみると、総合的な評価を持つ「国家」を選ぶのではなく、浅田彰は「饗宴」を
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック