Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 20,000

または
 
   
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 7,480
買取
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
必殺仕事人 一掛之巻 [DVD]
 
イメージを拡大
 

必殺仕事人 一掛之巻 [DVD]

藤田まこと, 伊吹吾郎 DVD
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 30,780
価格: ¥ 24,417 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,363 (21%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(2014年9月30日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ベストセラー100 アメリカのTVドラマセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 「Office 2013」ほか対象のPCソフトとまとめ買いでDVD・ブルーレイが最大5000円OFF ※対象商品、割引金額は必ず キャンペーンページにてご確認ください

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 10/6まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券をプレゼント。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 2014/9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

必殺仕事人 一掛之巻 [DVD] + 必殺仕事人 二掛之巻 [DVD] + 必殺仕事人 三掛之巻 (初回限定生産) [DVD]
合計価格: ¥ 63,279

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 藤田まこと, 伊吹吾郎, 三田村邦彦, 山田隆夫, 小林かおり
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: キングレコード
  • DVD発売日: 2007/05/09
  • 時間: 1116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000MLWR9E
  • EAN: 4988003982584
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 60,203位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

三田村邦彦演じる簪の秀が初登場、必殺ブームを巻き起こした記念すべき作品
シリーズ最長の放映回数を誇るシリーズ第15弾にして「仕事人」の原点がついにDVD化!

原点回帰……視聴率低迷により打ち切りの危機に陥った必殺シリーズの起死回生を目指して制作された本作のテーマはズバリ「原点回帰」。シリーズ第1作『必殺仕掛人』を意識して、中村主水が初めて元締の直接配下で仕事を行うことになった。この元締を演じるのは二代目・中村鴈治郎、山田五十鈴、木村 功と名優ぞろい。
簪の秀が初登場……今回、主水と組むのは浪人・畷左門(伊吹吾郎)と飾り職人の秀(三田村邦彦)。これまでの必殺シリーズになかった感情的で正義感の強い秀というキャラクターは、演じた三田村邦彦の甘いマスクと相まってたちまち人気沸騰、番組の視聴率も回復し後の「必殺ブーム」へと繋がっていく。
シリーズ最長の放映回数……さらなるステップアップを目指した本作は第29話より一新される。畷左門は侍を捨て頭を丸めてシリーズ伝統の怪力坊主キャラとなり、殺し業も体を二つ折りにする荒業「腰骨外し」に変更された。エンタテイメント性を増した本作の人気はとどまるところを知らず、放映回数はシリーズ最長となる全84話に達した。

<キャスト>
中村主水:藤田まこと/畷 左門:伊吹吾郎/秀:三田村邦彦
半吉:山田隆夫/凉:小林かおり/美鈴:水本恵子
おふく:かわいのどか/せん:菅井きん/りつ:白木万理
おとわ:山田五十鈴/鹿蔵:中村鴈治郎

<スタッフ>
音楽:平尾昌晃/撮影:石原 興、都築雅人、藤原三郎
照明:中島利男、林 利夫/題字:糸見溪南
ナレーター:芥川隆行/製作協力:京都映画株式会社
制作:朝日放送、松竹株式会社

【DISC 1】
第1話「主水の浮気は成功するか?」
(脚本:野上龍雄/監督:松野宏軌/ゲスト:谷口 香、内田昌宏、岸田 森)
第2話「主水おびえる!闇に光る眼は誰か?」
(脚本:野上龍雄/監督:松野宏軌/ゲスト:江木俊夫、赤座美代子、結城しのぶ)
第3話「仕事人危うし!あばくのは誰か?」
(脚本:尾中洋一/監督:貞永方久/ゲスト:田中真理、石田信之、山田吾一)
第4話「主水は三途の川を避けられるか?」
(脚本:石森史郎/監督:原田雄一/ゲスト:北村英三、御木本伸介、丹波哲郎)

【DISC 2】
第5話「三十両で命が買えるか?」
(脚本:山浦弘靖/監督:松野宏軌/ゲスト:天津 敏、永井秀和、岩崎良美)
第6話「主水は葵の紋を斬れるか?」
(脚本:石森史郎/監督:原田雄一/ゲスト:目黒祐樹、田中 浩、西田 良)
第7話「主水をあやつるバチの音は誰か?」
(脚本:野上龍雄/監督:工藤栄一/ゲスト:花紀 京、志麻いづみ、江幡高志)
第8話「仕事人が可愛いい女を殺せるか?」
(脚本:尾中洋一/監督:山下耕作/ゲスト:吉行和子、亀石征一郎、江崎英子)

【DISC 3】
第9話「螢火は地獄への案内か?」
(脚本:石森史郎/監督:松野宏軌/ゲスト:桑山正一、小野進也、高杉早苗)
第10話「木曽節に引かれた愛のその果ては?」
(脚本:尾中洋一/監督:原田雄一/ゲスト:安部 徹、今出川西紀、荒谷公之)
第11話「極悪人ほどよく眠れるか?」
(脚本:石森史郎/監督:松野宏軌/ゲスト:田崎 潤、長澄 修、秋谷陽子)
第12話「三味の音は七つの柩のとむらい唄か?」
(脚本:貞永方久/監督:貞永方久/ゲスト:石橋蓮司、井上博一、西山嘉孝)

【DISC 4】 1:第13話/2:第14話/3:第15話/4:第16話
第13話「矢で狙う標的は仕事人か?」
(脚本:尾中洋一/監督:松野宏軌/ゲスト:中野誠也、三浦真弓、山本 清)
第14話「情は人のためにならないか?」
(脚本:石森史郎、高坂光幸/監督:高坂光幸/ゲスト:葉山良二、大森不二香、白山英雄)
第15話「その仕事の依頼引き受けるのか?」
(脚本:保利吉紀/監督:原田雄一/ゲスト:今井健二、三浦リカ、今村広則)
第16話「綺麗な花には何故刺があるのか?」
(脚本:石森史郎/監督:松野宏軌/ゲスト:宗方勝巳、根岸とし江、山岡徹也)

【DISC 5】
第17話「鉄砲で人を的にした奴許せるか?」
(脚本:吉田 剛/監督:貞永方久/ゲスト:加山麗子、重田尚彦、真行寺君枝)
第18話「武器なしであの花魁を殺れるのか?」
(脚本:松田 司/監督:原田雄一/ゲスト:喜多川美佳、村田みゆき、横森 久)
第19話「仕事人が女に惚れて何故悪い?」
(脚本:石森史郎/監督:田中徳三/ゲスト:村地弘美、谷口 完、有川 博)
第20話「この世の地獄は何処にあるのか?」
(脚本:石森史郎/監督:松野宏軌/ゲスト:草薙幸二郎、原口 剛、大林直樹)

【DISC 6】
第21話「子隠しで昔の恨みを晴らすのか?」
(脚本:松田 司/監督:田中徳三/ゲスト:清水郁子、松岡由利子、堺 左千夫)
第22話「登城する大名駕籠はなぜ走るのか?」
(脚本:石川孝人/監督:都築一興/ゲスト:富川夫、植木絵津子、長谷川明男)
第23話「渡る世間は鬼ばかりか?」
(脚本:石森史郎/監督:原田雄一/ゲスト:川合伸旺、長田渚左、中村孝雄)
第24話「冥土へ道連れを送れるか?」
(脚本:石川孝人/監督:松野宏軌/ゲスト:うえだ峻、岩井友見、菅 貫太郎)




内容(「キネマ旬報社」データベースより)

三田村邦彦演じる“簪の秀”が初登場してブームを巻き起こし、「仕事人」シリーズの原点となった「必殺」シリーズ第15弾のBOX第1弾。同心の中村主水を中心に、浪人の啜左門、飾り職人の秀らが悪と戦う。第1話から第24話を収録。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
27 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ある意味最高傑作。 2007/2/19
投稿者 seksotiumu63
この作品の特殊な背景については、解説や他の方が仰ってる通りです。恐らくはシリーズ最終作として主水の最期も想定しながら製作されたであろう本作は、原点回帰を謳いながらもラストならではの新たな創意工夫に満ち、それまではあまり触れなかった裏稼業そのものの根幹を問う様な「問題提起型」のエピソードが連発されます。
キャラクターの個性よりドラマそのものを重視したシリーズ構成は、数ある必殺の中でも最高傑作に位置している、と言っても過言ではないと思います。
その後元締の交代や数字の上昇からくる番組延命、そして秀役の三田村氏の人気によって、仕事人は方向性そのものが変質し、初期に見られた試みは霧散してしまうのですが、覚悟を決めたスタッフが有終の美を飾るべく「危機激進斬り」を仕掛けた初期部分が、まとめて見れる今回のDVDの編成は嬉しい限り。前期、後期と言ったくくりにとらわれない新たな「必殺」の面白さを堪能できる、秀逸なミッシングリンクです。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 仕掛けて殺して日が暮れて・・・ 2007/2/18
投稿者 十兵衛殿
 待ちに待った必殺仕事人第一シリーズ(!!!)感激です!
 特に、初期にハードな話が多く今から待ち遠しいです。仕事人チーム結成を描く1、2話(鹿蔵さんが主水さんの腕を見込んでスカウトし、左門さん秀さんは自ら加入)も名作ですが、最も楽しみなのは第6話「主水は葵の紋を斬れるか?」です。シリーズ当初にして登場する最強の敵をいかに仕留めるのか!?最強の悪役の目黒祐樹さんと主水さんの(電光石火の)激闘(!!)もさることながら(目黒さんが主水さんに「いい奴にめぐり合った‥。いつか俺を殺してくれる奴を待っていた‥」というセリフがいい!)、左門さんもかなり苦戦し手に汗握ります。また、第4話「主水は三途の川を避けられるか?」には、故丹波哲郎氏が鼓を使った仕事人役で登場し渋い演技を見せてくれます(主水さんとの対決が見たかった!)。さらに第18話「武器なしであの花魁を殺れるのか?」では、秀さんが武器を持ち込めない吉原で鮮やかに花魁を仕留めるシーンに鳥肌が立ちました。そして第3話「仕事人危うし!あばくのは誰か?」では鹿蔵とっつぁんが「いい子だ・・いい子だ・・」といいながら裏切った頼み人の女を殺す(!)ラストシーンの元締の非情さに背筋が寒くなります。

 主水さんが、刀で殺しをする侍と組むのも、元締から仕事を依頼されるというのも、また初期チームが全員男(おとわさんの登場で崩れる
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 畷左門 2011/3/21
投稿者 ビアフラ
“仕事人”となってから、一番印象深い殺し屋です。左門さんと比較されるとしたら、仕掛人の西村左内でしょうか。後者は最後まで武士と言う階級にしがみつき、前者は刀を捨てて市井の一人として生きていくことを選ぶ。この思い切りの良さ、潔さに惹かれたということもあります。厳密に見れば、主水も武士階級にしがみついている一人とも言えるでしょうが、おでん屋の屋台での左門との会話や絡みのシーンではそういう会話はしないものの、そういう対比で二人を見てしまいます。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 見応えのある話が多い。 2007/6/18
投稿者 LEGO
Amazonで購入
「お前のような奴をずーっと待っていた。葵の紋に逆らう奴をな…」
悪役・目黒祐樹が中村主水の存在意義をたたえながら死んでいく第6話。敵の手に落ちたセンとリツ救出のため、主水が月光仮面よろしく覆面姿で斬り込んでいく第12話。なんと南町奉行所が殺しの依頼者となる第15話。幕府鉄砲組の仕掛けたワナに挑む第17話。シリーズ中もっとも泣けるドラマが展開、仕事人が完全に端役に回る第22話など、本BOXは傑作ぞろい。脱パターン化の努力がうかがえる名作ばかりです。

因みに他の必殺シリーズで見逃せない回だと思うのは、
沖雅也、石坂浩二など歴代出演者がわんさかゲスト出演、物語もスパイ大作戦のように緻密な『必殺仕業人』24話“あんたこの替玉をどう思う”。そして、強盗一味が中村家に立て篭もり、一家皆殺しの危機が迫る同『仕業人』27話“あんたこの逆恨をどう思う”。
また、本人に気付かれないように老仕置人の手伝いをする『新必殺仕置人』11話“助人無用”。展開が超ハード、もはや伝説となっている同作最終話“解散無用”。
不良少女を養女として引き取った主水が、ついに相手の心を開き「おとっつぁん」と言わせる『新・必殺仕事人』37話“主水娘と同居する”。
主水を「袖の下役人」とののしり、軽蔑憎悪していた少女が、やがて彼の正体を知り、自らが頼み人となる
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 前期ハード路線からソフトになった
必殺シリーズの中で異例のロングランヒットになったシリーズ、... 続きを読む
投稿日: 2012/4/10 投稿者: ウェスタンポリス
5つ星のうち 5.0 キングレコード、良い仕事をしてくれました!
当時テレビで観ていましたが、今DVDで見返しても全く違和感がありません。
これは『必殺仕事人』の中でもベストでしょう。
新・仕置人のDVD... 続きを読む
投稿日: 2011/11/24 投稿者: 黒つむじの半蔵
5つ星のうち 5.0 後期、必殺シリーズ最高傑作!なのですが・・・。
何と言っても脚本の充実が成功した要因だと思います。惜しいのは、体調不良で途中降板した中村鴈治郎が最終話まで出ていたらもっと引き締まったエピソードが多く出たのではな... 続きを読む
投稿日: 2008/12/4 投稿者: じんねね
5つ星のうち 5.0 必殺仕事人…仕事人ブームのきっかけ的TVシリーズ
主水と秀が初めて顔を合わせる記念すべき作品…... 続きを読む
投稿日: 2008/3/26 投稿者: 必薩!!
5つ星のうち 5.0 面白いっすよ、コレ!
今、改めて見返しても、コレは傑作! 評価の大きい初期名作群に決して負けていないのは、皆さんの言う通り。原点復帰にして、新たな問題提起、まだこんな手が!... 続きを読む
投稿日: 2008/1/23 投稿者: ハードロックとお言い!
5つ星のうち 5.0 原点回帰とシリーズ存続路線の狭間で
シリーズ低迷化を救った名作にして、試行錯誤とその後の布石となった記念作。それがこの「必殺仕事人」ですね。但し、個人的に名作の呼称を冠するのは28話まで。そこまでは... 続きを読む
投稿日: 2007/7/9 投稿者: HITOMI
5つ星のうち 4.0 最初の6話につきる
私にとっての必殺は、掟に縛られた仕掛人であり、緊張感のある仕事屋であり、そして殺し屋を束ねる元締の存在は必須アイテムな訳です。私にとって仕事人は番宣ポスターに写っ... 続きを読む
投稿日: 2007/5/22 投稿者: デコトラ野郎
5つ星のうち 3.0 後半の視聴には気持ちの切り替えが必要!
... 続きを読む
投稿日: 2007/2/19 投稿者: 加治一平
5つ星のうち 5.0 この時を待っていた
仕事人というと大体の人は主水以外で秀、勇次、政、竜あたりを言うだろう。しかし私の中では今作に登場する左門、鹿蔵の顔が浮かぶ。一般的にはあまり知られていないが主水、... 続きを読む
投稿日: 2007/2/16 投稿者: ギルド
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック