Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 257

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている [単行本]

神永 学
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,080 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹の新刊
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年、9年ぶりの短編小説集 『女のいない男たち』。表題作は書下ろし作品。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている + 心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの + 心霊探偵八雲 (3)
合計価格: ¥ 3,240

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

見えないものが見えるほど恐ろしいことはない…死者の魂を見ることのできる男、斉藤八雲。彼の赤い瞳が、次々に起こる殺人事件に挑む。

内容(「MARC」データベースより)

見えないものが見えるほど、恐ろしいことはない…。死者の魂を見ることのできる男・斉藤八雲。彼の赤い瞳が、次々に起こる殺人事件に挑む。新感覚のハイスピードミステリー。2003年刊「赤い隻眼」の改題改訂。

登録情報

  • 単行本: 313ページ
  • 出版社: 文芸社 (2004/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4835583442
  • ISBN-13: 978-4835583440
  • 発売日: 2004/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 208,316位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 面白い・・・が 2005/5/4
形式:単行本
面白いですし、文章もテンポよく良いとは思いますが小説というより漫画を読んでる感じですね。すぐ読めます。よく言えば読みやすいですが、悪く言えば軽いです。でも内容、書き方ともに悪くないです。著作プロフィールにも書かれていますがまさに「誰にでも気軽に楽しめるエンターテイメント」だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 キャラクターは面白い 2004/12/23
形式:単行本
 ストーリーははっきり言ってド定番の流れ。凝った仕掛けやどんでん返しがあるわけではなく、淡々とストーリーが進むのは読みやすく、逆に言うと短調。キャラクターは主役級2人の会話のやり取りはテンポもよく面白い。ただそれ意外のキャラクターはややステレオタイプ。もう少し脇役もよく描けていればと思いました。
 作者の意図であるわかりやすい文章と言うのは、それなりの表現力を伴いながら実現しているので、これでストーリーが面白かったら、面白いものが生まれるであろうとは思います。次回作に期待と言うところか。
 なおこの小説の幽霊の定義は私も賛同します。詳しくは本書を読んで見てくださいね。
 ただ本の帯の脳内映像というのは??? そんなものは感じなかったぞ!!!にぶいのか俺!?(笑)
このレビューは参考になりましたか?
17 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 マンガの様な構成とスピード感 2005/11/20
By カツカレーの鬼 トップ1000レビュアー
形式:単行本
思い切り良くエンターテイメントに特化した小説。

キャラクター設定が秀逸で、主人公とヒロインの魅力的なキャラクターでグイグイ引っ張っていく。

主人公は悲しくもつらい過去を持つかなりひねくれた人間。

赤い瞳でこの世ならぬ人間の魂を見ることが出来る。

が、ただ見る事が出来るだけ。

最終的には優れた観察力と頭脳を駆使して事件を解決していく。

また、それぞれのエピソードで比較的早い次期に犯人の見当がつきます。

が、それによりヒロインが窮地に向かっている事が分かり却ってハラハラしてしまうのだ。

ヒロインの危機と主人公が謎を解くのとどちらが早いか?

犯人は予測がついても、理由や結末は最後まで分からない。

文句なしにハラハラドキドキのエンターテイメント一級品!
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 捻りが足りーん! 2004/12/20
形式:単行本
新聞の広告に載っていた煽りに惹かれて読んでみましたが、なんだか中途半端でした・・・。
サクサク読めるところはいいですが、もっと捻って欲しいです。
タイトルに「探偵」と入っているのに、どの話もどんでん返しが無くて順当に思った通りの人物が犯人だったりして、
あっさりし過ぎていて「え?」という感じです。
八雲の設定はすごく面白いのに、それがあんまり生かせてなくて残念。
続きは、たぶん読みません。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 小学校高学年くらいから読める☆☆ 2006/10/12
キッズレビュー
形式:単行本
すごく読みやすいです!!

私も読んだのは小6のときでした。しかも、1コ↓のコにすすめられて。

これは、「長い本(厚い本)を読んでみたくても難しそうでなかなか最後まで読み終わらない」なんてヒトにおすすめです!!実際、私もそうでした。でも、この本ならスイスイ読めて、知らないうちにおわっちゃいますよ(笑)

主なメンバーは、主人公の八雲、ヒロインの晴香、後藤刑事、部下の石井、・・・などです。

八雲は赤い左目を持つ大学生で、晴香は同じ大学生。

晴香は八雲が好きなのですが、八雲はすごく皮肉なやつで・・・・・・・・・・

でも、晴香を助けるところがすごくカッコィィです☆

もちろん、大人でも楽しく読めると思いますので、ぜひ読んでみてください。
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
非常に残念です
なによりミステリーというにはあまりに無理矢理すぎる
説明の面倒くさいところはすべて霊頼みで、とってつけたような設定ばかり
ヒロイン(?)の双子の姉の登場も突然すぎるし
それまでいっさいそんな描写がなかったのにいきなり重要なキーワードがでてきたり
そしてどんなどんでん返しがあるのかと期待してみればあっさり裏切られる
どのキャラクターにも感情移入するころができず、本当にひどい内容でがっかりしました
ミステリーが好きだという方にははっきり言って向いてないと思います
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 期待外れ。
創作小説でごまんとある設定、展開。
期待しすぎたというのもあるが、ただただ興ざめするばかりだった。... 続きを読む
投稿日: 2010/12/26 投稿者: 早生都
5つ星のうち 3.0 心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている
マンガだと思えば読める。
言葉遣いが不自然でキャラクターの魅力がいまいち伝わらなかったが、暇つぶしにはなる。
投稿日: 2010/10/17 投稿者: xx
5つ星のうち 4.0 きっかけは勘違い
当時、某王子様タレント主演で、よく似たタイトルの深夜ドラマの原作本と間違えて購入した記憶があります(笑)。... 続きを読む
投稿日: 2010/10/4 投稿者: 雪子姫
5つ星のうち 4.0 小説版をおすすめします
小説でよかった。きっと絵にされると、怖くて読めないんじゃないかと。
想像で補っているからこそ、この本のよさがわかる。... 続きを読む
投稿日: 2008/3/10 投稿者: tokky3世
5つ星のうち 5.0 この世界感!
この世界感たまりません。

主人公の八雲の左目は
人には見えないものが見える・・・... 続きを読む
投稿日: 2008/1/18 投稿者: mugitea
5つ星のうち 4.0 久々にわくわくしています。
この本を読んだきっかけは、この話が原作の少女マンガを読んだからでした。
マンガの方は第一話しか読まなかったのですが、なぜか原作が気になって。... 続きを読む
投稿日: 2007/6/29 投稿者: monmonpy
5つ星のうち 4.0 気軽に読めます。
このシリーズは、かなり前から興味があったけど、今まで読んでませんでした。「幽霊物」ってのと、ちょっと書店で立読みした時に「内容が軽いかな」と感じてしまったからです... 続きを読む
投稿日: 2007/6/26 投稿者: マレーグマ2号
5つ星のうち 5.0 今一番の愛読書です!
最近、通学時間の暇潰しに、と偶然手に取った本でした。... 続きを読む
投稿日: 2006/11/27 投稿者: 恋哉
5つ星のうち 5.0 何気なく触れただけなのに…
唐突に活字が読みたくなって、適当にチョイスした中にこの八雲が紛れ込んでいたんです。... 続きを読む
投稿日: 2006/6/11 投稿者: 基
5つ星のうち 3.0 読みやすい
... 続きを読む
投稿日: 2006/1/14 投稿者: It's me
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xbef89d8c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック