通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている 単行本 – 2004/9/24

5つ星のうち 3.4 84件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 心霊探偵・八雲 赤い瞳は知っている
  • +
  • 心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの
  • +
  • 心霊探偵八雲 (3)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

大人気ハイスピード・スピリチュアル・ミステリー文庫化開始!
霊を見たり、会話できる不思議な能力を持つ大学生・斉藤八雲。ある日、大学で起こった幽霊騒動を調査することになるが……次々と起こる怪事件の謎に八雲が迫る大人気シリーズ、大幅改稿&追加エピソード収録で登場。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

見えないものが見えるほど恐ろしいことはない…死者の魂を見ることのできる男、斉藤八雲。彼の赤い瞳が、次々に起こる殺人事件に挑む。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 313ページ
  • 出版社: 文芸社 (2004/9/24)
  • ISBN-10: 4835583442
  • ISBN-13: 978-4835583440
  • 発売日: 2004/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,101位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
発想と展開はまずます。

ただし、作品を作り上げる上での
構成力と文章力が稚拙。

マンガを読む位の感覚で読んだならば可。

作品シリーズ全体を通して、単語の使用法の誤りも有り、
語彙も少ない。

小説を書くのにもう少し勉強しても良いと思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んでて不快になる事は無かったです。

ただ、文章がとても読み辛い。
キャラもありがちすぎる。
何よりストーリーが詰まらない。
ミステリって程筋は練られてないし、幽霊は出てくるけど怖くない。

次作はもういい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本文は児童の作文です。

「今日は友だちと遊びました、楽しかったです。途中で転んでケガをしました。痛かったです。おわり。」

分かりやすいと言えば聞こえが良いですが、思わず「で?」と問いたくなる文章。登場人物の心境もいちいち書き出してありげんなり。いくらなんでもそれが分からないほど想像力がない人はいないだろ……!と。

内容はひたすら薄い。せっかく主人公の八雲が良いキャラクターなのに生かせていない。展開を読む気がなくてもストーリーが陳腐すぎて分かってしまう。

よくライトノベルが悪い比較対象として持ち出されますが、このような小説と比較しては申し訳ないほど、個性豊かでレベルの高い作品が実は潜んでいたりするのでそちらを探して読んだほうがよっぽど実りあるでしょう。

表紙のイラストが素晴らしいだけに残念。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちづる 投稿日 2008/12/6
形式: 文庫
とにかくベタです。いい意味でも悪い意味でも。
天邪鬼(ツンデレ)とそれに振り回されつつも想いを寄せるヒロイン。
そして、二人の関係が事件を解決していくごとに近づく、という感じでしょうか。

正直な感想としては、ミステリーが単純すぎるような…。
わざと分かりやすくしているのかもしれませんが。
あまり期待しないで読むことをおすすめします。

あとは、似たような表現が多いです。
イメージを統一したくて同じようにしてるのでしょうが、
ありがちな表現が重なるだけに、この表現しか知らないのではないか、と思ってしまいます。

色々勝手なことを言ってしまいましたが、普段本格ミステリばかりを読む私にとってはいい気分転換になりました。
たまに読むには良い本だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
心霊能力を持つ美少年が事件を解決していく超能力探偵ものです。
ヒロインは明るく元気な娘。ヒロインの明るさにいつしか主人公のかたくなな心もやわらいで…といったベタなストーリーはけっして嫌いじゃありません。

が、文章がどうにもこうにも合いませんでした。
あんまり読書したことない人が書いたのか?ってくらい幼稚な文章。とぼしい語彙。会話のテンポの悪さも気になりました。
コミカルな部分とシリアスな部分のバランスも悪いです。
警察の描写もなんだかマンガみたいでした。
人気シリーズだというから期待して読んでみたけど、残念ながら星1つです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
そのまま台本に使えそうな小説でした…。

中身を確認せずに、文字がたくさん詰まった小説だと思って買ったので、開いてびっくりしました。スカスカで、改行だらけ。状況説明だけでページがどんどん進んで行きます。簡潔な文章を書くことと、短い状況説明の文章を書くことは全然違います。

おかげで、イロモノ主人公の赤い瞳も、イマイチな個性になってしまっていました。

大変に残念。。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ストーリーははっきり言ってド定番の流れ。凝った仕掛けやどんでん返しがあるわけではなく、淡々とストーリーが進むのは読みやすく、逆に言うと短調。キャラクターは主役級2人の会話のやり取りはテンポもよく面白い。ただそれ意外のキャラクターはややステレオタイプ。もう少し脇役もよく描けていればと思いました。
 作者の意図であるわかりやすい文章と言うのは、それなりの表現力を伴いながら実現しているので、これでストーリーが面白かったら、面白いものが生まれるであろうとは思います。次回作に期待と言うところか。
 なおこの小説の幽霊の定義は私も賛同します。詳しくは本書を読んで見てくださいね。
 ただ本の帯の脳内映像というのは??? そんなものは感じなかったぞ!!!にぶいのか俺!?(笑)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック