Amazon Kindleでは、 彼女たちのメシがマズい100の理由 角川スニーカー文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
彼女た&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

彼女たちのメシがマズい100の理由 (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2012/8/31


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

彼女たちのメシがマズい100の理由 (角川スニーカー文庫) + 彼女たちのメシがマズい100の理由 2 (角川スニーカー文庫) + 彼女たちのメシがマズい100の理由3 (角川スニーカー文庫)
合計価格: ¥ 1,900

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容紹介

成績優秀で献身的な幼なじみの問題は、作るメシがまずいこと。だが彼女は俺に「美味い!」と言わせたいらしく……ってホットサンドに苦みが欲しいからバファリン入れるなっ!! 新感覚のリアルメシマズラブコメ!

内容(「BOOK」データベースより)

愛内葉介の目下の悩み、それは毎日の食事!料理研究家の母親がイギリスに旅立ち、俺は隣に住む幼なじみの香神紅緒に生活全般を世話になっている。成績優秀・品行方正おまけに献身的な彼女の問題は―作るメシがマズいこと。だがどうしても俺に「おいしい!」と言わせたいらしく…この幼なじみの料理が美味くなる日は来るのだろうか、ってホットサンドに苦みが欲しいからバファリン入れるなっ!新感覚のリアル“メシマズ”ラブコメ。

登録情報

  • 文庫: 269ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041004977
  • ISBN-13: 978-4041004975
  • 発売日: 2012/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 14.7 x 10.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 333,804位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2014/3/11
形式: 文庫
とりあえずヒロインが不味い飯を作りそれを主人公がまずいと言いながら食べる作品。
最近の小説は駄作が多い気がする。これもその一つ
こういうのは買わない方がいいと思った作品だった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 KIKI 投稿日 2014/1/19
形式: 文庫 Amazonで購入
商品はとてもきれいな状態でした。
内容は星3つ。
ストーリーは悪くないけど、メシマズの描写になると 途端につまらなくなる。
続きは買わないでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 茶しばき 投稿日 2012/9/21
形式: 文庫
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」以降やたらあらすじじみた長ったらしいタイトルを冠した作品が増えましたが
この作品も例に漏れず、というかタイトルのフォントがまんま「俺妹」なのにはびっくり。スニーカー文庫がこういった
ことをしてしまうとは。
作品名の模倣ならまだ許せたけどこれはいかんでしょ。

内容についてですが正直全編とおしてここまで山も谷もないとは思いませんでした。

まず序盤は説明が多いです。
しかもこれがなんというか完全にギャルゲーなどでやり尽くされてるであろう設定という。
親が海外で働いて主人公は一軒家に一人暮らし、なんてひねりがなさすぎる。
しかもあれよあれよと可愛い女の子が転がり込んできて……。
あまりにテンプレ過ぎて求心力がガリガリ削がれます。

そして序盤から中盤にかけて全くといっていいほど物語が展開しません。

各ヒロインのメシを食う→まずい→感想を言う

といった感じで、メシがまずいさぁこれからどうする!みたいにメシマズを推進力に話を展開しようという
試みが全くみられません。
わからないですけど普通こういうのって主人公が提起された問題を解決するために奮闘するものなんじゃない
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カペる 投稿日 2012/9/3
形式: 文庫 Amazonで購入
つまらなかった。
本文で主人公が語っているようにギャルゲーみたいな話の展開で進んでいく。
主人公の周りに美少女がいて、その子たちは容姿、性格ともに完璧に近いが、作る料理だけは不味いという欠点がある。
つくるご飯が不味いというネタだけで一冊書ききってるのはすごいなと思って購入したのだが、読んでみれば全然書ききれていなかった。
女の子が料理をつくって、それを主人公が食べて、不味いと言うか、それとも嘘で美味しいと言うか葛藤する場面が何度も何度も出てくる。
というか、その場面しか出てこないと言っても過言ではない。
キャラも薄っぺらい。そもそも物語の中に登場するキャラが「私はアニメキャラの○○に似てる」なんていう台詞を吐く時点で、
この作者は魅力のあるキャラクターを描く努力をしていないことが分かってガッカリした。
ファンタジーではなく、現実的にあり得る、あり得そうな範囲の不味い料理を描こうとしているらしいが、それが全く物語の面白さに繋がっていなかった。
一巻の最後で一応は衝撃的な展開が起こりそうな感じにはなるが、二巻を読みたいという気持ちは全く沸かなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 NurseAngel 投稿日 2013/5/26
形式: 文庫 Amazonで購入
他の二人はともかく、ヒロインには言ってやれよ。
「レシピ通りに作れ」と。
それだけで大半の問題は解決するはず。
つうか味覚障害は病院に連れて行け。

あと最後の終わり方が最悪でした。
こいつはあれだ、うん、積極的につまらない。

やはり不味い飯の表現では食前絶後に敵うタイトルはないな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ラノベ好き 投稿日 2013/9/12
形式: 文庫
矛盾と無理やり感ばっちりな駄作
押しかけ幼馴染がくそマズイ料理を作り、自覚しながら謎なアレンジをし続け主人公をストレスで落としにかかっている小説

ヒロイン魅力ないし、姉以外フェイドアウトしていってくれないですかねー
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 真季那 投稿日 2012/9/7
形式: 文庫
悪くはない。
ネタもよく勉強している。
何よりも、他の人も書いているように、このヒロインたちはありがちな『自分の料理が下手だと気が付かずに、相手に押し付ける』タイプではない。ちゃんと、マズい料理しか出来ない自分を恥じていて、うまくなりたいと思っているのが、好感が持てる。(1名を除くが)

でも、読んでて楽しくないんだ。
妙にリアルな、マズメシの数々は当然ながら「食べてみたい」とは思えない。したがって読んでても心が浮き立たないし、憧れもしないし、面白くもないし、格好良くもない。
このあたりが、ディストピアの限界かもね。

ヒロインたちは「美味しいって言って欲しい」と、言いつつ、相手(主人公)のことなんてちっとも見ないで、“自分にとって”の好みを押し付けているだけだし。これが例えば、京都と青森の味覚の差だとしても、相手が美味しいとは思えない料理ばかりじゃ駄目でしょう。
思いやりとリサーチ力が足りず、残念なところ。

とりあえず、メインヒロインの紅緒ちゃんは、医者に行くべき(笑)
遺伝的な問題かもしれないけれど、脳に腫瘍がある可能性が高い味音痴レベルで心配です。本家メシマズスレッドでも、そういう嫁が食材の腐臭に気が付かずに食中毒を出したケースもレポートされていましたし。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック