Amazon Kindleでは、 弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス) [コミック]

渡辺 航
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 400  
コミック --  

キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2012/2/8)
  • ISBN-10: 4253214746
  • ISBN-13: 978-4253214742
  • 発売日: 2012/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:コミック
それぞれの物語があって、とても素敵だと思いました!先のレビューでは真っ二つに分かれている評価ですが、私は星5つつけます!
この部分もしっかり舞台化されてるくらい、箱根学園のエースアシスト・荒北靖友は「味なキャラ」だと思います。
こういう誰かの為に(靖友くんは自分に夢を与えてくれた福ちゃんの為に)ひたすら毎日ペダルをこいで来たんだ。こんな風になれる人、すごく素敵だって思います!私はこの21巻だけをすでに10回は読み返しましたよ!
色んな意見があるのは当然ですが、勝敗を急いで知る必要があるのかな?(少年漫画の場合、売れていれば当然、展開が遅くなって行くのはセオリーでしょう?)それに作者(作家さんと編集さん)はきっと、ひとりひとりにしっかり骨組みや肉付けしたいんだと思いますよ。
レースの行方が分かりきった展開だけに、自転車と同じように「道のり自体を楽しむ」という考えで読んで頂けたら、きっともっと楽しく読めるはずです。
「弱虫ペダル」は読み返すたびに新たな発見があって、大好きな漫画です。
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 荒北靖友! 2012/2/20
形式:コミック|Amazonで購入
今まではキャラの掘り起しに失敗でしたがここだけ
正解 荒北のフォロワーシップに泣けてしまった
期待しないキャラだけにギャップがよかったんだろうな
顔も平凡だったし〜 さてここで引き締めて
ラストどうなるのかな?

「福ちゃんに!!」「出た!!フクチャン」ここのセリフ好きだな
このレビューは参考になりましたか?
33 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 さすがにひっぱり過ぎ 2012/2/16
形式:コミック
20巻を超えて、だんだんストーリーの流れが悪くなり、動脈硬化を起こしそうな状況では?まずは、インハイについての話を完結させた方がイイ。あまりに冗長になりすぎ、読者離れを引き起こす可能性あり。作者は、読者の心理も理解して、先々の構成を考えて取り組んで欲しい。
初めの方が、だんぜん展開が良かった。
ローディーならば分かると思うが、スピードと駆け引きがこのスポーツの最大の面白いところで、もちろん、漫画なのでリアルさだけを描かなくてもいいが、「やっぱ自転車は面白い!」と思わせてこそ、である。
なんだかんだ言って、買って読んでしまうのだが、あくまで期待しているからこその苦言と受け止めていただきたい。
このレビューは参考になりましたか?
45 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ツボった 2012/2/8
形式:コミック
本巻は表紙のとおり、荒北が主役。
スプリンターでもクライマーでもない、ただ周りを引っ張るだけの運び屋。
勲章など見向きもせず、惚れ込んだ相手の為に全力を尽くす。
その心意気は、敵である主人公の坂道にまで尊敬・伝染させるほど。

作者はこの損な役回りの男を輝かす為に、敵役を作らなければならなかったのだろう。
賛否両論あろうが、荒北がツボすぎたので星5つ。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック