Amazon Kindleでは、 庭園のコスモロジー をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 3,132
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

庭園のコスモロジー 描かれたイメージと記憶 単行本 – 2014/1/24


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,132
¥ 3,132 ¥ 5,110


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

庭園のコスモロジー 描かれたイメージと記憶 + エロスの庭―愛の園の文化史
合計価格: ¥ 8,532

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

聖書の失楽園以来、庭園は人びとにとって尽きせぬ憧れの対象としてあり続け、またその占める領野は果てしもなく広がり続ける。天上の楽園としての天国の表象や、ギリシア・ローマの神話の園、貴族たちのルネサンス庭園から世俗化した市民の庭まで、庭園を構成する要素である、門、囲い、水・泉、迷宮、洞窟、庭師、花・樹木・果実などを手がかりに、美術作品を通じ古今の庭園を逍遙、そこに堆積した意味の地層を掘り起こす。庭園論にして西欧文明論。図版多数収載。

著者について

美術史家。目白大学教授。2000年『フェルメール論』『フェルメールの世界』で吉田秀和賞受賞。

登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: 青土社 (2014/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791767608
  • ISBN-13: 978-4791767601
  • 発売日: 2014/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 552,310位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

投稿者 蘭丸 トップ500レビュアー 投稿日 2014/11/18
形式: 単行本 Amazonで購入
西洋の絵画作品を中心に、そこに描かれた「庭」を読み解く事に依って、確固たる「庭園論」を構築するのが本書である。
絵画上の庭を検証するのみならず、西洋文化の中に於ける庭の位置付け、価値観の変遷、更には、庭師や植物の表現に至るまで詳述しており、画期的な着眼点と趣向を凝らした展開とが際立つ、類稀なる名著であった。

本書は先ず、西洋庭園には「楽園」としての姿が求められたと言う、一つの揺ぎ無い事例に注目する。
そして、庭園の歴史は、実は裕福な人々が「自分の楽園」を制作する事から始まった…という原点を解説した上で、具体的な考察へと移って行くのだ。
庭園の入り口としての「門」、そして庭園を形成する上では欠かせない「囲い」等、所謂「外郭」について述べた上で、泉や迷宮、或いは洞窟等、内部の様々な造詣について丁寧に語り継いで行く。
庭園の中に一歩ずつ足を踏み入れて行くような臨場感があり、思わず惹き込まれてしまった。
また、その一方で、庭園を舞台に描き込まれた人物達にも目を向ける事に依って、庭園と人との係わり合いを読み解いている箇所は非常に意義深く、改めて「人間にとっての庭園」について多くを考えさせられたように思う。

因みに、個人的に興味深かったのは「迷宮」について言及した第五章である。
迷宮ー即ち「
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック