Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
幼児教育と脳 (文春新書)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

幼児教育と脳 (文春新書) [新書]

澤口 俊之
5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 745 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

幼児教育と脳 (文春新書) + 「学力」と「社会力」を伸ばす脳教育 (講談社+α新書) + 「やる気脳」を育てる (単行本)
合計価格: ¥ 2,946

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

「キレる子供」の原因は幼児期の"脳教育"にある。IQやEQではなく、自我の座"PQ"をいかに育むかが幼児教育のカギを握る

内容(「BOOK」データベースより)

人の親なら誰でも、自分の子どもが明るく元気に、そして愛情深く聡明で個性的な人間に育ってほしいと願っているだろう。そういう子どもたちが増えることこそが、日本の、いや、世界の未来にとって、とても大切なことだ。しかし、現状は逆のように見える。なぜか?そして、どうしたらよいのか?その答えは「幼児脳教育」にある。

登録情報

  • 新書: 219ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1999/08)
  • ISBN-10: 4166600540
  • ISBN-13: 978-4166600540
  • 発売日: 1999/08
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 25,710位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 育児 2013/6/16
形式:新書|Amazonで購入
これから親になる人にいいかもしれませんね。
ただ 少しむつかしいかも。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 脳教育 2013/7/26
By ひか
形式:新書|Amazonで購入
難しすぎて読めていない。あまり実用的では、ないかもしれない。
このレビューは参考になりましたか?
104 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 おいおい 2002/6/11
形式:新書
神経科学の分野では未だ結論というほど確たる理論はでていない。
まして「神経科学を元に」子育てうんぬんというのはどうかと思うが。
それよりもこの本のレシピ、まともに実行すると境界例チルドレンを量産する可能性が高い。
もしこの本を読むなら必ず他の本、例えば松本 元の「愛は脳を活性化する」(一般向け)「情と意の脳科学」(専門向け)等を読んで、自分なりに比較して欲しいところだ。
しかし、あなたが「わたる世間は鬼ばかり」「エヴァンゲリオン」のような「境界例がいっぱいな、鬱陶しい家族」を夢見るなら良書かもしれない。
このレビューは参考になりましたか?
67 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By aya
形式:新書
一見、”脳科学の成果から教育手法を考える”

という立場で書かれているように見えますが

実際は、大半が著者の憶測。現在の脳科学は、

教育手法の開発に直結するようなレベルには

達していません。著者の主張を否定するよう

な研究成果も探せばいっぱい出てきます。と

にかく、人間関係で大きな問題起こすような

人が教育を語っても説得力をもちません。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 大変良い本 2013/3/18
形式:新書|Amazonで購入
難しい内容でしたが、何回も読み直してかなりわかってきました。時々今でも読んでいますが毎回なるほどと思うことがでてきて勉強になります。
このレビューは参考になりましたか?
31 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 実用性ない 2011/2/1
By 良子
形式:新書
身籠になって、ピンクでデカい育児本が読みにくいので、新書にそれらしいタイトルの本を見つけて購入しました。著者の大先生は、自称マトモな学者でウンタラカンタラ、ウンチクカンチク、結局のところの幼児教育は何をしたらいいのかは単なる憶測風、話の飛び方は見出しタイトルを無視、妊婦をイラつかせる本でした。ふぅん、と思う所がなく、言い回しになんとなくムッとくるのは妊娠中のホルモンのせいではないと思います。でも、いつか万が一役に立つかも知れないので★ニコン。
このレビューは参考になりましたか?
76 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 子どもたちの未来のために 2001/4/23
By カスタマー
形式:新書
最近、こどもたちの中に「考える」ことができない子どもたちが増えているという。「考える」方法すら知らないというのだ。著者によると、人間を人間らしくしているのは脳の中の前頭葉と呼ばれる部分の働きによる。そして、人間社会に適応するためには前頭葉がきちんと成長していなければならないのだ。そのために、PQ(前頭前知性)を高める教育が非常に重要となってくるというのだ。それも8歳までに。 ではどうすればPQ教育ができるのだろうか。それはこの本を読み進めていくと自ずと導かれる。と同時に今の現状を恐ろしく感じることだろう。 輝ける未来を持った子どもたちに大人は何をしてあげねばならないのか。本書は我々大人が見過ごしてきた大切なことを再発見させてくれるはずである。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック