¥ 1,404
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
幻想と&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

幻想と覚醒 単行本(ソフトカバー) – 2010/9/25


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 149
CD
"もう一度試してください。"
¥ 1,957


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

幻想と覚醒 + 「生」と「死」の取り扱い説明書 + 苫米地英人、宇宙を語る
合計価格: ¥ 4,212

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

脳が生み出すリアルを知覚せよ!!世界の究極的仕組みと本当の「幸福」。二十一世紀の“真”のサトリ。

著者について

苫米地英人(とまべち・ひでと)
1959年東京都生まれ。脳機能学者・計算言語学者・分析哲学者。上智大学外国語学部英語学科卒業。
三菱地所へ入社。1985年、フルブライト留学生としてイェール大学大学院に留学。後にコンピューター科学の
分野で世界最高峰と言われるカーネギーメロン大学大学院に転入。日本人として初の計算言語学の博士号を取得。
現在、株式会社ドクター苫米地ワークス代表。主な著書に『英語は逆から学べ!』(フォレスト出版)、
『脳にいい勉強法』(アスコム)、『洗脳護身術』『洗脳』『「ツキ」を引き寄せる洗脳術』『すごいリーダーは「脳」がちがう』『幻想と覚醒』(すべて三才ブックス)『IQ200になる習慣』(東洋館出版社)『アファメーション(ルー タイス著/ 苫米地 英人監修/ 田口 未和訳)』(フォレスト出版)、など多数。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 181ページ
  • 出版社: 三才ブックス (2010/9/25)
  • ISBN-10: 4861992958
  • ISBN-13: 978-4861992957
  • 発売日: 2010/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (20件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 99,918位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハチロー 投稿日 2010/10/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
今までの苫米地本とは違った段階の内容です。
これまで苫米地本を読んでいない人は理解しかねるかもしれません。
きっと今までは皆にこの教えを伝える前段階だったのでしょう。

この世は全て幻想である。私にはスゥッと理解することができました。
目などのセンサーを通してしか物事を認識出来ない我々にとって全ては脳の中の認識による。
人によって感じ方も解釈も違う。
一人にひとつの宇宙。
その宇宙があわせ鏡のように折り重なったものがこの世と呼ばれているところです。
非常にわかりやすかったです。
悟るとは、抽象度を極限まで高めるとは…
感覚的にすこしは理解できたと思います。

ちょっと難解かもしれませんので今までの出版物に目を通すとよいかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mike 投稿日 2010/10/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
今までの著者の作品の一歩先を行かれた内容かなと思います。
マスコミについては「常識に洗脳されている」とか「TVはみてはいけない」など
他の本で書かれている内容ですが、
時間の概念と欲のコントロールについて今まで以上に深く書かれております。
そして最終章では何故この世が幻想という認識が必要なのかまで
記載しており、タイトルは「幻想と覚醒」だが、
下手な自己啓発本よりも、自分の感情がコントロールできるようになります。
ただし、あくまで今までの延長に書かれている本なので
この本から入ってしまうと
あまりにぶっとんだ内容に???となってしまうかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 0o0o0o0o 投稿日 2012/3/31
形式: 単行本(ソフトカバー)
ほかの著書では時間は未来から過去に流れるといっているが、ここでは一念三千をといている。言っていることがほかと違うように見えるが、二つは抽象度が違う見方だと思った。未来から過去に時間が流れるというのは流れの中に立っているイメージで、一念三千は次元の巻上げ的に俯瞰しているのだろう。

これまでの著書と違うと思ったのは、今までは快楽を求めて突き進むような方法でゴールを達成しようというのがテーマで、今回はより止観や瞑想などに似た仏教的な方法を説いている。

わりと文字が少ないし地球温暖化や電気自動車の話以外は抽象的だし、苫米地の本は文脈がほかの苫米地の本にも広がっているので理解するには今までの著書を読まないといけないだろう。(この本は特にそう)

「すべては幻想である」について、分かるような分からないような微妙な感覚が残っているのでそこが不満、星4
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Arjunaheart 投稿日 2010/11/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 「お釈迦様の脳科学」と併せて購入したが、こちらは著者がお得意の
自己啓発本になってしまっている気がする。言いたいことは分かるが、
短時間で書かれたのか、構成が雑で反復も多く、たとえも良いとは言え
ないと感じた。
 すべては幻想であり、この世の価値観に基づく「良い」も「悪い」も
ない。だから脳内麻薬がたくさん出る好きなことをやり続けろという
主張は別にかまわないが、一番長く持続するのは抽象度の高い理想に
束縛されることなので、そうしたものを選べばよいとして、あとがき
あたりで取ってつけたように社会貢献的な話を持ち出しているところも
落ち着きが悪い。
 こうした積極的な立論による「空」の認識には、言語が指し示す物事
や、言語自体が「空」であるために誤謬を生みかねない。著者の「信者」
さん向けに限定するならいいが、「21世紀の真のサトリ」を標榜する
には「雑念」が多すぎるきらいがある。苫米地氏なら「それも方便」と
言い切るだろうが。
 とはいえ、「お釈迦様の脳科学」が分かる読者であれば、本書で著者
が何を言いたいのかは十分にわかるだろう。生まれながらに日常をリアル
に生きてきたわれわれが、すべてを幻想と理解するにはこの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
36 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 黄色 投稿日 2010/9/26
形式: 単行本(ソフトカバー)
ものすごく平たく表現すればまさに仏教の本です。 しかし、今まで苫米地さんの著書全てを読んできた私には苫米地英人の「一応」の集大成という感じがします。 なぜ一応かというと苫米地さんならまだまだ素晴らしい著書を書くだろうという意味ですので、内容としては全く一応ではなく、かなり本気さがわかります。 苫米地さん本人もブログでかなり本気で書いたとおっしゃってました。 一番衝撃的だったのは時間の流れについての話でしょうか。 今までの著書では「時間は未来から過去へ流れている」としながらも、同時に「一念三千」も主張し、この本ではっきりと「時間は流れていない、未来も現在も過去も同時に存在する」と明言しました。 さらには抽象度と幻想の話と今までの苫米地さんの本を読んでいれば読んでいるほどこの本は価値を持つのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック