Amazon Kindleでは、 幻國戦記 CROW ―千の矢を射る娘― GA文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 680
通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
幻國戦&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

幻國戦記 CROW -千の矢を射る娘- (GA文庫) 文庫 – 2012/11/15


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

幻國戦記 CROW -千の矢を射る娘- (GA文庫) + 幻國戦記CROW2 -夢幻郷に唄う娘- (GA文庫)
合計価格: ¥ 1,360

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「“神器”と“御禍戸”、どちらも叛徒の手に渡すわけにはいかぬ。ましてや“忍”、人ならぬ、人に作られしモノどもなどには…」美須真留八州、ひいては豊葦原の地を汚れた魂喰や魍魎から守る高濃度霊子集積回路“神無薙”。その“神無薙”を守る“御禍戸”が崩御した―。噂は瞬く間に八州を駆け回り、新たな火種となっていた。葛木の里の生き残りの少女・千弦は、謎の怪人に追われ気を失う直前、黒鴉の面の“忍”に助けられる。だが彼は、千弦の里を滅ぼした、彼女が仇と狙う憎き男・鴉で…!?真なる闇夜を“忍”が駆けめぐる。ニンジャ・スチームパンク開幕。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

五代/ゆう
1992年『はじまりの骨の物語』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2012/11/15)
  • ISBN-10: 4797371897
  • ISBN-13: 978-4797371895
  • 発売日: 2012/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 104,695位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/11/19
形式: 文庫
「売れ線を…」との意見がありますが、五代氏にはやはり五代氏の独自路線をどんどん続けていってほしいです。売れ線ならほかにいっぱい書いてる人いるし、『パラケルススの娘』でも最初の方は売れ線萌えモノに走ったと見せかけて、結局いつもの五代節に戻ったし。
 たとえ流行の萌えを書こうとしても、五代氏の本質はやはりシリアスで濃密な世界観と大きくうねる物語にあると思うので、萌えはまあサービス程度だと思って、ファンはがんばって買い支えましょうよ。
「アバタールチューナー」から五代作品に入ったのでよけいそう思うのかもしれませんが、近ごろ貴重なくらいカッチリした『強い』物語を書ける方だと思うので、今後とももっとこういうものを読ませてほしいです。

 山田風太郎の忍法帖シリーズが好きで、SF好きで、なおかつ特撮の変身ヒーローが好きな人には超オススメ!です。
 独特の世界観、時代劇の文法とライトノベルの文法を絶妙にまぜあわせた勢いのある文章と物語にゾクゾクします。
 どっちを向いても萌えハーレムか最強主人公ばかりのラノベの中、こういう硬派なものも一本くらいあっていいのではないでしょうか。
 まあ今回特に「好き勝手書いた」とご本人が言うだけあってかなりニッチな層狙いですがw
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/11/19
形式: 文庫
私がこの作者の作品を初めて読んだのが小5のときなんですかなり思い入れのある作者なんですが…

頼むから一度でいいから売れ線狙いで書いて欲しいです。私が小5でも十分理解出来たので文才は凄くあると思うんですがマニアック…

今回も難しく&マニアックです。一度売れてからこういう作品書くのはいいんですが今回も厳しいだろうな…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック