Amazon Kindleでは、 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
 
その他のイメージを見る
 
1分以内にKindleで 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた [単行本(ソフトカバー)]

山中 伸弥 , 緑 慎也
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (45件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,296 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
10点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,296  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた + 「大発見」の思考法 (文春新書) + 生命の未来を変えた男 山中伸弥・ips細胞革命
合計価格: ¥ 3,735

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

■祝・ノーベル賞受賞! 唯一の自伝。はじめて明かした、研究人生とiPS細胞のすべて

決して、エリートではなかった。「ジャマナカ」と馬鹿にされ、臨床医をあきらめた挫折からはじまった、僕の研究――。

■「iPS細胞ができるまで」と「iPS細胞にできること」

ぼくは医師であるということにいまでも強い誇りを持っています。臨床医としてはほとんど役に立たなかったけれど、医師になったからには、最期は人の役に立って死にたいと思っています。父にもう一度会う前に、是非、iPS細胞の医学応用を実現させたいのです(本文より)

■読みやすい語り口で、中学生から読める

父は町工場の経営者/高校柔道部から受験勉強に邁進/「ジャマナカ」と蔑まれた研修医時代/臨床医としての限界/はじめての実験/求人広告に手当たり次第応募/オスマウスが妊娠?/帰国/「アメリカ後うつ病」にかかる/新入生争奪戦/遺伝子を二四個まで絞り込んだ!/論文捏造スキャンダルの陰で/再生医療の可能性/病気の原因解明と創薬 (本書の内容より)

内容(「BOOK」データベースより)

日本で最もノーベル賞に近い男がはじめて明かした、研究人生のすべて。決して、エリートではなかった。「ジャマナカ」と馬鹿にされ、臨床医をあきらめた挫折からはじまった、僕の研究―。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 194ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/10/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062180162
  • ISBN-13: 978-4062180160
  • 発売日: 2012/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (45件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 29,906位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
79 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)
山中先生の研究に向けた姿勢、これまでの経験、そして、iPS細胞の意義が、山中先生ご自身の言葉で、非常に分かりやすく説明されています。彼の人格、研究への想いが、優しい語り口で、伝わってきます。これからの研究を目指す人だけでなく、科学に興味のある小学生高学年以上の方には、是非とも読んでもらいたい内容です。

ノーベル賞受賞者というと、天才肌で近付き難いイメージが有ります。しかし、山中先生は、研究では勿論厳しい方と思いますが、それ以外では、マラソンに参加し、ジムにも通い、お酒も楽しむ、ある意味、普通の感覚をお持ちの方だと思います。

本書で語られる「人間万事塞翁が馬」「研究には、ビジョンとハードワークが必要」というのは、全ての仕事に通じる内容。臨床医時代に、他の医者が20分でできる手術を2時間もかかってしまい、上司からは「じゃまなか」と言われ続け、悩み続けた末に、基礎医学に転じた経緯は、まさに「人間万事塞翁が馬」そのものと思います。
最も印象的だった言葉は、最後の「臨床医としてはほとんど役に立たなかったけど、医師になったからには、最期は人の役に立って死にたいと思っています。父にもう一度会う前に是非、iPS細胞の医学応用を実現させたいのです。」
素晴らしいお考えで感動しました。

全体構成としては、二部構成で、
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
46 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By なんださか トップ500レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)
ノーベル賞の山中教授が、研究室のメンバーや家族への感謝の気持ち、iPS細胞研究について、率直に語った本。

やるかやらないかの選択を迫られたとき、やらなくて後悔するくらいなら、やってから後悔する。チャレンジをやめるとそこから先へ進むことは決してできないというメッセージに共感したそうで、アメリカから帰国して「うつ」になったとき、自己啓発本をたくさん読んで学んだことがいろいろあると述べている。

医師をめざすまでの話、神戸大学医学部時代の話、臨床医から基礎医学に進路変更した大阪市立大学大学院時代の話、大学院卒業後、博士研究員(ポスドク)として、たくさん応募した中でやっと採用してくれたグラッドストーン研究所での研究生活の話、その後、奈良先端科学技術大学院大学で、上に教授がいない唯一の助教授として採用された話。この大学院大学で、iPS細胞発見を支えてくれる仲間たちと出会うことになる。その後は、奈良先端大には医学部がないので京都大学再生医科学研究所に転職して、今回の発見に成功する。

24個まで絞った遺伝子から、初期化に必要な因子をどうやって見つけるか、24個から2個、24個から3個と選ぶ組み合わせは膨大なもので、ぜんぶ実験できない。そんなとき「24個全部入れて、1個ずつ除いて行ったらええんやないですか」と言ったのが、奈良先端大のと
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本(ソフトカバー)
今、京都大学の山中先生の名前を聞いて、「誰、その人?」と言う日本人はよほど特殊な環境下におかれた人だと思います。
従来より、非常に有名な名前でしたが、『時のヒト』として急速に日本中(あるいは世界中)にその名前が知れ渡ったのは2012年のノーベル医学・生理学賞の受賞が山中先生に決まったと発表されてからだと思います。
この本はその山中先生の自伝であり初版が2012年10月10日であったのに対して第三刷が10月19日であることをみれば如何に売れているかが分かります。しかし、売れているから良い本とは限らないのは、世の中によくある話です。例えば、ノーベル賞受賞決定が2012年10月8日で発売日がその2日後というタイミングがうまくはまり、一時的に売れたということも十分ありえることなのです。
以前よりiPS細胞に興味のあった私はかなり前からiPS細胞の書籍をかなり読んできましたが、その中には私の知的好奇心を満足させた数冊の本(*後記)があり、今回の山中先生の自伝には大した期待もなく、読み始めたのです。しかし、この本は違っていました。私の好奇心を刺激することはない『しょうもない本だろう』と思ったのが大きな過ちであったことに気付くのにそれほど時間はかからなかったのです。
この本全てが素晴らしいのですが、私は特に次のいくつかの点(3つの教訓など)に感心(感動?)
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 榎戸 誠 トップ500レビュアー
形式:単行本(ソフトカバー)
【中身がぎっしり】
こんなに文章量が少ないのに、こんなに中身がぎっしり詰まっている本は珍しい。『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(山中伸弥著、聞き手・緑慎也)は、3つの魅力を備えた、MR必読の書である。

【iPS細胞とは】
魅力の第1は、この本を読めば、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の過去・現在・未来が明快に理解できること。

ES細胞を医療に応用する上で大きな障壁になっていた倫理的問題と免疫拒絶問題をiPS細胞が解決したこと、iPS細胞の応用で期待できるのは、●再生医療、●病態モデルによる難病などの原因解明、●難病などの治療薬の開発――の3つであることなどが、分かり易く述べられている。

当面の課題として、iPS細胞のストック(在庫)を作ることと、iPS細胞の安全性を高めること――に全力を挙げている。これには、iPS細胞の技術を、一日も早く患者たちの役に立たせたいという著者の思いが籠もっているのだ。

【超難関の仕事には】
魅力の第2は、誰もが達成困難と見做すような難しい目標に挑戦し、それを成功させるのに必要な考え方と方法論が学べること。

著者が研究の虜となるきっかけは、人生初の薬理学の実験で、指導を受けていた先生に「先生、大変
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 万能細胞とそして研究者の仕事について
STAP細胞とその論文の不正疑惑についての特集番組をテレビで見て、この本を読んでみようと思いました。一般に万能細胞と呼ばれるES細胞やiPS細胞、そして研究者の方... 続きを読む
投稿日: 4日前 投稿者: 梅吉
5つ星のうち 5.0 飾り気のない語り口に驚きます
 こんなに凄い発見をした科学者とは思えない位、正直に
これまでの人生を語っています。山中先生の著作の中では
これが一番です。
投稿日: 20日前 投稿者: 影
5つ星のうち 5.0 山中先生の人となりがよくわかる。
山中先生がノーベル賞を受賞されたときのこと。
ご本人へのインタビューで「受賞の連絡を受けたときは何をされていましたか」との質問に対して... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: たなか
5つ星のうち 5.0 山中さん、素敵☆
説明がすごくわかりやすかったです!私は理系の大学を卒業しましたが、講義よりも何倍も理解しやすかったです。また、ユーモアのある、ポジティブな山中さんに惚れました。読... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: ぴー
5つ星のうち 5.0 大満足です!
大変綺麗な良品で、丁寧迅速な配送で感謝しています。 商品自体は何の問題もなく、気持ちよく取引をさせて頂きました。
投稿日: 2か月前 投稿者: ±±
5つ星のうち 3.0 内容が薄い気もする
もっと生命科学の深い話を読みたかった.進歩の早い分野ゆえに仕方がないのかもしれないが...
投稿日: 4か月前 投稿者: t
5つ星のうち 2.0 もう少し掘り下げて・・・
このページ数で「人生」と「iPS細胞」の両方を聞くのは無理があろうかと・・・。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: 一甫一歩
5つ星のうち 5.0 紆余曲折の事実
最近、福岡伸一氏の本をよく読み、万能細胞にも興味を持ちました。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: ひつじ日和
5つ星のうち 5.0 いよ~っ!男前!!
高度な事がすらすら読めるように書いてある。
プレゼンのポイントなんか、「こんなところに金貨がおちてる~。」みたいな印象。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: ジョナサン
5つ星のうち 5.0 ビジネスマンとして山中アニキの考えは大いに勉強になる
著者は、2012年のノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥さん。数学と物理が好きな科学少年で、電気製品を分解したり、星新一やペリー・ローダン・シリーズを愛読、学生... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: パパぱふぅ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック