Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
屍鬼〈2〉 (新潮文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

屍鬼〈2〉 (新潮文庫) [文庫]

小野 不由美
5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 767 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
文庫 ¥ 767  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

屍鬼〈2〉 (新潮文庫) + 屍鬼〈3〉 (新潮文庫) + 屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
合計価格: ¥ 2,257

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「尋常でない何かが起こっている」。死者の数は留まるところを知らず、村は恐怖の連鎖に陥っていた。山々に響き渡る読経、毎日のように墓場に消えていく真白き棺。さらにそのざわめきの陰で、忽然と姿を消している村人たちがいた――。廃墟と化した聖堂に現れる謎の少女。深夜、目撃されるトラックの残響。そして闇の中から射る、青白い視線……。目が離せない展開、戦慄の第二幕。

内容(「BOOK」データベースより)

「尋常でない何かが起こっている」。死者の数は留まるところを知らず、村は恐怖の連鎖に陥っていた。山々に響き渡る読経、毎日のように墓場に消えていく真白き棺。さらにそのざわめきの陰で、忽然と姿を消している村人たちがいた―。廃墟と化した聖堂に現れる謎の少女。深夜、目撃されるトラックの残響。そして闇の中から射る、青白い視線…。目が離せない展開、戦慄の第二幕。

登録情報

  • 文庫: 503ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/1/30)
  • ISBN-10: 4101240248
  • ISBN-13: 978-4101240244
  • 発売日: 2002/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 121,728位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 推理小説としても一級 2002/5/11
投稿者 カスタマー
形式:文庫|Amazonで購入
2巻では、村の副住職と医者が村に蔓延する死の病気についての謎に
迫ります。基本的にはホラーだと思いますが、この巻の二人の推理と
それをあざ笑うかのように広がっていく病気の状況は、緊張感に溢れ
つい一気に読んでしまいたくなります。
一巻は序盤でなかなか物語りが見えてきませんが、この巻で全体の片
鱗が見えてきます。これから買う方は1,2巻は揃えて買うべきでし
ょう。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 話が面白くなってきます 2012/1/8
投稿者 ビンタ
形式:文庫
話が進まなくてイライラする一巻を過ぎれば後は面白いです。

村を襲う謎の死、物語の中でも主要な人物である住職と医者がそれに迫ります。

しかし、一番最初にそれの真相に気づいたのは・・・
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 徐々に 2005/12/29
投稿者 するめいか
形式:文庫
 盛り上がりを見せる屍鬼、第二巻。

 医者と坊主が必死で村に蔓延する異常事態を食い止めようと画策するが、それでも事態は拡がるばかり。

 この巻にあって、主人公である清信と敏夫の関係がさらにわかり、また、裏に思う人間関係が露呈されていく。そういった意味で、この巻は登場人物のしっかりした顔見せ、という意味になるのだろうか。

 
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 よいです 2013/2/8
投稿者 空我
形式:文庫|Amazonで購入
タイトルに興味があり買ってみました。よんでみて楽しかったです
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック