通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

屍鬼〈1〉 (新潮文庫) 文庫 – 2002/1/30

5つ星のうち 3.8 86件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
  • +
  • 屍鬼〈2〉 (新潮文庫)
  • +
  • 屍鬼〈3〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,257
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2016年本屋大賞 ノミネート作品発表
話題になった『火花』、『流』、『朝が来る』など他10作品がノミネート。作品一覧 へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも…。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小野/不由美
大分県中津生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東京異聞」は1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、大変話題を呼んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 583ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410124023X
  • ISBN-13: 978-4101240237
  • 発売日: 2002/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,318位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/31
形式: 文庫 Amazonで購入
1巻は村人の紹介など7割が導入部分として使われており、なかなか事件が展開しないのでもどかしく、途中で読むのをやめようと思いました。
1巻では誰が犯人なのか、何が原因なのかと推理しながら読んでいくことと思います。
しかしこの作品は読者の推理が及ぶほど凡庸な作品ではなく、
2巻から5巻までは読み止むことができない、ぐいぐいと作品に引き込まれていくでしょう。寝不足になります。
1巻だけ買うと先の巻は読まないと思うので、まとめて買うのをおすすめします。
コメント 54人中48人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
「村は死によって包囲されている…」この象徴的な文で始まる通り、ひとつの死をきっかけに、閉鎖的で小さな村にじわじわと死が蔓延し始めます。死の理由がわかるにつれて「え?こういう話の展開?」と個人的には思ったり、また圧倒的なボリューム、登場人物の多さや場面の切り替わりの早さなどにも初めは戸惑いまが、読み進めるうちに緻密で魅力的な世界観、文章力にぐいぐい引き込まれました。 登場人物の一人が書いている小説と対比されながらの展開も見事です。ホラーというカテゴリになるようですが、その枠だけには収まらない、深く考えさせられる、そして哀しい話です。傑作。
コメント 25人中20人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
以前から読みたかったのだが、単行本2冊はちと高価。ようやく文庫化されたのを機に読み始める。小野不由美初体験なので、とりあえず1~3巻を購入。やたらと多い登場人物に辟易しつつも、閉塞世界で繰り広げられる超常ストーリーにジワジワと引き込まれて行く。3巻目に突入する辺りから面白さは急加速。「これ、なかなか面白いぞ」妻に話す。速読の妻はあっという間に1~2巻を読み終え、私が読みさしの3巻目は、私が酔っ払って寝ているスキに先に読まれてしまった。形勢逆転。妻は間髪入れず4~5巻目を購入、そして一気読み。「た、頼むから先は話さないでくれ!」夫の懇願にフフフと意味ありげに笑う妻。3~5巻は寝る間も惜しんで読み狂った。近頃、これだけ没頭したミステリーは他にない。
コメント 54人中42人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 万人に売れるモノではないことは確か。

 軽い,読みやすい,展開が速い…それにアンチを唱えているかのような作品だと思ってもらえればいいと思う。

代表作「十二国記」も同様だったのは,読んだ人には分かってもらえるだろう。あれも,難解な言葉と人間の葛藤をテーマにした重さがあったが,やっぱりファンタジーであり,まだまだ読みやすい部類に入る。

 この作品,特にこの1巻目は,更に輪をかけて読みにくいし分かりにくい。しかし,それだけに深さがある。

 見えない闇の深さを測り知るには,必要なのではないだろうか。

 村人のそれぞれの日常を追い,それぞれの出来事を拾っていくからこそ,村の存在自体に深みが増してくる。

 そんな,この1巻目の描写が無駄なわけがない。

 出来事は断片的で,何が起こっているのか全く分からない。でも,だんだんと何かが進行してくる。表に出たときは手遅れなほど大きいことが……早く手がかりを掴まなければ!早く!でも,とうすればいいんだ!

 この1巻目には,そんな恐怖が描かれている。私は,続きが気になって仕方ががなかった。早い展開では,こうはいかなかっただろう。

 プラスアルファというか,ここ
...続きを読む ›
コメント 14人中11人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/14
形式: 文庫
この1巻は山村で繰り広げられる奇怪な事件の最初の部分なのですが、
村の住民各々の視点からじわじわと村で起きていく異変が語られて
そこがもどかしくも面白くもあり。
まだ1巻なので物語は淡々と進んでいきます。
それでもおぞましい描写があり、この次2巻3巻と
もっとすごいシーンがあるのかと思うと買えなくなってしまうかも。
小野 不由美作品はこれが2作目なのですが、書店でみて思わず買ってしまいました。
全5巻ですが1巻からひきこまれるおもしろさです。
コメント 30人中23人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
この手の小説にしては全5巻という読み応えのある量だったけど、読み流して最後までいきました。

巨大な山火事のオープニング、それは村ひとつを忌まわしい事件ごと焼き尽くした炎だった。

前半は閉鎖された山あいの中規模な村で、奇妙な疫病が広がっていく。

致死率100%の原因不明な疾患に、村のトップである寺の住職とその幼なじみの医者が原因究明のために奔走する。同時に田舎の人間関係がくっきりと浮かび上がっていた。

中盤からは疫病の正体が明らかにされていく。それは蘇った死者であり、命を長らえるために新たな犠牲者を求める。非常識な現実から目を背ける人々だったが、被害が己の身に降りかかって狩人に変じる。恐怖とおそらくは歯止めのきかなくなった集団心理で、関係ない犠牲者を出しつつも疫病ははらわれたかのように見えた。

ホラー小説として恐怖を感じるのは、やはり身近な者がアンデッドの化け物となって襲ってくる所だろうか。しかしただのパニックホラーに終わらないのは、屍鬼となっても記憶や感情が残っているためだ。それでも生きるためなら他人を襲ってもかまわない。それはある意味弱肉強食の原理にのっとっている。

身を守るためならそれらを虐殺しても構わない。これも同じ理屈だろう。

炎でも浄化できないのは人の心と過去である。罪とは何だろうかと考えさせられた。
コメント 5人中4人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック