中古品を購入
¥ 376
中古品: 良い | 詳細
発売元 優々楽々堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】ページ側面にヨゴレが少しあります。カバーに傷みが少しあります。その他の状態は問題ありません。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

屍鬼〈下〉 単行本 – 1998/9


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 51


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

村は死の中に弧絶している―忍び寄る死者の群。息を潜め、闇を窺う村人たち。恐怖と疑心が頂点に達した時、血と炎に染められた凄惨な夜の幕が開く。

内容(「MARC」データベースより)

尋常でないなにかが起こっている-。忍び寄る死者の群。息を潜め、闇を窺う村人たち。恐怖と疑心が頂点に達した時、血と炎に染められた凄惨な夜の幕が開く…。書き下ろし長編小説。

登録情報

  • 単行本: 726ページ
  • 出版社: 新潮社 (1998/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103970030
  • ISBN-13: 978-4103970033
  • 発売日: 1998/09
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 14.4 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (23件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 67,826位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

21 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いっこ 投稿日 2003/10/10
形式: 単行本
本当におもしろかったです。心から。
上下巻に分かれていますが、上巻は(あれだけの厚さをもっても)序章にすぎません。本番はこの下巻から!
上巻の途中まで、タイトルの「屍鬼」というのが何を指すのかわからず、それゆえに怖かったです。伝染病なのか、タタリなのか、化け物なのか。実体があるのか、ないのか。「よくわからない」というところが恐怖を煽ります。
「屍鬼」の正体が明らかになった下巻では上巻とは違い、様々なことを考えさせられます。善悪の区別とは何なのか?人間側から見る善悪と、屍鬼側から見る善悪、そして第三者として神が存在するなら、何故屍鬼という生き物が存在するのか。「生きる」という根本的なことはどういうことなのか。この「屍鬼」という物語はただのホラーやミ!ステリーものとは違い、色々な意味で深い話です。
人間一人一人、屍鬼一人一人の想いや生き方も鮮明に描かれ、切なくてやりきれない場面もいくつもあります。
「外場」という小さな村が舞台の話ですが、物語自体は壮大な話だと思います。長いのが難と言えば難で、とっつきにくいのですが、逆にだからこその良さがあります。ぜひ一度読んでみてください。後悔はしないはずです。
この話を読んで、改めて小野不由美氏のすごさを思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆみ_ 投稿日 2004/12/15
形式: 単行本
渾身の作、という感じがします。丁寧に書かれています。
面白いですよ。
しかーし、その分、読み進むにつれ、イライラ感が募ってくるんですよね~。それが本の世界に入っている証拠なのかもしれませんが。
倫理・道徳・死生観…
その書かれ方が、何だかうっとおしくなってくるんですよね。
上手いのに不思議です。
医者・看護師たちにはつい肩入れして応援したくなりましたが、
どうもそれ以外の人物には妙にイライラさせられます(苦笑)
何より、若住職に(&彼の小説)
ラストはちょっと期待はずれって感じで星3つ。辛口です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ringcall 投稿日 2005/8/4
形式: 単行本
最後まで一気に読ませる筆力はさすがと言える。面白かった。ひとつの地域の中心にある人物が自らに所与のものとして与えられた役割をどう受け止めるのか、その心の過程を描いているという点では、筆者の代表作である『十二国記』と相似していると言える。2人が自己の内面を掘り下げていく様子と、延々と続く残虐な様子とが重なり合うはずであっただろうラストの印象が薄いのが、惜しいという気がした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ラーメン二郎 投稿日 2009/7/2
形式: 単行本
テンポよく話を進めてもらったほうが、より怖さを感じる事が出来たのではないかなぁ?
上下巻読むのは・・・正直、長過ぎて苦しかった。
人名も律子とか清美とか元子とか誰が誰か途中で分からなくなることもしばしば(笑)。

閉鎖的な村、鬼の伝説・・・設定はとても面白いと思ったのだけど。
この作者のファン以外の人は、ぽんぽん飛ばしながら読むくらいでちょうどいいのかも?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 きよ子 投稿日 2011/8/10
形式: 単行本
上巻をかなり期待して読んだのですが、村人紹介で終わってしまってがっかり。せっかく読みだしたのだからと気を取り直して読んだ下巻は、まあまあドラマもあって、読みやすかった。上巻だけであきらめてしまわないで。屍鬼は悪なのかという、深い問題提起はあるが、話の内容の割に物語が冗長に思える。十二国記ファンは壮大なスケールを期待してしまうがそれはない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 偽物の勉強にもってこい 投稿日 2014/5/13
形式: 単行本 Amazonで購入
何故医者の尾崎が起き上がりに思考がいったのか、
色々つっこみどころがありますが
ただ、室井の生きていくという力は好悪別として凄まじく素晴らしいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tkselement 投稿日 2005/5/14
形式: 単行本
 ページをめくると最初にTo 'Salem's Lotとあるように、これはかのスティーヴン・キング氏のホラー小説「呪われた町」(原題'Salem's Lot)を、設定の詳細が若干違うものの、ほぼ同じストーリー展開で、舞台を日本の田舎町にしただけなのですが、そこは小野不由美さんの驚愕すべく筆力、本家よりも日本人に合わせた作りで、同じ話ながらまったく別物のような物語に仕上ています。
 これは凄いことです。はっきり言うと本家のイミテーションなのですが、本物よりも輝いているという、とてつもなく厄介な傑作です。
 確かに長い。2段詰めで目いっぱい書き込み、総ページ数は約1700ページの驚嘆するほどの長さ。重厚な物語にものすごい描きこみのため、スローテンポで進む物語に本書を投げ出したくなる人もいると思いますが、あせらずゆっくり読み進んでください。後半物語が動き始めると、もう怒涛のごとくの展開です。ものすごく恐ろしい話です。これを読むと本当に恐ろしいのは人間なんだなあと、改めて実感します。
 「十二国記」で知られる小野不由美さんの渾身の力作です。私の生涯ベストテンの一つの小説です。その分厚さに圧倒されること無く、一回読んでほしい作品ですね。
 それにしても分厚い本です。上巻約700g、下巻約800g、あわせて1.5kg・・・・。鉄アレイ替わりになるなこれは(笑)。その重さに見合うだけの小説なので、いろんな重さにめげずがんばって読み進めましょう。きっと後悔はしませんから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック