この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

屍鬼〈上〉 単行本 – 1998/9


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 27


キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

死が村を蹂躙し幾重にも悲劇をもたらすだろう―人口千三百余、三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村。猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく。増え続ける死者は、未知の疫病によるものなのか、それとも、ある一家が越してきたからなのか。

内容(「MARC」データベースより)

人口千三百余、三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村。猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく。増えつづける死者は、未知の病によるものか、それとも、ある一家が越してきたからなのか…。

登録情報

  • 単行本: 545ページ
  • 出版社: 新潮社 (1998/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103970022
  • ISBN-13: 978-4103970026
  • 発売日: 1998/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 14.4 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 41,442位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

37 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tkselement 投稿日 2005/5/10
形式: 単行本
 ページをめくると最初にTo 'Salem's Lotとあるように、これはかのスティーヴン・キング氏のホラー小説「呪われた町」(原題'Salem's Lot)を、設定の詳細が若干違うものの、ほぼ同じストーリー展開で、舞台を日本の田舎町にしただけなのですが、そこは小野不由美さんの驚愕すべく筆力、本家よりも日本人に合わせた作りで、同じ話ながらまったく別物のような物語に仕上ています。
 これは凄いことです。はっきり言うと本家のイミテーションなのですが、本物よりも輝いているという、とてつもなく厄介な傑作です。
 確かに長い。2段詰めで目いっぱい書き込み、総ページ数は約1700ページの驚嘆するほどの長さ。重厚な物語にものすごい描きこみのため、スローテンポで進む物語に本書を投げ出したくなる人もいると思いますが、あせらずゆっくり読み進んでください。後半物語が動き始めると、もう怒涛のごとくの展開です。ものすごく恐ろしい話です。これを読むと本当に恐ろしいのは人間なんだなあと、改めて実感します。
 「十二国記」で知られる小野不由美さんの渾身の力作です。私の生涯ベストテンの一つの小説です。その分厚さに圧倒されること無く、一回読んでほしい作品ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 life 投稿日 2007/1/21
形式: 単行本
その火事は事件の始まりではなく終焉だった。
★を10個つけても足りないくらいの面白さ。単純に読めば二日貫徹してもおかしくないホラーでありエンターテイメント小説。これだけの作品にはなかなか出会えません。
これだけ縦糸横糸を張り巡らせているのにトリッキーではない、極めてシンプルなのです。そしてどんな展開になっていってもけして無駄なあおりはなくむしろギリギリまで引き金を引いているような緊張状態。
遅筆だとかいわれても出てくる作品がこれでは文句がいえません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Wakaba-Mark 投稿日 2006/1/8
形式: 単行本
文庫版で5分冊にもなっているこの長い小説を発行当時のハードカバー(上巻・下巻)で読んだ。

物語の面白さもさることながら、「屍鬼」たちが凶暴で恐ろしいバンパイアではなく、姿かたちはもとより内面もきわめて人間的な感情を持った普通の存在として描かれているところが単なる「ホラー小説」の域をはるかに超えていた。

文章自体も「吸血鬼もの」とは思えないほど淡々として穏やかな筆運びで、著者は「神」とか「秩序」とか観念的な「何か」を訴えたかったのではないかと思う。

それにしても上巻545ページ、下巻726ページ、合計1271ページ、読み終えるのに11日間、フー、疲れた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ホレイシア 投稿日 2008/6/8
形式: 単行本
 確かにこれはホラー小説と分類されるのだろう。
 だが、本当に怖いのは、作者が田舎の村の閉鎖性、そこに暮らす人間の善意にあふれるいやらしさ、本人が全く気づかない悪意などを知り尽くし、それを嫌というほど書き込んでいること。この人の作品に共通するのは、そういう類の怖さだ。ここまで書くかというほどの人間の醜さの連続。たしか文庫版の解説で宮部みゆき氏が「呪われた町」と比較しているが、私はこちらの方が怖かった。
 ただ「十二国記」もそうだが、テンポのよい、笑いを誘われる会話でコーティングしてあるので、決して下品にならない。読まなければ損な作品には間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みかんちゃん 投稿日 2003/1/14
形式: 単行本
お話の展開がとてもスローです。上巻の半分以上がまだ序章といった感じですので、頑張ってたどり着かないと確かに「なにこれ!!説明文長すぎ」と途中で放棄したくなるのもわかります。でもその後のご褒美が大きいです。まさに背中が粟立ちましたよ・・・。静に忍び寄る恐怖が待っています。そして長い序章も報われることでしょう。と、ここまでは上巻を読破した感想です。下巻が楽しみです。
京極夏彦さんやキングが好きな方もお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "はづきみや" 投稿日 2005/4/28
形式: 単行本
まず、短所としては、話がサクサク進まずに、物語の本筋が
すぐには把握できない事。
話がすぐに進まないと飽きてしまう人にはこの本は薦められない。
長所としては、風景や情景の描写が緻密で、村の雰囲気や、
村人の心の機微までもが、丁寧に書かれている事。
ほとんどの人が顔見知りばかりという、田舎の閉鎖的な環境が、
様々な村人の様子を通して、ありありと伝わってくる。
最近はあまり使われなくなった漢字や表現も多いが、
古民具的な味わいがあって、読みづらさは感じなかった。
むしろそういう漢字や表現を使うことによって、
昭和の時代のまま止まってしまったかのような村の雰囲気が感じられ、
より味わい深い文章になったと思う。
死に包囲され、原因も解決方法も解らぬ中、じわじわと包囲網が
狭まってゆく……というところで上巻は終わりになる。
「これからどうなるんだろう?」、「すぐにでも下巻が読みたい!」、
そう思わせる終わり方である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック