この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

屋根裏部屋の花たち (扶桑社ミステリー) 文庫 – 1989/10


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容説明

Flowers in the Attic, a great book about a forbidden love, will make you feel lost in a whirlwind of suspense. The heartbreaking torment of not seeing the golden rays of sunlight will depress you and the feeling of being released after having been locked up will make you feel relived. Here you will meet Catherine, Christopher, Cory and Carrie. Catherine is a ballerina; Christopher is a genius aspiring doctor, and Corey and Carrie show artistic abilities. Their mother is a beautiful woman with the power to either make or destroy the only thread of life they have. Left at the mercy of their treacherous grandmother, the children are forced to endure her heartless ways. Beaten, name calling and iniquitous treatment are the theme of religious self-righteousness in this classic novel. Nevertheless, there is hope for the four children, when they wise up and decide that escape is the only road to freedom. The twins cannot grow without sunlight and Catherine is determined to find revenge on her merciless grandmother and uninterested mother. When Catherine discovered the extent of the mother’s disinterest she and Christopher make a plan to forever leave the mansion. There are many twists and turns to this book, discovered secrets and hidden plans, there is an interesting plot and never ending discovery. Some things are not discovered until book three or four. Catherine dances her days away, dreaming of becoming a world renowned ballerina. She teaches herself to go on point and dedicates her time to that. She believes she is very beautiful, princess like, and irresistible, but really she just has a growing obsession with her maturing body. Every day she becomes more and more like her mother. They have the same pale blond hair. All of the children have cornflower blue eyes and Christopher looks exactly like his father. --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

1950年代のアメリカ。「私」、キャシー・ドーランギャンガーはなにひとつ不自由のない、しあわせな少女時代を送っていた。「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった。」私には優しい兄クリス、双子の弟と妹、そして誰よりも素敵なパパとママがいた。ところがある日、思いもかけない不幸が私たち一家を襲う。交通事故で最愛のパパを失ってしまったのだ―。その日を境として、あとに残されたママと4人の子供たちの運命は一変した。着の身着のまま、母の実家のヴァージニアに向けて出発した5人だったが、過去の過ちで勘当されていた母のために、私たち4人は壮大な屋敷の屋根裏部屋に閉じ込められてしまった。この屋根裏部屋から出られる日はすぐに来ると信じながら―。全米女性に熱狂的な支持を受けた『屋根裏部屋の花たち』シリーズ第1部。

登録情報

  • 文庫: 549ページ
  • 出版社: 扶桑社 (1989/10)
  • ISBN-10: 4594004970
  • ISBN-13: 978-4594004972
  • 発売日: 1989/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 385,922位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nothing hurt 投稿日 2011/5/8
形式: 文庫
一昔前のアメリカでは田舎のスーパーマーケットには、必ずV.C.Aのペーパーバッグが売っていた。
抑圧された思春期のエロティシズムが感じられるゴシック・ファンタジーロマンの金字塔、だと個人的に思う。
ここまで怖い本は読んだことがない。少女たちはこぞって本書を買っていたものだ。

古い大きな邸宅、美しい兄妹、繰り返される罪、監禁、狂信的な祖母、飢餓、禁忌、若く美しい母。

これでもかというほど、ゴシックロマンスのテイストを詰め込んでいる本作は
ご都合主義の展開も見受けられるけれども、その奥に作者の人間への冷めた視線が感じられる。
一番この世で素敵なものは、人間の心。
一番この世で恐ろしいものも、人間の心。
ゴシック・ロマンの体裁をとっているが、何故か非常に、普遍的なものを秘めていて、
そのことがものすごく怖い。
同じことが、今も、どこかで、起こっているに違いない。

主人公のキャシーは結局、幼少期を異常な抑圧状態で過ごしたために、
空想と現実の折り合いをつけることができずに、成長後も幼少期の空想の世界へ逃げ込んでいく。
現実の自分を失っていくだけなのね。
シリーズ最後で彼女は、結局「屋根裏部屋」へ還っていくしかないのだ。
それが、哀しい。
そして、罪は、繰り返される。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鶯初音 投稿日 2005/3/2
形式: 文庫
この著者の作品は初めて読みましたが、かなり衝撃的でした。絵に描いたような幸せいっぱいの家庭で何不自由なく育った子どもたちが、一転、憎まれ疎まれる存在になり、孤独に苛まれ、愛と信頼を裏切られ、絶望の中で、それでも心身共に成長し、次第に大人に近づいていきます。思春期の少女の繊細な揺れる心がよく描かれていて、せつなくなりました。
身を寄せ合うようにして力を合わせ、幼い弟妹を守るクリスとキャシー。この兄妹の関係がどうこうというよりも、子どもたちとそれに対する大人の関係の方がよほど異常です。人間の欲望とはここまで身勝手なものかと思わずにいられません。
ページ数はそれなりにありますが、あっという間に読んでしまいました。最後まで目が離せません。次の巻も楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/12/14
形式: 文庫
兄妹の近親相姦が書かれているため、変な取り上げられかたをしているのを見かけたりもしますが、屋根裏部屋に閉じ込められた子供たちが自然にそうならざるを得なかった経緯がテンポのよいストーリー展開とともに進みむので、読み手も自然に受け入れられると思います。遊び盛りの彼らが抱く外の世界への強い憧れが繊細にリアルに書かれていて、こっそり屋根裏部屋を抜け出し、湖で兄妹が戯れるシーンには強く心を打たれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 れいれい 投稿日 2014/10/31
形式: 文庫
ものすごく大雑把に分けちゃうと、女の子には「女の子らしい子」と「そうでない子」の2種類があるのです。今でいう「女子力」なんですが、その格差がもたらす悲劇を、これでもかーーという筆力で描ききった、女子ゴシックホラーの金字塔です。

街を歩いていると、女子力全開のグループってあります。ぱっちりお化粧、さらさらの髪、ふわふわのスカート、ハイヒール。容姿にめぐまれた子がそうなるのかというとそうでもなく、すごい美人でもまるで武装するように地味な格好・ノーメイクだったりする。どこでその別れ目は来るのか。おそらくは女らしさを堂々と出すことへのひけめ、コンプレックスが係わってくる訳ですが、なぜそのコンプレックスが植えつけられたかは、これはもう、両親、母親等との関係のいびつさに起因する。少なくとも作者はそう考えて(精神分析的にもそうだとは思う)、いびつな家庭環境を書きまくる書きまくる。

 この番外編の「ドールハウスの夢」も絶版です。たまたま古書店で買えましたが、時代を超えて萌え系の話だと思いますから、ずーっと読み継がれて欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック