¥ 918
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小説 千本桜 単行本 – 2013/3/9


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 63


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

小説 千本桜 + 小説 千本桜 弐 + 六兆年と一夜物語 (単行本)
合計価格: ¥ 2,916

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「大正兇変」と呼ばれる大災害を境に生じた歪んだ世界。怪現象や悪事が横行する新帝都・桜京(おうきょう)を護るため「神憑(かみつき)特殊桜小隊」が立ち上がる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

黒うさP
「千本桜」「ACUTE」「紅一葉」「カンタレラ」の4曲でミリオン再生を果したヒットメーカー。音楽創作グループ「WhiteFlame」でも活動中

一斗まる
ゲームの原画やキャラクターデザイン、漫画、CDジャケットなど、幅広く活躍するイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 275ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/3/9)
  • 言語: 日本語, 不明
  • ISBN-10: 4048912194
  • ISBN-13: 978-4048912198
  • 発売日: 2013/3/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 22,768位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

133 人中、107人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 お腹痛い 投稿日 2013/3/9
形式: 単行本
「千本桜」が小説化ということで読んでみました。

話は面白かったです。
ただ、いまいち文章の書き方が分かりづらかったり
さらっとしていたりで読みごたえはあるようなないような・・・
そんな感じでした。

絵も、中の挿絵は微妙です。
迫力がない、など文句のつけようがあるものでした。

「千本桜」だけにいえることではありませんが、この頃
VOCALOIDは楽曲を元にした小説がたくさんありますね。
良くも悪くも、原曲のイメージとはかけ離れているものもあります。

「千本桜」も、原曲とはあまり関係ないような感じがしたので
読者によっては曲のイメージを壊すこともあるのではないでしょうか。

ミュージカル化、漫画化、小説化、色々ありますが
原曲を大切にすることも考えてほしいと思います。

下手に○○化決定!なんて期待させて、この結果かよ、なんてことを
繰り返していると、ボカロの将来も心配です。

話や絵を評価して、★1つが妥当だと思ったのでこの評価です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 海風 投稿日 2013/4/2
形式: 単行本
カンタレラや悪の娘でも感じていたのですが、原曲ありきの二次創作、同人誌のそれと大差ないように感じました。

曲だけでは補完されていない部分が埋められていくのは良いのですが、曲を聴いて感じ取っていたものと違う部分もいくつかあってなんだか残念な気持ちになりました。

「千本桜」のファンなら買って損は無い程度には面白いと思います。
ですが、原曲のファン、ボカロファンは買う前に試し読みをオススメします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
65 人中、51人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 東條之人 投稿日 2013/3/10
形式: 単行本
話自体は面白いが、設定や伏線の分量に対してあまりにも本文が短すぎ、全てを回収しきれていない。
言ってしまえば一話読み切り形式の連載小説の第一回を読んだような印象を受ける。
続刊が出た際にそれを読むためにまず第一巻を…というのならばいいだろうが、これ一作で完結するとすれば悶々とした感情が残ること請け合いである。
続刊は出ることを希望するというより、もはや「出すことが義務」のレベルに達しているとすらいえる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 AO 投稿日 2013/7/23
形式: 単行本
クリプトンのボカロが主体であるこの小説、作者が書きたかったであろうキャラ同士の掛け合いや萌要素(女装・身を呈して守る等)が満載です。

しかしそれ故か、ボカロではないオリジナルのキャラクターの詰めが甘かったように思います。

お蝶夫人(?)のような嫌がらせ同級生キャラはもっと厭味ったらしくて良かったと思うし、個人的に残念だったのは今回の敵。
要素の組み合わせの面白さは強烈なインパクトに繋がったのですが、敵が何故そうするに至ったか・執着した理由が今ひとつ分からず、あっさり改心して何だったのか…と思うところがありました。
ボカロ同士のワイワイは楽しかったものの、他の方も仰ってるように最後の戦闘はページ数が足りません。敵を書くことでこの時代の不安を具現する影憑の恐ろしさ、物悲しさを表せるのではないでしょうか。
他のサブキャラは名前があっても、敵は最後まで名前が出ませんでした。途中までずっとインパクトのある見た目の呼び名だったので、笑っていいのか迷いました。
最初と最後で敵が未来たちの扱いを変えたことも疑問に残ります(必要ではなかったのか…?)

あとカフェの店長が流歌に対する仕打ちがちょっとヒドイ…(住まわせてる場所とか)自分から謝りに行かず、未来たちを使わすのもつっかかります。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いるっち 投稿日 2014/9/3
形式: 単行本
千本桜は曲から年代等はみてとれますが、
物語はよくわからなかったし表紙がかわいかったので気になって購入しました。

すごく簡単に言いますが、
内容が真面目すぎる気がします。

曲から物語が分からなかったので余計にそう感じたのかもしれませんが、
”微妙”の一言に尽きます。

でも、今まで購入したボカロ小説の中で一番微妙・・・って感じでした。
これは購入しなくてもよかったかなーと。
読み終えて満足感は全くなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック