Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
小説司馬懿仲達―諸葛亮孔明が最も恐れた男
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

小説司馬懿仲達―諸葛亮孔明が最も恐れた男 [単行本]

黒田 紀宏
5つ星のうち 2.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

魏に仲達がいなければ、蜀の孔明は長安を陥落させていただろう。魏に仲達がいなければ、確実に歴史は変わっていた-。天才孔明の叡智に忍の一字で立ち向かった司馬懿仲達にスポットライトを当てた歴史小説。

登録情報

  • 単行本: 146ページ
  • 出版社: 碧天舎 (2004/01)
  • ISBN-10: 4883464806
  • ISBN-13: 978-4883464807
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 723,757位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

星5つ
0
星4つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 司馬懿の晩年 2004/11/22
投稿者 天原ユキ
形式:単行本
三国志で諸葛亮と共に有名な魏の軍師、司馬懿の晩年を書いた小説です。
曹操の孫にあたる明帝・曹叡の在位中、蜀側の流した謀反の噂がきっかけで官位を剥奪され、故郷に帰った辺りから、仲達の死までが書かれています。
小説といっても晩年の流れを追っているだけで、単なる伝記に近いです。(恐らく演義と正史の両方を踏まえているのではないかと)
ページ数からも分かるように、大まかな出来事以外はそれ程詳しくないので、司馬懿と言う人物を知るのには足りないでしょう。
ですが謀の目的や、仲達の取った措置などが箇条書きにしてあったりするので、内容の整理には良いと思われます。
ただあくまで晩年ですので、司馬懿仲達の生い立ち、壮年の彼などを知りたい方にはお勧め出来ません。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 ちょっと,,, 2006/4/3
投稿者 優希
形式:単行本
私は仲達が好きでこの本を読んでみましたが、ちょっとがっかりでした。仲達のファンにはあまりうけないと思います,,,。

この本は小説と言うよりも伝記でした。

おそらく三国志関係の本を読んでいる方が読むと知ってて当然!!と、思ってしまうでしょう・・・。

内容がおおまかな感じでしか書かれていないのでショック・・・。

ですが、仲達の晩年を描いた小説はこれしかない((と、思います))ので読んで損はないと思います。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック