中古品:
¥ 43,000
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 AWRD
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 完品■箱に傷、汚れがある場合がありますのでご了承ください。FBA倉庫で在庫保管のため品切れはありません。ご注文確認後、FBA倉庫より迅速・丁寧に梱包し発送いたします。返品は1週間以内であれば、返品を承ります。

富士通 ScanSnap SV600 FI-SV600

5つ星のうち 4 65件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 71,760より 中古品の出品:4¥ 43,000より
  • 読取方式:オーバーヘッド読取方式、片面読み取り
  • 読取モード:カラー/グレー/白黒/自動(カラー、グレー、白黒の自動判別)
  • 読取速度(A3縦 / スーパーファイン):カラー/グレー300dpi、白黒600dpi相当: 3秒/枚
  • Windows / Mac対応
  • 商品お届け期間:2週間程度
個装箱で発送:
Amazon.co.jpが発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


この商品には新しいモデルがあります:


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ブランド富士通
商品重量3 Kg
梱包サイズ21 x 15.6 x 38.3 cm
メーカー型番SV-600
商品の寸法 幅 × 高さ15.6 x 38.3 cm
電圧100 V
OSnot_machine_specific
  
登録情報
ASINB00DBLQ82E
おすすめ度 5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 15,831位 (ベストセラーを見る)
発送重量4.9 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/6/11
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

【ScanSnap SV600の特長】 1. 新技術VIテクノロジー(Versatile Imaging Technology)で、様々な媒体を簡単に電子化 (1) 新聞、書籍など原稿の大きさを問わずスキャン可能 (最大サイズはA3まで 厚さ30mmまで) (2) 大切な書籍や書類も手軽にスキャン可能 2. 自分だけの電子書籍が簡単作成・閲覧できるオールインワン・モデル (1) 見開きにした本の湾曲を自動補正する「ブック補正」 (2) ページの連続スキャンを効率化する「ページめくり検出」 (3)イメージデ

Amazonより



■原稿全体を均一に読み取る「VIテクノロジー」搭載
   高被写界深度レンズ、ラインCCD型センサー、高指向性LED光源を組み合わせた「VIテクノロジー」を搭載。
   離れた位置から原稿を読み取っても画質のムラを最小限に抑え、均一で読みやすいイメージデータを生成します。

■さまざまな原稿を簡単に電子化
   新聞・雑誌や書籍などを裁断せずに、そのまま読み取りできます。


裁断できない大きな原稿 (注1)
   新聞や雑誌の見開きなどの大きな原稿でも、裁断することなく読み取れます。

   (注1) 最大サイズはA3横まで。 原稿の厚さが5mmを超える場合、読取範囲は最大400mm×300mmとなります。

厚みのある本など(注2)
   製本された書籍や雑誌 (注3)、付箋紙などが重ね付けされた原稿もそのまま読み取れます。

   (注2) 読み取れる原稿の厚さは30mmまでとなります。


   (注3) 独自の「ブック補正機能」により、読み取った画像の歪みを補正できます。

■これ一台で自分だけの電子書籍が完成
   読み取りから閲覧まで、必要な機能が揃ったオールインワンモデルです。

STEP1:読み取り
 「ワンプッシュ」で読み取り。複数ページの継続読み取りができる機能を搭載しています。

   【ページめくり検出機能】
   ページをめくったことを自動で検知します。

   【タイマースキャン機能】
 「Scan」ボタンを押してから読み取りが開始されるまでの時間、(継続読み取り時の)次の読み取りが開始されるまでの時間を設定できます。

STEP2:画像補正
   ブック補正機能/ポイントレタッチ機能
   本や雑誌を開いたとき発生する中央部の歪みを自動的に補正する「ブック補正機能」を搭載。
   読み取り後の画面で、補正結果を確認・修正できます。

画像を拡大して見る


STEP3:電子ファイル化
 「楽²ライブラリ Smart with Magic Desktop」では、新機能「楽²(らくらく)ブッククリエーター」で本の表紙・背表紙のイメージを忠実に再現し、キャビネットで実物の書籍と同じように管理・閲覧できます。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
厚手用紙の本では、歪補正で効果がありますが、厚みの薄い雑誌や新聞の場合、歪補正すると、波打つイメージになり、使えません。
この対策として、ハード電子から「ScanSnap ブックプレッサー (SV600専用) BP600 」が追加発売されましたが、価格は15750円と高く、3mmのアクリル板を押さえて平らになるか疑問と思えました。この購入リスクがあまりにも高いため、まず、ホームセンターで5mm強化ガラスの棚板を680円で購入し、試してみることにしました。スキャナー対象の部分をこのガラスで押さえ、「平らな原稿を・・」で保存すると歪がすくないイメージが得られました。理想的には、反射率が低く透過度が高いガラスが妥当な価格で入手できれば良いですが、反射率が低いガラスは高額です。
そこで、ガラスのオーダー加工の株式会社コーワからA4サイズとA3サイズの透過度の高い5mm厚のガラス2枚を購入し、スキャナーを使い始めました。2枚合計の価格はハード電子の製品の半額以下で、自分が使う用途には十分満足しています。下に敷く黒いマットの使い方や平らでないページを立てるなどノウハウが必要な場合がありますが、歪補正を利用するより手間が少なくて済みます。
ハード電子の製品を実際に試す機会があれば、この評価は変わるかもしれませんが、ハード電子の製品購入はSV600以上に躊躇します。
1 コメント 283人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
わたしは自炊派で、ほとんどの本・雑誌を解体してしまう。どうしても解体したくない本もあるのでScanSnap SV600は相当楽しみにしていた。結論としては自炊生活に足りなかったものを補うものとしてかなり満足です。
(わたしなりの解釈では)スキャン画像の補正のソフトウェアは概ね、以下の3つのステップ。

(1) 切り抜き(ページの境界を検出)
(2) ブック補正(本の歪みをまっすぐにする)
(3) レタッチ(映り込んだ指を白く塗りつぶす)

(1)の機能は概ね満足。あとから手作業で切り抜き範囲を修正できる。見開きも1ページごとに切り分けることもできる。ソフトカバーの本や薄い雑誌はほぼ完璧だが、ハードカバーの本ははみ出た表紙の分まで切り抜き対象として検出してしまうことがあるので、それを直すための手作業が増える。(素人なので間違っているかもしれないが)輝度の変化やピークを検出する境界認識のソフトウェアのさらなる改善に期待。(もちろん、はみ出たカバー部分は黒い紙で隠すなど、ユーザーがひと手間かければいいのですが。)

(2)の機能には満足。(元の画像と比べたら)感動的でさえある。(1)さえうまくいっていればかなりまっすぐに補正された画像が出力される。カーブに沿ってメッシュをあてて一気に直角の格子状のマ
...続きを読む ›
1 コメント 193人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
技術書をスキャンしたくて購入しました。大判で重い技術書は電子化して通勤中に気軽に読みたいが、分厚くて高価。
非破壊型スキャンはそうした本の為にでてきたと思って買ってしまいました。が。
スキャンしたかったのはプログラムのサンプルコードや図表が多い本が殆ど。これが本機との相性最悪でした。

とにかく、本の枠の画像認識がダメ、殆ど自動補正されない。枠認識の為の色の閾値指定くらいあると思ってました。
指の修正がとても面倒。指の辺りをクリック→制御ポイントが6点でてくる→それぞれのポイントを移動させて指をうまく囲む
→修正すると指を消すために画像全体の色味やコントラストまでどぎつくなってしまう。
上記の為、普通にやるとフラットヘッドスキャナで行うのと比べて、それほど作業時間を短縮できない。
また、本の枠を設定して補正をかけても 残念ながら、かなり歪みます。
読めないほどではありません(OCRでも殆どテキストとして認識されます)が、
私が目的としていた、サンプルコードや図表となると、行が歪んでしまって とても読みづらいものになってしまいました。

多くの方のレビューや使用ブログを参考に低反射ガラスやアクリル板で押さえてスキャン面をなるべくフラットにしたり、
開いた左
...続きを読む ›
1 コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
A3 サイズまで scan できるのが最大のメリット。新聞記事の整理に極めて重宝している。
1枚1枚 scan する場合にはプリンター兼用の flat bed タイプより操作が簡単。 Scan Snap
iX 500 と併用すると最高。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー