¥ 15,876 + 関東への配送料無料
在庫あり。 販売元: NANOS-S

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 11,572
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 16,800
通常配送無料 詳細
発売元: Rail Link Store
カートに入れる
¥ 17,061
+ 関東への配送料無料
発売元: オフィス・モア (in 神戸)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

富士通コンポーネント Libertouch Black USBキーボード 日本語108キー 入力荷重調整可能 ブラック FKB8540-052/B

5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 18,308
価格: ¥ 15,876
OFF: ¥ 2,432 (13%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、NANOS-S が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:6¥ 11,572より
  • バス:USB
  • 接続方式:有線


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 【在庫わずか】■弊社営業日午前9時まで受注分で受注順に在庫引き当てし、在庫引き当てになった場合、弊社1~2営業日中に発送■配送手配完了後、返品、交換不可(納期、商品仕様確認の上ご注文ください)■初期不良の場合メーカーにてご確認の上ご連絡下さい■在庫切れの際はメールにて予定納期をご連絡いたします。その際、入荷をお待ちいただけない場合はご返金します■製造終了、弊社都合等により販売不可の場合は返金します(返金以外弊社免責)■新品・未開封・税込価格■別途送料必要な場合があります■営業日=平日の月曜日~金曜日(祝日、お盆、お正月等の特別休暇中を除く)



キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • 打鍵の心地よさを追及したキーボード
  • メーカー型番 : FKB8540-052/B
  • スイッチ方式 : メンブレン
  • キーストローク : 3.8mm
  • インターフェイス : USB
詳しい仕様を見る

よく一緒に購入されている商品

  • 富士通コンポーネント Libertouch Black USBキーボード 日本語108キー 入力荷重調整可能 ブラック FKB8540-052/B
  • +
  • サンワサプライ エルゴノミクスリストレスト TOK-ERG2BK
総額: ¥17,230
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
ブランド富士通
商品重量1.9 Kg
梱包サイズ50.6 x 20.8 x 5.8 cm
メーカー型番FKB8540-052/B
  
登録情報
ASINB0010ZF2RK
おすすめ度 5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 8,277位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.9 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/4/30
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

ラバーとコイルバネによりキートップを保持することにより、軽いタッチで柔らかな打鍵音と静音を実現したキーボードです。
キー入力荷重を自分好みに交換可能で柔らかな打鍵音と静音性を実現 しました。
購入時は入力荷重を約0.44N(約45g)に設定していますが2種類(約0.34N(約35g)、約0.54N(約55g))の荷重の異なる交換ラバーを各15個とキートップ引き抜き工具1個を添付して、どのキーでも簡単に入力荷重を変更できるようにしています。これにより本キーボードをさらに自分だけのキー感触にカスタマイズできます。キーの配置構造は定評のあるステップスカルプチャー構造を採用しています。

Amazonより

操作性の高いキー感触を実現した
ソフトで自然なキーストロークでストレスがないキーボード:リベルタッチ (Libertouch)



リベルタッチ(Libertouch)FKB8540シリーズは、これまでにない、自由(Liberta)にキー入力荷重を調整できるカスタマイズ性とキーと指との一体感を極限まで追求し、なめらかなストローク、軽快なタッチ(Touch)によりタイピングに限りない心地よさを実現。


特徴

  • 柔らかな打鍵音と静音を実現
  • リベルタッチ(Libertouch)FKB8540シリーズは、ラバーとコイルバネによりキートップを保持することにより、軽いタッチで柔らかな打鍵音と静音(※)を実現したキーボードです。
    ※打鍵音はメーカー従来キーボードに比較して約40%低減しています。

  • ハブポートを実装
  • ハブポート(USB1.1バスパワー)を1ポート実装しており利便性にも優れています。

  • 軽いタッチと確実な入力を実現
  • リベルタッチ(Libertouch)FKB8540シリーズキーボードのキー操作は、キーストロークの荷重変化がピークを過ぎて滑らかに減少し、ボトム荷重となる前に入力が完了する構造となっています。
    ピーク荷重、荷重の減少率、入力される位置の3項目を最適にすることで、軽いタッチと確実な入力を実現しました。
    またキーストロークはガイド部を長めにとることで、安定した長いストロークを実現しています。

    【補足】
    現在主流のメンブレン式キーボードはラバーのみでキートップを支えており、ストロークとしては、ピーク荷重を過ぎて急激に荷重が減少し、ボトム荷重を過ぎた後に入力が完了する構造となっています。
    このため確実なキー入力のためにはキーを押し込む必要があります。(図参照)



  • 自分だけのキー感触にカスタマイズ
  • 購入時は入力荷重を約0.44N(約45g)に設定していますが2種類(約0.34N(約35g)、約0.54N(約55g))の荷重の異なる交換ラバーを各15個とキートップ引き抜き工具1個を添付して、どのキーでも簡単に入力荷重を変更できるようにしています。
    これにより本キーボードをさらに自分だけのキー感触にカスタマイズできます。
    キーの配置構造は定評のあるステップスカルプチャー構造を採用しています。


    カスタマー Q&A

    カスタマーレビュー

    5つ星のうち 4.7
    あなたのご意見やご感想を教えてください

    トップカスタマーレビュー

    タイピング歴20年以上のヘビーユーザーです。タイピングの練習サイトではいつもトップ10に入るほどの変態です。

    デスクワークに移ってから肩凝りがあまりにもひどいため、少しでもマシになればと購入。

    今まで使っていたのは会社支給の安物キーボード。動きが渋いのもあり変な力が入っていたせいか肩凝りと頭痛に悩まされてました。

    Microsoft Ergonomics Keyboardを最初購入しましたが、キーが沈み込んで戻ってこないというありえない不具合が発生したため返品。色々な場所の評判を調べて、散々迷った挙句このキーボードにいきつきました。

    仕事を始めてまず驚いたのは、キーがスコッスコッと気持ちよく入っていく点。耳障りな音もせず、使っててストレスをほとんど感じません。
    非常にキーが軽いため、指に手の重みを少し乗せるとキーが沈むぐらいスムーズ。
    究極的に速度を求めると、もっと反発力が欲しくなりそうですが、長時間の使用が中心の私にはこの重さが丁度いい感じでした。

    キーの位置によって角度が微妙に違うのもいい感じです。

    今まで矢印キー「↓」やテンキーの「0」で指が滑って打ち損ねてイラッとする場面もよくありましたが、この微妙な角度のおかげでしっかりと
    ...続きを読む ›
    1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    Amazonで購入
    まずは私の愛機たちの紹介
    孤高のキーボード、東プレRealforce108US(SJ38D0)
    オウルテックのCherry青軸(OWL‐KB109LBMN)
    UACのメンブレンKU‐8933
    上海問屋のメカニカルDN‐YKB‐F2139L
    である。
    この4機との比較とお考えいただきたい。

    「素晴らしい」
    メンブレンながら素晴らしいと言っているわけではない。
    他のメンブレン、ノートのパンタグラフ、メカニカル、静電容量無接点式といった、他のすべてのキーボードと比較して「素晴らしい」のである。
    程よいクリック感、静音性、作りの良さ。不満を感じるところがない。

    私は本来、打鍵音がする方が好みである(メカニカルの青軸が好き)。その意味では「静音過ぎる」わけであるが、これを自分自身のわがままと感じ、自分の好みをも呑み込んでしまう。それほどまでに「素晴らしい」と感じさせてくれる。

    私は今度、東プレのキー荷重45gを購入する予定である。このリベルタッチと同じ45g。今から頂上決戦が楽しみで仕方がない。

    ちなみに、私はキーごとに荷重が変化することを望まないので、付属するラバーを使用していない。私以外の多くの人も使用する必要が
    ...続きを読む ›
    コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    発売当初にRev:01Aを買って5年が経ちます。
    Realforceや赤軸とも違う独特な感触を持つキーボードです。
    問題点をしいて挙げるならば他の人も指摘されている様にキートップの印字が剥げ易い、
    後は、ラバーがカスタマイズ出来るならキートップも色をカスタマイズしたいと思う所
    (それを理由に黒白1個ずつ買いました。)でしょうか?
    最近はRealforceより安くなっているので、選択肢の1つに挙げても良いのではと考えています。
    コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    Amazonで購入
    steelseriese 7Gが1年でチャタったため、急遽買い換えました。
    店頭で、東プレのSJ08B0と迷いましたが、こちらの方が
    打ち心地が好みだったため、決めました。
    メンブレンは使い心地が悪いと勝手に思い込んでいたので、
    この使い心地に驚きです。
    ミスタイプも断然減りました。
    耐久性は不明ですが、現時点では断然おすすめです。
    コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    カタカタとした、特徴的な感触があります。
    値段的に近いRealforceあたりを比べると、かなりとがった製品だと思います。制作者の意図がどうあれ、実際は、好き嫌いが猛烈に分かれそうな感触となっています。
    その点、万人受けしそうなRealforceとは一線を画しています。

    なお、長時間使っていても疲れないのは確かです。
    また、どのキーも、どこを押しても決して傾いたりしません。キーボードとしての性能は、きちんと値段なりのものがあります。

    問題は、コストのすべてがキーボードの性能に使われているのだろうと思わせる、その他の要素です。
    例えば、キーの印刷はそこらの安いキーボードと変わらず、ちょっと使っているとすぐはげてきます。
    また、USBのポートがついていますが、1.1にしか対応していないので、マウスくらいしか使い道がないと思います。
    また、デザインも凡庸です。
    Realforceのように、飾り気がないのがよい、ということもなく、中途半端なデザインが逆に凡庸さを際立たせています。
    ただし、キーボードは性能がすべてであり、その他はどうでもよい、という人にはぜひお勧めしたいです。
    実際問題として、毎日触れるものなのだから、性能以外はたいした問題ではないのではないでしょうか。
    コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告

    最近のカスタマーレビュー