この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

家庭用プラネタリウム 「ホームスター EXTRA(HOMESTAR EXTRA)」

5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 257,938より 中古品の出品:5¥ 74,800より
  • 投影画像の明るさ、リアルさ、美しさを飛躍的に向上させ、ご家庭の寝室からリビングへ、ホームユースから一部業務用まで星空の楽しみ方を広げる、本物志向の方のためのシリーズ最高級モデル。
  • 世界初!約12万個の星空…家庭用では世界初 約12万個の星空(モノクロ原板)を実現
  • よりリアルな流星機能を搭載。ランダムな場所・タイミングでの流星の再現が可能に。更に専用リモコンで「あなたの誕生日の星空」を再現!
  • 付属品:本体、専用リモコン、取扱説明書、解説ハンドブック、専用AC
  • 付属品:恒星原板ソフト3枚「日本の星空(モノクロ)」「日本の星空(モノクロ)ライン入り」「カラーCG版星空(アストロアーツ)」

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!


製品概要・仕様

  • 本体サイズ:約W240×H282×D246mm
  • 対象年齢:15歳から
  • 電池:
  • (C)SEGATOYS 2008

商品の情報

詳細情報
発売日:2008/12/25
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ
対象性別男女共用
  
登録情報
ASINB001DTVICQ
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 23,591位 (ベストセラーを見る)
発送重量4.7 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2008/8/20
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

ホームスターを超えたホームスター。ホームスターシリーズのフラッグシップモデル誕生。ホームスターは「独り占めの星空」から「みんなで楽しむ星空」へ。「自宅の天井に満天の星空を再現する」という従来のコンセプトや基本投影機能はそのままに、光源に14W白色LEDを採用、7枚の投影レンズユニットと、サイズを拡大した恒星原板を専用に新設計することで、飛躍的な光量と画質の性能UPを実現。リモコンが付属し、離れた場所からの操作も可能。投影する星空の日時の指定も可能になり、教育用途にも対応。さまざまな場所・タイミング・長さで星が流れる流星機能の他、星空の回転スピードや、光量の調整も可能となり、癒しやホームパーティー、ホームシアターの演出等、幅広い用途に対応。【セット内容】レンズキャップ、恒星原板ソフト3枚、専用リモコン、取扱説明書、解説書1部

Amazonより

   家庭用プラネタリウムの定番「ホームスター」シリーズに最高級モデルが登場。光源に14W白色LEDを採用し従来比約5倍の明るさを実現、間接照明等の微光な照明をつけての使用でも十分に美しい星空を楽しむことができる。

HOMESTARに最高級機種「HOMESTAR EXTRA」登場

家庭用プラネタリウムの定番「ホームスター」シリーズに最高級モデルが登場。投影画像の明るさ、リアルさ、美しさを飛躍的に向上させた本物志向のためのハイクオリティモデル。


「独り占めの星空」から「みんなで楽しむ星空」へ
従来のホームスターのラインナップは、機能を最大限に発揮するためには部屋を真っ暗にする必要があったが、EXTRAでは光源に14W白色LEDを採用し従来比約5倍の明るさを実現。壮大な星空を再現できるだけでなく、間接照明等の微光な照明をつけての使用でも十分に美しい星空を楽しむことができる。


レンズ・原板を新設計。更にリアルで美しい星空を再現
1等星の投影サイズ(直径)を従来比50%以下にするなど、恒星像を大幅に縮小。また、周辺までシャープな画像を投影させるために、投影レンズを7枚に増やし、カラー原板の色の再現性も大幅に向上。このため、さらに繊細でリアルな星空の再現が可能に。


家庭用では世界初 約12万個のモノクロ星空を実現
8等星までの恒星(約45,000個)と天の川を構成する微細な星々(約75,000個)の約12万個もの星が投影。


その他の特徴
●ランダム流星機能搭載
従来は一箇所だった流星の再現場所が複数箇所に。
好評の流星機能が更に進化。

●専用リモコン付属で離れた場所からのさまざまな操作が可能に!
日時指定/日周運動スピード調整3段階(一周3.15.30分)/光量調整16段階/タイマー機能(15.30.60分)
●投影角度・ピント調整機能搭載(マニュアル調整)
●アストロアーツ社制作の「星座解説ハンドブック」(カラー16ページ)付属



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

7畳の部屋で使ってますが、天井いっぱいに映りました。
部屋の隅っこから投影すると奥の方は若干ピンぼけしますが、許容範囲です。

ところで最初使ってみたときはがっかりしました。
かなりの高額商品を買ったこともあり、期待しすぎていたのかも。

一般家庭の天井の高さだと、やっぱり星空を見ているような臨場感はないです。
しかも暗闇に目が慣れると部屋の様子がはっきり見えちゃうので、余計に懐中電灯で天井を照らしてるようなちゃっちい感じが。

ただ、何日か使用して感覚が慣れてくると、けっこう本物くさく感じられるようになるから不思議です(^^;;なんだか天井も高く思えてきます。
値が張るだけあって映像自体は綺麗ですし、流星が動きのある星空を演出してくれているので。
部屋の中央のある一点だけをじっと見つめ続けるのがコツかも。
(そこまでして要らねえwwと思った方は買わない方がきっと幸せ)

今のところ就寝時に使ってますが、眼鏡かけてないと何が何だかわかりません( ゚д゚)
買う前に気付かない自分が馬鹿すぎるww
かけると寝心地が悪いわ、横になって寝るとろくに見えんわで、
しかも何回かそのまま寝入ってしまい、眼鏡が破損の危険に。
...続きを読む ›
1 コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
発売されたのは2008年の12月。あれから5年以上経過していますが、これを超える家庭用のプラネタリウムはありません。
アースシアターを主に使用していますが(新発売の原板が対応しているため)、原板での投影においてはEXTRAには及びませんね。

このEXTRAは12万個の星空を楽しむ事ができるのと、流星がランダムで発生するのも魅力です。
8等星までの恒星が約45,000個、天の川を構成する微細な星々が約75,000個で合計約12万個。
星の明るさも16段階で調節ができるようになっていて、多少明るい部屋だとしても問題なく投影できます。

あと、静音性が格段にアップしています。ほとんど無音です、睡眠時に使う事が多いのでこれは嬉しいですね。

星の投影に関してはEXTRAが最も優れている事は間違いないと思います。
家庭用ではありますが、飲食店等で業務用としても使う事もできるかと。

アースシアターは動画を再生できるのが魅力の一つなのですが…追加販売された動画コンテンツがあまりにも最悪で、
最近新発売されている原板達も何故だかクオリティが下がる一方なのです。

星空を純粋に楽しみたいのであれば、やはりEXTRAが一番だなと…他のモデルを散々試し
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
購入時期がちょうどPROの値段の下がったバージョン家庭用プラネタリウム 「ホームスター プロ(HOMESTAR PRO) 2nd edition」ブラックが出た頃だったのでそちらと迷いましたが、流星の流れる位置がランダムな点や、レンズ枚数の多さにより星の表現・数・明るさがより良くなっているらしい点からこちらを選びました。
…確かに少々高かったですが、最後は“大は小を兼ねる”というところでこちらに落ち着いたという感じです。

皆さん気にされるでしょう使う場所の条件ですが、まずある程度広い天井や壁(投影角度を90度まで変えられるので)のあるところが良いです。
私の使用している部屋の
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾン太郎ノ助 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/12/28
Amazonで購入
 無印版からの買い替えですが、大平氏が当初から作りたかったもがこれのなのだろう、と感じさせるメッセージがここそこに。
 非常に明るくなった光源を敢えて最弱に調整すると、丁度無印版と同じ程度の明るさととなって、高山や海外で観るような「満天の星空」の雰囲気が再現されます。
しかも高精度化された原版と光学系によって無印版から数段レベルアップした星像に、思わず(室内なのに)懐中電灯を使って三脚をカメラを用意し、(室内を)撮影してしまいました。
 周辺まで非常に鋭くピントが合い、且つピントの合う範囲が非常に広いので、天井と壁へ同時に投影することができます。 壁二面と天井をフルに使うと「星野」を呼ぶに相応しい投影像と視界が得られ、思わず魚眼レンズで撮影してしまいました。 間違いなく「プラネタリウム」です。
 また、無印版の印象を悪くしていた流星投影機も劇的に改善され、雰囲気は段違いです。
 このレベルの製品がこの価格で売られることは、奇跡的な出来事なのではと思わされました。
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー